『ワンナイト人狼』に合うスリーブを徹底解説!実は専用スリーブもあった!!

『ワンナイト人狼』に合うスリーブを徹底解説!実は専用スリーブもあった!!ボードゲームのスリーブ

「ワンナイト人狼」は人狼をより遊びやすく改良したゲームで、「司会者不要」「ゲーム中の脱落者なし」「少ない人数でも遊べる」というのが特徴です。

ただ、ワンナイト人狼は「正体隠匿ゲーム」なので、カードに傷がついてしまうと、それが目印となって正体がバレてしまうことがあります。そうなってしまうと、ゲームが成り立たなくなってしまい、最悪遊べなくなってしまうことも…

そのため、ワンナイト人狼のカードには「カードスリーブ」をつけて保護するのがおすすめです。

ワンナイト人狼のカードサイズはかなり特殊なので、「どれがいいのかわからない…」という人も多いと思います。そのため、今回の記事では「ワンナイト人狼にぴったりのカードスリーブ」を紹介します。

▽ワンナイト人狼

▽ワンナイト人狼 monster

▽ワンナイト人狼 超人

▽ワンナイト人狼 狂気

ワンナイト人狼 狂気 ver
Akihisa Okui

ワンナイト人狼の「カードサイズ」

ワンナイト人狼のカードサイズはこちらです。

ワンナイト人狼のカードサイズ

ワンナイト人狼に入っているカードのサイズは「44mm×63mm」です。

ワンナイト人狼には「通常版」や「超人ver」「モンスターver」などありますが、どれもサイズは一緒です。ボードゲームに入っている一般的なカードサイズと比べると、かなり小さいサイズになります。

ワンナイト人狼に合う「スリーブ」

ワンナイト人狼のカードにおすすめのスリーブが「ホビーベースのミニユーロサイズ・ハード」です。

カードスリーブ「ホビーベースのミニユーロサイズ・ハード(47mm×71mm)」

このスリーブのサイズは「47mm×71mm」です。

ワンナイト人狼のカードサイズが「44mm×63mm」なので、数字だけ見るとちょっと大きい気もしますが、ワンナイト人狼のカードは約2mmほどの厚みがあります。

カードに厚さがあることで、このスリーブに入れると横幅がぴったりになるので中で動くことはありません。

実際に、このスリーブに入れた写真がこちらです。

ワンナイト人狼のカードをスリーブに入れた写真

写真の通り、横幅がぴったりなのでカードがずれたり、抜けたりすることはありません。

縦が余ってしまいますが、シャッフルしたり、プレイヤー間で何度も受け渡しするゲームではないので、私は気になりません。ただ、どうしても気になるという方は切ってしまってもいいと思います。(カード枚数が少ないのですぐにできます)

【注意】45mm×69mmのスリーブはダメ

「45mm×69mm」のスリーブを推奨しているサイトもありますが、これは使わないようにした方がいいです。

数字上はぴったりサイズですが、ワンナイト人狼のカードには厚みがあります。無理やり入れることはできますが、そこから抜けなくなってしまいます。

ワンナイト人狼スリーブ:【注意】45mm×69mmはダメ

無理やりいれてしまい横幅がぎちぎちでカードが動かなくなります…。(最後はスリーブをハサミで切って救出しました…)

これから購入を検討している方は注意してください。

実はワンナイト人狼には「専用スリーブ」があった!!

実はワンナイト人狼には専用スリーブがあることをご存知でしょうか。

それがこちら。

ワンナイト人狼専用スリーブ

これはワンナイト人狼のために作られた「専用のスリーブ」です。ちなみに、入数は「20枚入り」です。裏面にはお馴染みの「三日月」のマークがデザインされています。

実際に、この専用スリーブにいれた写真がこちらです。

専用スリーブなだけあって、ワンナイト人狼のカードを入れると「縦・横ともに完璧なジャストサイズ」になっています。

スリーブの強度もしっかりしているので、簡単に破れたり折れたりする心配もなさそうです。ワンナイト人狼好きの人なら手に入れておきたいスリーブですね。

最後に:ワンナイト人狼にスリーブを付けよう

以上が、「ワンナイト人狼に対応しているカードスリーブの徹底解説」でした。

ワンナイト人狼のような正体隠匿系ゲームでは、カードに傷や汚れなどの目印がついてしまうと、それが原因で正体がバレてしまうことがあります。そうなってしまうと、ゲーム本来の面白さが失われてしまいます…。

そのため、ワンナイト人狼を遊ぶ前に、スリーブを付けて傷や汚れからカードを保護するようにしましょう。

▽ワンナイト人狼

▽ワンナイト人狼 monster

▽ワンナイト人狼 超人

▽ワンナイト人狼 狂気

ワンナイト人狼 狂気 ver
Akihisa Okui