【スリーブ紹介】ポーカーサイズ(88mm×63mm)対応のスリーブ10選

【スリーブ紹介】ポーカーサイズ(88mm×63mm)対応のスリーブ10選カードスリーブの種類

この記事では、ポーカーサイズと呼ばれる『88mm×63mm』のカードに対応したスリーブ10種類を紹介します。

サイズ感が分かりやすいように、実際に88mm×63mmのカードをスリーブにいれた写真を載せています。また、各スリーブの「強度・透明度・ぴったり感」を3段階評価しているので、ぜひ参考に見て頂けると嬉しいです。

※すぐにおすすめスリーブを知りたい方は、目次の【まとめ】から飛んでください。

スポンサーリンク

ポーカーサイズの大きさ

ポーカーサイズの大きさは「縦88mm×横63mm」です。

ポーカーサイズの大きさ

このカードサイズは、トレーディングカードゲーム(TCG)にもよく採用されていて、TCGでは「レギュラーサイズ」と呼ばれています。

ポーカーサイズ(88×63mm)用の『ハードスリーブ』

まずは、ポーカーサイズ(88×63mm)用のスリーブの中でも、強度のある『ハードスリーブ』を紹介します。

①ホビーベース TCGサイズ・ハード

ホビーベース TCGサイズ・ハード

タイプハード
サイズ91.5×66mm
厚み0.1mm
枚数50枚
強度
透明度
ぴったり感

ホビーベース TCG・ハードは、ボードゲーム用のスリーブとして使う人が多い定番スリーブです。

スリーブサイズは「91.5×66mm」なので、下の写真のようにポーカーサイズ(88×63mm)に対応しています。

ポーカーサイズカード|ホビーベース TCGサイズスリーブ・ハード

カードに対してスリーブが3mmほど大きいので空間に余裕があり、カードの出し入れがしやすいです。また、88×63mmよりも微妙に大きいサイズ(89×63mm~89×64mm)にも対応しているので、残ったスリーブを他に流用しやすいのも良いところです。

また、スリーブに厚みがあって、手に取っただけでしっかりとした強度があることが分かります。その他にも、ハードタイプの中では透明度が高め・スリーブのバラつきが少ないところも気に入っていて、僕は何度もこのスリーブをリピートしています。

②エポック カードスリーブ レギュラーサイズ・ハード

エポック レギュラーサイズスリーブ・ハード

タイプハード
サイズ92×66mm
厚み不明
枚数80枚
強度
透明度
ぴったり感

エポック カードスリーブレギュラーサイズ・ハードは、スリーブサイズが「92×66mm」なので、先ほどのホビーベースよりも0.5mmだけ大きいです。

実際に、このスリーブにポーカーサイズ(88×63mm)のカードを入れた写真がこちら。

88mm×63mmカード|エポック レギュラーサイズスリーブ・ハード

最初に紹介した「ホビーベース TCG・ハード」よりも0.5mmほど大きいと言いましたが、ほとんど分からないレベルです。もちろんカードが飛び出したりすることはありません。

スリーブ強度については、触った感じでは僅かな差ですがホビーベースよりもコシがあるように感じました。今回紹介しているハードスリーブ3種類の中では一番硬いと思います。

ホビーベースとの大きな違いは入り数(エポック80枚・ホビーベース50枚)です。僕は、必要なスリーブ枚数が50枚を超える時はこちらのスリーブを選んでいます。

③KMC カードバリアー パーフェクトハード

KMC カードバリアー パーフェクトハード

タイプハード
サイズ89×64mm
厚み0.1mm
枚数50枚
強度
透明度
ぴったり感

KMCカードバリアー パーフェクトハードは、ポーカーサイズにジャストサイズのハードスリーブです。

スリーブサイズは「89×64mm」なので、下の写真のようにポーカーサイズ(88×63mm)にぴったりです!

ポーカーサイズカード|KMC カードバリアー パーフェクトハード

ハードタイプスリーブの中でも最もジャストなサイズ感で、ほとんど隙間がありません。ぴったりサイズを優先するならこのスリーブが一番です。

ただ、88×63mmよりも微妙に大きいカードサイズ(89×63mm・89×64mmなど)だと上部がはみ出したり、入らないことがあります。そのため、このスリーブは「88×63mm専用」で、先ほど挙げた2つのスリーブと比べると汎用性は低めです。

ポーカーサイズ(88×63mm)用の『ソフトスリーブ』

次に、ポーカーサイズ(88×63mm)用の『ソフトスリーブ』を紹介します。

ソフトタイプは厚みが薄くてペラペラで、スリーブとしての強度はありません。詳しくは、『ハードタイプとソフトタイプの違い(メリット・デメリット)』で解説しています。

④ホビーベース 両表面エンボスマットスリーブ TCGサイズ・ソフト

ホビーベース 両表面エンボスマットスリーブ TCGサイズ・ソフト

タイプソフト
サイズ89.5×64.5mm
厚み0.05mm
枚数101枚
強度
透明度
ぴったり感

ホビーベース 両表面エンボスマットスリーブ TCGサイズ・ソフトは、より快適に遊べるように工夫されたソフトスリーブです。

スリーブサイズは「89.5×64.5mm」なので、下の写真の通りポーカーサイズ(88×63mm)に超ぴったりサイズです!

88mm×63mmカード|ホビーベース 両表面エンボスマットスリーブ TCGサイズ・ソフト

ほぼ隙間がないので、少し大きい89mmだとカードの頭がスリーブ上部スレスレになります。

このスリーブを使ってみて良かったのは、両面に凹凸があるので「スリーブ同士がくっつきにくい」「山札が崩れにくい」という点。よくスリーブがくっついてシャッフルしづらいことがありますが、それが起きないのでとても遊びやすいです。ただし、エンボス加工により、透明度はあまり高くありません。

また、このスリーブは「ソフトタイプ」なのでスリーブとしての強度は低いです。そのため、「スリーブの強度よりも扱いやすさを重視したい」という人向けのスリーブです。

⑤KMC カードバリア100 パーフェクトサイズ

KMC カードバリア100 パーフェクトサイズ

タイプソフト
サイズ89×64mm
厚み不明
枚数100枚
強度
透明度
ぴったり感

カードバリア100パーフェクトサイズはTCGで定番のスリーブで、ポケカやデュエマなどのインナースリーブとしてよく使われています。

スリーブサイズは「89×64mm」なので、下の写真のようにポーカーサイズ(88×63mm)にジャストサイズです。

ポーカーサイズカード|KMC カードバリア100 パーフェクトサイズ

ただし、先ほど紹介したスリーブのようなエンボス加工はありません。

⑥~⑩その他のソフトスリーブ

ポーカーサイズ用のソフトスリーブ

その他のポーカーサイズに合うソフトスリーブを一覧にしてまとめました。

厚みが薄いソフトタイプなので、品質差はほとんど感じません。

画像スリーブ名サイズ枚数
ホビーベース TCGサイズ・ソフト90×66100枚
ホビーベース TCGジャストスリーブ・インナーソフト89×64100枚
エポック カードスリーブレギュラーサイズ・ソフト92×66110枚
トレカプロテクト レギュラーサイズ・横入れジャストタイプ89×64100枚
アクラス トレカスリーブ ジャストサイズ89×64100枚

【まとめ】ポーカーサイズ用の『おすすめスリーブ』

僕がこれまで様々なスリーブを使ってきた中で、ポーカーサイズにおすすめのスリーブがこちらです。

『ハードスリーブ』のおすすめ

僕がよく使うポーカーサイズ用のハードスリーブは、『ホビーベース TCG・ハード』『エポック カードスリーブレギュラーサイズ・ハード』の2つです。

ポーカーサイズ用のおすすめハードスリーブ

ぴったり感では『KMCカードバリアー パーフェクトハード』が圧倒的に良いのですが、ボードゲームには88×63mmよりも微妙に大きいサイズ(89×63mm・89×63.5mm・89×64mm)があり、あまりにぴったりすぎると余ったスリーブを他に流用しづらいので先ほどのスリーブ2種類をメインにしています。

どちらのスリーブを選ぶかは、以下のように「必要なスリーブ枚数」で選んでいます。

ちなみに、スリーブ強度については、今回紹介したハードスリーブ3種類はどれもしっかりとした硬さがありますが、個人的な感覚では(僅かな差で)「エポック>ホビーベース>KMC」という順です。

『ソフトスリーブ』のおすすめ

また、ソフトスリーブでもいいという方は『ホビーベース 両表面エンボスマットスリーブ TCGサイズ・ソフト』がおすすめです。

ポーカーサイズ用のおすすめソフトスリーブ

スリーブの両面に凹凸があるのが特徴で、「スリーブ同士がくっつきにくい」「山札が崩れにくい」のがとても遊びやすいです。山札が分厚いゲーム・シャッフル回数が多いゲームや山札がたくさんあるゲームに向いています。

※ただし、ソフトタイプなのでペラペラで、スリーブとしての強度はありません。

最後に:ポーカーサイズをスリーブで保護しよう!

以上が、『ポーカーサイズ用のおすすめスリーブ』の紹介でした。

個人的には先ほど紹介したスリーブがおすすめですが、スリーブによって「硬さ・くっつきにくさ・バラつき」などが微妙に違います。人それぞれ好みがあるので、毎回購入するスリーブを変えて自分に合うスリーブを探してみるのもいいと思います。