『無地スリーブ』の高級タイプ3種類と定番を徹底比較

『無地スリーブ』の高級タイプ3種類と定番を徹底比較

高級な無地スリーブは1000円以上するので、これまで定番のハイパーマットスリーブなどを使っていた方はなかなか手が出しづらいもの…。そこでこの記事では、高級スリーブ3種類と定番スリーブの性能を徹底比較しました。

比較する4種類のスリーブがこちら。

  • 【高級】KATANAスリーブ
  • 【高級】イクリプススリーブ
  • 【高級】ドラゴンシールドスリーブ
  • 【定番】ハイパーマットスリーブ

気になっていたけど値段が高めでなかなか手が出せなかったという方はぜひ参考にしてみてください。

比較については、サンプルが少ないこと、個人の主観に基づいていることから、参考程度にお考え下さい。

関連『KATANAスリーブ』を徹底レビュー

関連『イクリプススリーブ』を徹底レビュー

スポンサーリンク

【結論】おすすめはKATANAスリーブ

早速ですが「おすすめだけ知りたい」という方のために、僕のおすすめの無地スリーブを紹介します。僕のイチオシは『KATANAスリーブ』です。(次点がイクリプススリーブ)

Ultimate Guard KATANAスリーブ

KATANAスリーブの魅力は「透けにくさ・裂けにくさ・シャッフル感」です。裏面は全く透けませんし、サイドの接着は超強力で力一杯引っ張っても裂けることがありません。横入れシャッフル時は引っかかることなくとても滑らかにできます。

この3つのポイントも記事中で検証しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

今回比較するスリーブ4種類

今回比較する無地スリーブはこちらの4種類です。

無地スリーブ4種類

画像スリーブ名サイズ
KATANAスリーブUltimate Guard KATANAスリーブ66×91㎜
イクリプススリーブUltraPro イクリプススリーブ66×91㎜
Arcane Tinmen ドラゴンシールドスリーブArcane Tinmen ドラゴンシールドスリーブ66×91㎜
KMC ハイパーマットスリーブKMC ハイパーマットスリーブ66×91㎜

KATANAスリーブ、イクリプス(ECLIPSE)スリーブ、ドラゴンシールドスリーブは価格帯が高め(1500円弱)な高級スリーブです。

その3種類に、超定番のハイパーマットスリーブを加えた4種類の無地スリーブを徹底比較して性能の違いをまとめました。

無地スリーブ比較①|サイズのブレ

今回比較する無地スリーブはサイズ表記が全て「66㎜×91㎜」ですが、スリーブには多少のブレがあるものです。

そこで、各種類の無地スリーブ2~3袋から無作為に6枚取り出して、実際に定規を使って計測してみました。

スリーブのサイズを測る

実際に計測したスリーブサイズのブレ幅は以下の通りです。

スリーブ名実寸サイズの幅
KATANA66.0×91.0㎜~67.0×91.0㎜
イクリプス65.5×91.0㎜~66.5×91.0㎜
ドラゴンシールド66.5×92.5㎜~67.0×92.5㎜
ハイパーマット66.0×91.0㎜~67.0×91.0㎜

基本的には、どの無地スリーブも±0.5~1.0㎜のブレがあります。

ただ、ドラゴンシールドスリーブはどれも縦方向が92.5㎜で、比較的大きめの作りでした。

分かりやすいように、KATANAスリーブドラゴンシールドスリーブを比較した写真がこちら。

KATANAスリーブとドラゴンシールドスリーブのサイズ感を比較

隣りに並べると、ドラゴンシールドスリーブの方が隙間が多いのが分かると思います。

無地スリーブ比較②|透明度

次に、無地スリーブ4種類の透明度を比較しました。

写真だと差が分かりづらいですが、肉眼で見た時の透明度の高さは以下の順になります。

無地スリーブの透明度

ドラゴンシールド&KATANA>ハイパーマット>イクリプス

本当に微妙な差ですが、KATANAスリーブドラゴンシールドスリーブが最も透明度が高くて、次点がハイパーマットでした。

イクリプススリーブ表面がマット仕様(艶消し)なっているので、やや白っぽく見えてしまいます。ただ、光を反射しないので、リモートではとても見やすいスリーブです。

無地スリーブ比較③|透けにくさ

僕は無地スリーブ裏面の透けにくさをかなり気にします。というのは、無地スリーブの裏面が透けてしまうと、カードの色を拾うのでお気に入りのカラーがくすんで見えてしまいますし、うっすらと柄が見えるのはかなりダサいです…。

そこで、無地スリーブ4種類にポケカを入れて、裏面の透け具合を比較しました。

※透けやすいカラーは白・黄色・オレンジなどの明るい色なので、今回は黄色~オレンジ系統の色を揃えましたが、ハイパーマットはそれらの色がないのでホワイトを使いました。

透け具合を比較|無地スリーブ

まず、イクリプススリーブKATANAスリーブは全く透けません。特にイクリプススリーブは内側にブラックの層があるので、光にかざしてもカードの影すら分かりません。これならどの色を選んでも安心です。

ハイパーマットスリーブは写真では分かりづらいですが、よく見るとうっすらと透けていました(ただパッと見では分からないレベルです)

そして、特に透けやすかったのはドラゴンシールドスリーブです。POKEMONの文字がハッキリと読み取れるくらい透けています。

▼ドラゴンシールド裏面のアップ

ドラゴンシールドスリーブの透け具合

ただ、ドラゴンシールドスリーブでも暗めの色ならそこまで透けることはないので、ドラゴンシールドを買う際は暗めの色を選ぶのがおすすめです。

無地スリーブ比較④|硬さ

次に、無地スリーブの硬さを検証します。

親指と人差し指でスリーブをつまむようにして持ち、もう片方の手で膨らんだ部分をトントンと叩くことで、スリーブの硬さを比較しました。

無地スリーブの硬さを比較する方法

硬いスリーブから順に並べると、以下の通りでした。

ハイパーマット>KATANA&ドラゴンシールド>イクリプス

無地スリーブ比較⑤|裂けにくさ

スリーブはサイドから裂けてしまうことがあるので、実際にサイドを引っ張って裂けにくさをチェックしました。

裂けにくさを比較|無地スリーブ

裂けにくさの順に並べると以下の通りでした。

KATANA>イクリプス>ドラゴンシールド&ハイパーマット

まず、何枚引っ張っても全く裂けなかったのがKATANAスリーブです。KATANAはサイドの接着が超強力なスリーブだと思います。

イクリプススリーブも接着が強力で裂けないものが多かったですが、一部裂けるものもありました(側面の接着がやや安定していないのかもしれません)

一方で、ドラゴンシールドハイパーマットは軽い力でサクッと裂けてしまいました。裂けに対する耐久度は低めだと思います。

無地スリーブ比較⑥|エンボス加工

今回比較している無地スリーブはどれも裏面がエンボス加工されています。

エンボス加工とは、スリーブの表面に凹凸を付けることで、スリーブ同士がくっつきづらくなり、「シャッフルがしやすくなる」「滑りにくくなる」といったメリットがあります。

このエンボスの加減はスリーブの種類によってかなり違います。そこで、完全に主観ですが、各無地スリーブのエンボス加工の印象をまとめました。

エンボス加工を比較|無地スリーブ

スリーブ名印象
ハイパーマット凹凸感が粗めで、手触りがザラザラ
KATANA凹凸感が粗めで、手触りがザラザラ
ドラゴンシールド凹凸が細かくて均一
イクリプス凹凸が小さくて、平坦

ハイパーマットスリーブKATANAスリーブの2つはほぼ同じような感触で、凹凸が粗くてザラザラした手触りです。

ドラゴンシールド凹凸が細かいので、ハイパーマットやKATANAほどザラザラしません。

少し変わっているのがイクリプススリーブで、突起がとても小さくて、さらに突起1つ1つの距離が離れている(隙間が多い)感じです。言い換えると「うっすらとした凹凸感」という印象です。

無地スリーブ比較⑦|滑りやすさ

スリーブの滑りやすさは、裏面や表面の加工、それらの相性、スリーブの劣化具合、部屋の湿度などで変わります。滑りやすいとデッキ崩れが起こりやすくなります。

今回はスリーブの滑りやすさを調べるために、まずは平坦な板にスリーブを1枚ずつ貼り付けます。

そして、もう1枚同じスリーブを取り出して、しっかりと指紋や汚れを拭き取ってから、同じスリーブの上にぴったりと重ねます。

そして、平面を徐々に傾けていき、滑り落ちる順番を確認します。

まず最初に滑り落ちたのが『KATANAスリーブ』と『ハイパーマットスリーブ』でした。

 

さらに傾けていくと、次に『イクリプススリーブ』が滑り落ちました。

最後に落ちたのが『ドラゴンシールドスリーブ』でした。

今回の結果では、滑りにくいスリーブは以下の順でした。

ドラゴン > イクリプス > KATANA & ハイパーマット

先ほどのエンボス加工の比較でチェックした通り、KATANAスリーブとハイパーマットスリーブのエンボス感はとても似ていたので、スリップ性も近いのだと思います。

ただ、滑りやすさはスリーブの劣化具合や部屋の湿度などにも影響を受けるので、今回の結果はあくまで参考レベルに留めておいてください。

無地スリーブ比較⑧|シャッフルのしやすさ

最後は、横入れシャッフル(ファローシャッフル)のしやすさです。

ファローシャッフル

これも完全に主観で、僕が横入れシャッフルしやすいと思ったスリーブ順に並べると以下の通りです。

KATANA&イクリプス>ドラゴンシールド>ハイパーマット

ドラゴンシールドハイパーマットは横入れシャッフル時にひっかかりを感じますが、KATANAとイクリプスは引っかかることなくスムーズに入っていきます。

ただ、両者でも感覚は違っていて、KATANAスリーブぬる~っと自然に入り込んでいく感じで、イクリプススリーブスパパパパッと切れ味よく入っていく感じがします。個人的には、どちらかというとイクリプスのシャッフル感の方が好きです。

ただ、これは好みの部分なので、実際に使って試してみることをおすすめします。

【最後に】高級スリーブは価格に見合った価値がある!

無地スリーブの比較一覧表

最後に、無地スリーブ4種類の比較結果を一覧表にしてまとめました。◎・〇・△の3段階で評価していますが、いずれも相対的な評価です。

※サイズのブレとエンボス加工については評価しづらいので、項目から外しています。

スリーブ名KATANAイクリプスドラゴンハイパー
画像
透明度
透けにくさ
硬さ
裂けにくさ
滑りにくさ
シャッフル

僕のお気に入りはKATANAスリーブ

たくさんの無地スリーブ

僕が無地スリーブを選ぶ時に重視するポイントは「透けにくさ・耐久度(裂けにくさ)・シャッフル感」です。特にお気に入りのカラーを選ぶなら、透けにくさは重要です。

では、僕のおすすめはというと『KATANAスリーブ』と『ウルトラプロのイクリプススリーブ』の2つです。どちらも甲乙つけがたいくらいの高品質ですが、個人的にはイラストを綺麗に見せたいので、透明度の高いKATANAスリーブをメインデッキに付けています。一方で、マット感が好きな方にはイクリプススリーブがおすすめです。

ちなみに、ドラゴンシールドスリーブは透けやすい・裂けやすいので、他の高級スリーブと比べるとあまり魅力を感じません。

高級な無地スリーブを買う時に躊躇するのは値段だと思います。これまでハイパーマットスリーブを使っていた人からすると価格差にびっくりしますよね…僕もそうでした…。ただ、ハイパーマットよりも耐久度は上で長持ちするので、まずはメインデッキだけでもKATANAスリーブ(イクリプススリーブ)に変えてみるのをおすすめします。自分が組み上げた自信のあるデッキを高品質スリーブに入れるだけで特別感がでてテンションが上がります!

まだ高級無地スリーブを使ったことがない方はぜひ一度試してみてください。

関連記事

▼KATANAスリーブのレビュー

【レビュー】『KATANAスリーブ』の特徴&性能を徹底紹介
...

▼イクリプススリーブのレビュー

【レビュー】『ウルトラプロ イクリプススリーブ』の性能を徹底紹介
...

▼インナースリーブの徹底比較

『インナースリーブ』のおすすめ7種類を徹底比較(ポケカ・デュエマサイズ用)
...
スリーブ評価
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ボドスリ