『プロ野球チップス』におすすめのカードケース3種類を徹底紹介

『プロ野球チップス』におすすめのカードケース3種類を徹底紹介

この記事では、僕が様々なカードケースを使ってきた中で、プロ野球チップスにおすすめのカードケース・カードホルダー3種類を徹底紹介します。

以前に100均のカードファイルに収納していたこともありますが、逆さにするとカードがポロポロ落ちたり、シートが破れたりするのがストレスだったので、そのようなことがないおすすめのファイルを厳選しています。

プロ野球チップスカードの保管方法で迷っている方はぜひチェックしてみてください。

関連プロ野球チップスにおすすめのスリーブ

【スリーブ紹介】プロ野球チップスのカードサイズに合うスリーブはコレ!
...
スポンサーリンク

プロ野球チップスにおすすめのカードケース3種類

今回紹介するプロ野球チップスにおすすめのカードケース・カードホルダー3種類がこちら。

トレーディングカードにおすすめのファイル・バインダー3種類

プロ野球チップス向けのカードケース①『エポック トレーディングカードバインダー』

プロ野球チップス向けカードケースの1つ目は『エポック トレーディングカードバインダー』です。

基本情報

ファイルサイズ310mm×271mm×60mm
ポケットサイズ ※実寸94mm×68mm
シート入り数9ポケット×12枚
ファイルの材質紙製
リング4個(金具)

カードケースのサイズ

エポック トレーディングカードバインダーのケースサイズは「縦310mm×横271mm」です。

ファイルサイズ|エポックトレーディングカードバインダー

 

背幅は「60mm」です。

背幅|エポックトレーディングカードバインダー

 

他のカードホルダーと比べても圧倒的な厚みです!

カードファイルの厚みの比較

材質は『ツルツルの紙製』

カードケースの表紙は「ツルツルとした紙製」です。

ツルツルとした紙製|トレーディングカードバインダー

手触りは若干チープな感じがしますが、しっかりとした厚みがあって頑丈です。

70シートが綴じれる『大容量タイプ』

エポック トレーディングカードバインダーの一番の特徴は、最大70シートも綴じれる『大容量タイプ』であること!

70シート綴じれる大容量タイプ|エポックトレーディングカードバインダー

9ポケットシートならプロ野球チップスを630枚入れることができます。1ポケットに2枚ずつ入れるなら1260枚も収納できます!

エポック9ポケットシート

このカードホルダーに付属しているのは「エポック9ポケットシート(12枚)」です。1枚のシートに9つのポケットがあり、上からカードを差し込むタイプです。※ポケット上部のフタ(フラップ)はなし

このポケットサイズは「縦94mm×横68mm」なので、プロ野球チップス(86×59mm)をしっかりと収納できます。

プロ野球チップスカード|エポックトレーディングカードバインダー

プロ野球チップスカードの画像アップ|エポックトレーディングカードバインダー

リングは『金属製』

このカードファイルには金属製リングが4個ついています。開け閉めする時に「ガッチャン」という音がして、しっかりとした作りになっています。

エポックトレーディングカードバインダーの金属製リング

上の写真のように、リングの輪が大きい(直径約4~4.5cm)ので、たくさんのシートを綴じてもめくりやすいです。

【まとめ】大容量サイズのカードケース

プロ野球チップスのおすすめカードケース『エポック トレーディングカードバインダー』のメリットがこちら。

  • 最大70シートも綴じれる大容量サイズ
  • リングが金属製で頑丈

このカードケースの良さはズバリ「大容量サイズ」で、他のカードケースと比べても圧倒的な収納量が魅力です。(最大630ポケット)

プロ野球チップスのカードを集め始めるとどんどん増えていくので、「既に大量のカードを持っている方」だけでなく、「最近プロ野球チップスを集め始めた方」にもおすすめのカードケースです。

プロ野球チップス向けのカードホルダー②『やのまん コレクションカードバインダー』

プロ野球チップス向けカードホルダーの2つ目は『やのまんコレクションカードバインダー』です。

基本情報

ファイルサイズ※実寸310mm×256mm×38mm
ポケットサイズ ※実寸94mm×68mm
シート入り数9ポケット×6枚
ファイルの材質紙製
リング4個(プラスチック)

カードケースのサイズ

やのまんコレクションカードバインダーのケースサイズは「縦310mm×横256mm」です。

ファイルサイズ|やのまんコレクションカードバインダー

 

背幅は「38mm」です。先ほど紹介した『エポックトレーディングカードバインダー』の3分の2くらいの厚みになっています。

厚み|やのまんコレクションカードバインダー

エポックのバインダーを「大容量タイプ」とするとこちらは「中容量タイプ」です。

下の写真のように、リュックに入れて持ち運べるサイズ感です。

リュックに入る|やのまんコレクションカードバインダー

材質は『ザラザラとした紙製』

カードホルダーの表紙は「紙製」です。

ザラザラした紙製|やのまんコレクションカードバインダー

最初に紹介したエポックのカードホルダーの手触りはツルツルでしたが、やのまんコレクションカードバインダーの手触りはザラザラしていて上質な感じがします。

また、表面の文字も銀メッキになっていてクールな印象です。

ポケットサイズは「94×68mm」

このカードホルダーに付属しているのは「やのまん9ポケットカードシート」(6枚)です。

このポケットサイズも「縦94mm×横68mm」なので、プロ野球チップスカード(86×59mm)にちょうどいい大きさです。

プロ野球チップスカード|やのまんコレクションカードバインダー

プロ野球チップス|やのまんコレクションカードバインダー

カードが落ちない「フラップ機能」付き

そして、このカードホルダーの一番の魅力は、ポケットの口部分をカバーするフラップが付いていること!

フラップ機能|やのまんコレクションカードバインダー

フタの役割をする「フラップ」があるので、カードホルダーを逆さにしてもプロ野球チップスが落ちることはありませんし、上から埃やゴミが入ることもありません。特にプロ野球チップスの状態をキレイに保ちたい方におすすめのシートです!

取り出すときが少し手間ですが、個人的には一番信頼できるおすすめのシートです。(僕はエポックのファイルにも使っています)

リングは『プラスチック製』

やのまんコレクションカードバインダーはシートをプラスチック製リング4個で留めます。

プラスチック製リング|やのまんコレクションカードバインダー

 

指2本で2個のリングをつまむようにして内側に押すことで開けられます。

リングの開け方|やのまんコレクションカードバインダー

2個のリングを2回押さなければならないのが若干面倒です。また、金属製と比べると強度が低いように感じます。個人的には、このリング部分だけが少し不満です。

まとめ:「中容量サイズ」のカードホルダー

プロ野球チップスのおすすめカードホルダー『やのまんコレクションカードバインダー』のメリットがこちら。

  • 背幅38mmの中容量サイズ
  • カードが落ちないフラップ付きシート

やのまんのカードホルダーは「中容量サイズ」です。最初に紹介したエポックのカードケースだと大きすぎるという方にはこちらがちょうどいいサイズ感だと思います。

また、見た目のクールさやフラップ付きシートなど随所にクオリティーの高さを感じるおすすめのカードケースです。

プロ野球チップス向けのカードホルダー③『アクラス 9ポケットカードアルバム』

プロ野球チップス向けカードホルダーの3つ目は『アクラス 9ポケットカードアルバム』です。

基本情報

ファイルサイズ297mm×222mm×20mm
ポケットサイズ ※実寸92mm×67mm
シート入り数9ポケット×10枚
ファイルの材質合皮?
リングなし(シート固定式)

カードケースのサイズ

アクラス 9ポケットカードアルバムのケースサイズは「縦297mm×横222mm」です。今回紹介しているカードケースの中では一番コンパクトです。

ファイルサイズ|アクラス 9ポケットカードアルバム

 

背幅は「20mm」のスリム型です。

厚み|アクラス 9ポケットカードアルバム

 

薄めのファイルなので、リュックや手提げにも入ります!

鞄に入りやすい|9ポケットカードアルバム

材質は『手触りのいい合皮』

他の2つのカードケースは紙製でしたが、アクラスのカードケースの材質は(公式情報はありませんが)「合皮」だと思います。

材質は合皮|アクラス 9ポケットカードアルバム

革のように良い手触りで厚みもあって丈夫なので、カードファイル3種類の中では最も上質な表紙です。

ポケットサイズは「92×67mm」

アクラス 9ポケットカードアルバムは9ポケットシート10枚(90ポケット)からなるカードケースです。

ポケットサイズは「縦92mm×横67mm」で、プロ野球チップス(86×59mm)の大きさに対応しています。

プロ野球チップスカード|アクラス 9ポケットカードアルバム

リングのない『シート固定式』

他のカードファイルのようなリング式ではなく「シート固定式」になっていて、シートを追加することができないタイプです。

その代わり、シート固定式にはリングがないので、リングに引っかかることなくページをスムーズにめくれるのが良いところです。

シート固定式|アクラス 9ポケットカードアルバム

まとめ:小容量サイズのカードケース

プロ野球チップスにおすすめのカードケース『アクラス 9ポケットカードアルバム』のメリットがこちら。

  • 90ポケットの小容量サイズ
  • 革のような上質な手触り
  • ページをスムーズにめくれる

アクラス9ポケットカードアルバムは「小容量サイズ」です。

特徴は「表紙の上質感」&「ページのめくりやすさ」で、品質や扱いやすさを優先する方におすすめのカードケースです。レアカード用や自分の好きな球団用のファイルにするのもいいと思います。

【まとめ】プロ野球チップス向けカードケースの特徴

最後に、今回紹介したプロ野球チップスにおすすめのカードホルダー3種類の特徴についてまとめました。

カードケース3種類の特徴一覧表

プロ野球チップス向けカードケース3種類の一覧表です。

メーカーエポックやのまんアクラス
商品名トレーディングカードバインダーコレクションカードバインダー9ポケットカードアルバム
画像
容量大容量中容量小容量
リング金属プラスチックなし
上質さ
開けやすさ
シートの品質

カードケース3種類の選び方

3種類のカードケースにはそれぞれ特徴がありますが、一番の違いは「背幅の違い」です。

背幅の違い|カードファイルの比較

プロ野球チップスを保管するカードケースを選ぶ時は、この容量の違いで選ぶのがおすすめです。

プロ野球チップスは収集歴が長くなるほどカードが溜まっていくので、基本的には背幅60mmの大容量タイプ『エポックトレーディングカードバインダー』がおすすめです。シートを追加することで最大630枚収納することができます。

「大容量タイプは大きすぎる」という方は、中容量サイズの『やのまんコレクションカードバインダー』を選びましょう。

小容量タイプの『アクラス 9ポケットカードアルバム』はシートの追加ができませんが、リングがないのでページがめくりやすく、表紙が革のような上質な素材でできているので、レアカードや自分の好きなカードをまとめた観賞用にぴったりです。

 

以上が、プロ野球チップスにおすすめのカードファイル3種類の徹底紹介でした。カードファイルに収納することで整理整頓だけでなく劣化防止にもなるので、早めにファイルに保管するようにしましょう。

 

また、エポックのバインダーに付属しているシートは『エポック9ポケットシート』、やのまんのバインダーに付属しているフラップ付きシートは『やのまん9ポケットカードシート』です。僕はヤノマンのフラップ付きシートをエポックのバインダーにも使っています。

プロ野球チップスにおすすめスリーブはこちら

プロ野球チップスのカードをスリーブに入れて保護すると、キレイな状態で保管できるのでおすすめです。スリーブに入れた写真がこちら↓

プロ野球チップスにおすすめスリーブ

もちろん、スリーブに入れた状態でカードファイルに収納することもできます。

詳しくは『プロ野球チップスにおすすめのスリーブで徹底解説しているので、スリーブに興味がある方はぜひチェックしてみてください。