MENU

【評価&レビュー】ホビーベース アメリカンサイズスリーブ・ハード

【評価&レビュー】ホビーベース アメリカンサイズスリーブ・ハード
  • URLをコピーしました!

この記事では、ホビーベース アメリカンサイズスリーブ・ハードを徹底紹介します。

サイズ感が分かりやすいように、89×57㎜・88×57㎜・88×58㎜・89×58㎜のカードをスリーブにいれた写真を載せています。

また、このスリーブを使った感想だけでなく、他のスリーブと比較して「強度・透明度・ぴったり感」を評価しているので、参考にしてみてください。

目次

ホビーベース アメリカンサイズ・ハードのスリーブ情報・評価

ホビーベース アメリカンサイズ・ハード
タイプハード
サイズ/厚み92×60㎜/0.1㎜
枚数50枚
製造日本
強度 4.0
透明度 2.5
ぴったり感
(89×57㎜に対して)
4.0
特徴・良い点&微妙な点
  • 折れや傷に強いハードスリーブ
  • シャッフルしやすい
  • 日本製でサイズのバラつきがほとんどない
  • スリーブの中でカードがズレにくい
  • 88×57㎜~89×58㎜にも装着可能
  • 透明度はやや低め
  • 角が刺さると痛い

ホビーベース アメリカンサイズ・ハードの大きさ

ホビーベース アメリカンサイズスリーブ・ハードのスリーブサイズは、92㎜×60㎜です。

スリーブサイズ|ホビーベース アメリカンサイズ・ハード

カードを入れた写真でサイズ感を確認する

スリーブとカードの隙間を確認できるように、ホビーベース アメリカンサイズスリーブ・ハード88×57㎜・89×57㎜・88×58㎜・89×58㎜のカードを入れた写真を載せています。

各カードに対するぴったり感はこちら。

カードサイズぴったり感
88×57㎜ 3.0
89×57㎜ 4.0
88×58㎜ 3.0
89×58㎜ 4.0

①88×57㎜のカードを挿入

88×57㎜のカードを挿入|ホビーベース アメリカンサイズスリーブ・ハード

②89×57㎜のカードを挿入

89×57㎜のカードを挿入|ホビーベース アメリカンサイズ・ハード

③88×58㎜のカードを挿入

88×58㎜のカードを挿入|ホビーベース アメリカンサイズスリーブ・ハード

③89×58㎜のカードを挿入

89×58㎜のカードを挿入|ホビーベース アメリカンサイズスリーブ・ハード

ホビーベース アメリカンサイズ・ハードを使った感想

ホビーベース アメリカンサイズスリーブ・ハードの厚みは0.1㎜で、アメリカンサイズ対応スリーブの中ではトップクラスの硬さです。スリーブ強度が高いので、折れや傷に強いのが特徴。

また、スリーブ同士が滑りやすくてくっつきにくいので、シャッフルしやすいのも良いところ。さらに、スリーブの中でカードがズレにくいのもGOODです。

一方で、他のスリーブと比較すると、透明度はやや低めです。

サイズのバラつきについては、海外製だと微妙にサイズの違うものが入っていることがありますが、ホビーベースは日本製でバラつきがほとんどないので、安心して使えます。

【比較】他のアメリカンサイズスリーブの一覧表

他のアメリカンサイズスリーブのスリーブ情報と評価を一覧表にしてまとめました。

以下の全てのスリーブは『アメリカンサイズ対応スリーブを徹底紹介』にまとめているので、気になるスリーブがあればチェックしてみてください。

スクロールできます
画像スリーブ名強度透明度ぴったり感
(89×57㎜の場合)
ホビーベース アメリカンサイズ・ハード
92×60㎜/50枚

4.0

2.5

4.0
ウルトラプロ ボードゲームスリーブ スタンダードアメリカンサイズ
91×59.5㎜/50枚

4.0

4.5

4.0
ぴったりスリーブ ユーロサイズ 厚口タイプぴったりスリーブ ユーロサイズ 厚口タイプ
92×60㎜/100枚

2.5

5.0

4.0
Mayday Games プレミアムカードスリーブ USAキメラサイズ
91×59.5㎜/50枚

2.5

4.5

4.0
画像スリーブ名強度透明度ぴったり感
ホビーベース 両表面エンボスマット ユーロサイズホビーベース 両表面エンボスマットスリーブ ボードゲームサイズ・ソフト
91×58.5㎜ /101枚

1.5

1.0

4.5
ホビーベース アメリカンサイズ・ソフト
91×59㎜ /100枚

1.5

4.5

4.5
Engamesスリーブ ブリッジサイズ
90×59㎜/100枚

1.5

5.0

4.5
Mayday Games カードスリーブ USAキメラサイズ
91×59.5㎜/100枚

1.0

4.0

4.0

【最後に】角が刺さって痛いときは角を丸くカットしよう!

スリーブの角をチェック|かどまるPRO-NEO

ハードタイプスリーブに共通するデメリットは、スリーブの角が指に刺さると痛いことです。

どうしても気になる場合は、角を丸くするコーナーカッター(かどまるPRO NEO)で角を丸くするのがおすすめです。

詳しくは、別記事の『スリーブの角を丸くできる!かどまるPRO-NEOの使い方』で解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

サンスター文具(Sun-Star Stationery)

関連記事

▽スリーブの角を丸くできるコーナーカッターの紹介

▽アメリカンサイズ用スリーブを徹底紹介

▽ウルトラプロ スタンダードアメリカンサイズのレビュー

▽ホビーベース 両表面エンボスマット ボードゲームサイズのレビュー

▽Engamesスリーブ ブリッジサイズのレビュー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次