【スリーブ紹介】「犯人は踊る」のカードサイズにぴったりのスリーブを紹介

「犯人は踊る」に最適なカードスリーブを紹介ボードゲームのスリーブ

「犯人は踊る」は、たった1枚だけの犯人カードを持っている”犯人役”を、探偵カードを持つ”探偵役”が突き止める、という推理型カードゲームです。

ルールがとても簡単で、1ゲーム10分くらいと短時間で遊べるので、特にボードゲーム初心者に人気です。

ただ、このゲームは犯人カードの所在を突き止めるゲームなので、カードに傷が付いてしまうとそれが目印となって犯人カードがバレてしまうことがあります…。そうならないためにも、カードはスリーブを付けて保護するのがおすすめです。

今回の記事では、「犯人は踊る」におすすめのカードスリーブを紹介します。

▽犯人は踊る

犯人は踊るの「内容物」

犯人は踊るの内容物はこちらです。

<犯人は踊るの内容物>

  • 犯人カード…1枚
  • いぬカード…1枚
  • 第一発見者カード…1枚
  • 少年カード…1枚
  • 一般人カード…2枚
  • たくらみカード…2枚
  • 目撃者カード…3枚
  • 情報操作カード…3枚
  • 探偵カード…4枚
  • うわさカード…4枚
  • アリバイカード…5枚
  • 取り引きカード…5枚
  • 説明書…1部

上の通り、犯人は踊るに入っているものは、説明書を除くと「カードのみ」です。

カードは全て合わせると「32枚」入っています。

犯人は踊るの「カードサイズ」

犯人は踊るの「カードサイズ」は計ってみました。

犯人は踊るの「カードサイズ」「カード枚数」

カードサイズ:88mm×63mm
カードの枚数:32枚

犯人は踊るのカードサイズは「88mm×63mm」で、このカードサイズは一般的なトレーディングカードゲーム(TCG)と同じ大きさです。有名なカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」もこのサイズです。

TCGと同じ大きさなので、このカードサイズに対応したスリーブはたくさん流通しています。今回はその中でも、おすすめのカードスリーブを紹介したいと思います。

犯人は踊るにぴったりの「カードスリーブ」

犯人は踊るにぴったりのカードスリーブは「ホビーベース TCGサイズ・ハード」です。

カードスリーブ「ホビーベース TCGハード」

スリーブサイズ:91.5mm×66mm
スリーブの枚数:50枚入り
スリーブの種類:ハードタイプ

こちらのカードスリーブのサイズは「91.5mm×66mm」なので、犯人は踊るのカード(88mm×63mm)がしっかりと収納できます。

また、特にホビーベースの「ハードタイプ」はスリーブ強度が高く、傷や折れに強いので、カードの劣化を防いでくれます。

犯人は踊るのカード枚数は「32枚」なので、このスリーブが「1袋」あれば大丈夫です。

このスリーブを装着してみました

実際に「犯人は踊る」のカードに「ホビーベースのTCGサイズ・ハード」を装着してみました。

実際に「犯人は踊る」のカードに「ホビーベースのTCGサイズ・ハード」を装着した写真

写真では分かりづらいかもしれませんが、このカードスリーブなら、縦・横ともに余ることなくジャストサイズになっています。

遊んでいる時も、スリーブとスリーブがくっついて剥がれづらいということもありませんでした。このカードサイズには一番におすすめできるスリーブです。

犯人は踊るに合う「その他のスリーブ」

上で紹介したスリーブが一押しですが、他にも、犯人は踊るのカードサイズ「88mm×63mm」に対応しているスリーブがいくつかあります。

それぞれのスリーブで、「扱いやすさ・強度・透明度」などが異なるので、各スリーブの長所・短所を分かりやすくまとめました。

他のスリーブも知りたい人は、下の記事をチェックしてみてください。

『88mm×63mm(スタンダードサイズ)』対応のカードスリーブ3つを徹底紹介
...

まとめ:犯人は踊るにはスリーブが必須!!

以上が、「犯人は踊るにぴったりのカードスリーブの紹介」でした。

犯人は踊るでは、「全員左どなりの人にカードを渡す」「全員右どなりの人の手札から1枚引く」などのアクションが頻繁に起こります。一般的なカードゲームと比べて、このようなカードを受け渡しする機会がとても多いので、特に「カードの劣化が激しいゲーム」といえます。

そのため、犯人は踊るにはカードスリーブが必須だと思います。私は遊び始める前から先ほど紹介したスリーブを付けていますが、そのおかげでまだ傷や折れ跡が付いておらず、何回もリプレイすることができています。

これから犯人は踊るを購入予定の方は、スリーブも一緒に手に入れておきましょう。

▽犯人は踊る