「会話型心理ゲーム 人狼」に最適なスリーブを紹介(通常・DX・SUPER DX)

「会話型心理ゲーム 人狼」に最適なスリーブを紹介(通常・DX・SUPER DX)ボードゲームのスリーブ

「会話型心理ゲーム 人狼」は、あの人気ゲーム”人狼”がカードで遊べるようになったゲームです。

その人気からシリーズ化していて、現在では「通常版」「DX(デラックス)版」「SUPER DX(スーパーデラックス版)」の3種類があります。

この「会話型心理ゲーム 人狼」には十数枚のカードが入っていますが、このカードに傷や折れ目が付いてしまうと、それがマーク(目印)となって正体がばれてしまうのでゲームが遊べなくなってしまいます。そのため、遊び始める前にスリーブで保護するようにしましょう。

そこで今回の記事では、カードゲーム「会話型心理ゲーム 人狼(通常・DX・SUPER DX)」にぴったりのカードスリーブを紹介します。

会話型心理ゲーム人狼の「カードサイズ・カード枚数」

会話型心理ゲーム人狼の「カードサイズ」

現在「会話型心理ゲーム人狼」シリーズは3種類あるので、そのカードサイズとカード枚数をまとめました。

「通常版(黄箱)」のカードサイズ・カード枚数はこちら。

カードサイズ:88mm×63mm
カードの枚数:16枚

「DX版」のカードサイズ・カード枚数はこちら。

カードサイズ:88mm×63mm
カードの枚数:32枚

「SUPER DX版」のカードサイズ・カード枚数はこちら。

カードサイズ:88mm×63mm
カードの枚数:45枚

上の通り、「会話型心理ゲーム人狼」シリーズに入っているカードサイズは全て「88mm×63mm」です。

では、次にこのカードサイズにぴったりのスリーブを紹介します。

会話型心理ゲーム 人狼にぴったりの「カードスリーブ」

「会話型心理ゲーム人狼」にぴったりのカードスリーブは『ホビーベースのTCG・ハードタイプ』です。

カードスリーブ「ホビーベースのTCG・ハードタイプ(91.5mm×66mm)」

スリーブサイズ:91.5mm×66mm
スリーブの枚数:50枚入り

『ホビーベースのTCG・ハードタイプ』のスリーブサイズは「91.5mm×66mm」なので、人狼のカードサイズ(88mm×63mm)にぴったりの大きさです。

また、どのシリーズもカード枚数が50枚以下なので、このスリーブが「1袋」あれば全てのカードを入れることができます。

実際に「会話型心理ゲーム人狼」をスリーブに入れた写真

実際に「会話型心理ゲーム 人狼」をスリーブに入れた写真がこちらです。

実際に「会話型心理ゲーム人狼」をスリーブに入れた写真

写真の通り、カードをスリーブに入れると、縦・横ともにちょうど良い大きさで、ゲーム中に中でズレることはありません。また、ハードタイプのスリーブなので、傷や折れにも強いので、安心して遊べます。

会話型心理ゲーム人狼に合う「その他のスリーブ」

先ほど紹介したカードスリーブがおすすめですが、その他にも、このゲームのカードサイズ「88mm×63mm」に合うスリーブがいくつかあります。

それぞれのスリーブで「強度」「透明度」「扱いやすさ」などが異なるので、スリーブごとの特徴を分かりやすくまとめました。

他のスリーブも検討したい方は、下の記事をチェックしてみてください。

『88mm×63mm(スタンダードサイズ)』対応のカードスリーブ3つを徹底紹介
...

最後に:人狼ゲームにはスリーブをつけよう!

以上が、「会話型心理ゲーム 人狼(通常・DX・SUPER DX)」にぴったりのカードスリーブの紹介でした。

人狼のような正体隠匿系ゲームでは、カードに傷跡や折れ跡がついてしまうと、それが目印となって正体がバレてしまうことがあります。そのような不正が起きてしまうと、場がシラケてしまいます…。

そのため、特に人狼などの正体隠匿系ゲームにはカードスリーブを付けてカードを保護するのがおすすめです。