【2024年】カードローダーのおすすめ9選を徹底解説

カードローダーのおすすめ9選
  • URLをコピーしました!

4日間限定の特別セール開催中!

\ 最大8%ポイントアップ /

カードローダーには種類がたくさんあるので、「お気に入りのトレカをカードローダーで保護したいけど、どれを買えばいいのか分からない…」と困ってしまう方も多いと思います。

そこで、今回はカードローダーの種類とおすすめ9選を徹底解説します。

既に気になっている種類がある方は、下記のリンクから読みたい部分に飛んでください。

目次

カードローダーの種類

カードローダー

まずは、カードローダーの種類について解説します。

4種類のカードローダー

カードローダーとは、トレーディングカードを保護するための硬質プラスチックケースのことです。

カードローダーに収納することで、傷や汚れ、折れ、湿気などから大事なカードを守れます。

カードローダーは、以下の4種類に分けられます。

カードローダー4種類
  • マグネットローダー:トレイとカバーを磁石で留めるタイプ。
  • サイドローダー:カードを横から入れるタイプ
  • トップローダー:カードを上部から入れるタイプ
  • フルプロテクトスリーブ:トレイとカバーを側面の凹凸を合わせて留めるタイプ。(河島製作所の商標)

比較表

それぞれの違いが分かりやすいように、性能やコストを比較した表を作りました。

種類マグネットローダー
マグネットローダー
サイドローダー
サイドローダー
トップローダー
トップローダー

フルプロテクト
保護力 5.0 3.0 3.0 4.0
見栄え 5.0 2.0 2.0 4.0
出し入れ 5.0 4.0 2.0 3.0
安さ 2.0 5.0 5.0 4.0

マグネットローダーは、保護力や見栄えの良さ、カードの入れやすさなど性能面が優れています。そのため、カードをガッチリ保管したい方だけでなく、見栄えよくを飾りたい方にもおすすめです。ただ、4種類の中では1枚あたりの価格が高いです。

マグネットローダーのような性能でもう少し安く手に入れたい方には、フルプロテクトスリーブがおすすめです。フルプロテクトスリーブを使ったことがない方向けに分かりやすく説明すると、マグネットローダーから磁石を取り外して、厚みを薄くしたようなカードケースです。

サイドローダートップローダーは1枚あたりの価格が安いので、「とにかくコストを抑えたい」「大量のカードを保護したい」という方におすすめです。近年の主流は、カードの出し入れがしやすいサイドローダーです。一方で、トップローダーは挿入口が小さい分、サイドローダーよりもゴミや埃が入りづらいのが良いところです。

下記のリンクから、各カードローダーのおすすめ紹介部分に飛べます。

マグネットローダーのおすすめ

マグネットローダーのおすすめ

まずは、マグネットローダーのおすすめを3種類紹介します。

マグネットローダーはカードローダーの中でも特に重厚感・高級感があるので、保管用としてだけでなく、部屋に飾る用としてもおすすめです。

マグネットローダー選びの注意点は、内寸サイズの違いです。インナースリーブが入るもの公式スリーブ&キャラスリが入るものがあるので、自分がどのスリーブを付けた状態で入れるのかを考えて選びましょう。

①アルティメットガード マグネットローダー

アルティメットガードマグネットローダー35pt
メーカーUltimate Guard
内寸サイズ64㎜×89㎜
外寸サイズ73㎜×110㎜
PT35pt
素材プラスチック
UVカット
保護フィルムなし
製造中国
特徴&評価
  • インナースリーブを付けた状態でぴったり
  • 磁力がとても強い
  • 価格が安め
  • トレカの角にダメージが入らない形状
  • UVカットでトレカの劣化を防ぐ
  • 公式スリーブやキャラスリが入らない

アルティメットガード マグネットローダー 35ptは、アメリカの有名なトレカサプライメーカー“Ultimate Guard社”の製品です。特徴は、インナースリーブを付けた状態でジャストサイズなところ。

外寸サイズと内寸サイズがこちら。

アルティメットガード マグネットローダー 35ptのサイズ
  • 内寸:64㎜×89㎜
  • 外寸:73㎜×110㎜

スタンダードサイズのカードにインナースリーブ・公式スリーブ・キャラスリを付けた状態で収納できるかを確認してみました。

インナースリーブを付けた画像

インナースリーブを付けた状態|アルティメットガード マグネットローダー 35pt
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
ジャスト
公式スリーブ(66×92㎜)を装着×
キャラスリ(67×92㎜)を装着×

上の画像の通り、インナースリーブ(64×89㎜)を付けた状態なら縦横に隙間のないジャストサイズです。どんなに激しく振っても中でカードが傾くようなことはありません。

ただ、インナースリーブよりも大きい公式スリーブやキャラスリは収納不可です。

ケース内の角の形状は、四隅にくぼみがあって、カードの角がローダー内の角に当たらないようになっています。

角の形状|アルティメットガードマグネットローダー35pt

また、ケースにはカードを紫外線から保護するUVプロテクションが施されているので、カードの日焼け対策もバッチリです。

まとめると、アルティメットガード マグネットローダーは、トレカを守るために必要な機能が十分に備わっているマグネットローダーです。インナースリーブを付けた状態なら超ぴったりなので見た目がとても良いです。価格も1枚あたり350円弱で売られていることが多いので、コスパも良い商品です。

インナースリーブを装着した状態で保管する方には、アルティメットガードマグネットローダーがイチオシです。

1個・3個・10個セットなどがあります

Ultimate Guard(アルティメットガード)
もっと詳しく知りたい方はこちら

②カードの鎧マグネットローダー

カードの鎧マグネットローダー35pt
メーカーsunista
内寸サイズ68㎜×95㎜
外寸サイズ74㎜×110㎜
PT35pt
素材ABS樹脂
UVカット※カット率96%以上
保護フィルムなし
製造不明
特徴&評価
  • 公式スリーブやキャラスリが入るサイズ
  • UVカット率96%以上
  • ローダー上部に指をかけるでっぱりがあって開けやすい
  • トレカの角にダメージが入らない形状
  • インナースリーブだと隙間が大きい

カードの鎧 マグネットローダー35ptは、公式スリーブやキャラスリを付けた状態で収納できるマグネットローダーです。

外寸サイズと内寸サイズがこちらです。

外寸サイズ・内寸サイズ|カードの鎧マグネットローダー35pt
  • 内寸:68㎜×95㎜
  • 外寸:74㎜×110㎜

先ほど紹介したアルティメットガード マグネットローダー35ptよりも少し大きめです。

スタンダードサイズのカードにインナースリーブ・公式スリーブ・キャラスリを付けた状態で収納状態を確認してみました。

スクロールできます
インナースリーブを付けた状態
インナースリーブを付けた状態|アルティメットガード マグネットローダー35pt
キャラスリを付けた状態
公式スリーブを付けた状態|アルティメットガード マグネットローダー35pt
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
隙間が大きい
公式スリーブ(66×92㎜)を装着
キャラスリ(67×92㎜)を装着

インナースリーブ(64×89㎜)を付けた状態だと、横4㎜・縦6㎜ほどの隙間があります。

ポケカ公式スリーブ(66×92㎜)を付けた状態なら横2㎜・縦3㎜ほどの隙間だけなので、ジャストサイズではありませんがちょうどいいサイズ感です。このサイズなら、キャラスリ(67×92㎜)でも問題なく入ります。

カードの鎧 マグネットローダー35ptの内側の角は、カードの角がローダー内の角に当たらないようにコーナーカットされています。

角の形状|ウルトラプロワンタッチマグネットホルダー 35pt

また、開閉部分には指をひっかける“でっぱり”があります。

でっぱりがある|カードの鎧マグネットローダー35pt

他のマグネットローダーは凹んでいる部分に指をかけて開けますが、カードの鎧はこのでっぱり部分に指をかけることで簡単に開けられます。

UVカット率は96%以上なので、カードの色あせや退色をしっかりと防いでくれます。

まとめると、カードの鎧 マグネットローダー35ptは、キャラスリや公式スリーブをつけた状態で収納したい方におすすめのマグネットローダーです。

Amazonや楽天などの通販サイトで販売されていて、2個セット~12個セットまであります。入り数が多いほど1個あたりの価格が安くなるので、複数必要な場合は8個セットや12個セットで買うとお得です。

もっと詳しく知りたい方はこちら

③ALLONE マグネットカードローダー

ALLONE マグネットカードローダー
メーカー株式会社アローン
内寸サイズ64㎜×89㎜
外寸サイズ73㎜×110㎜
PT35pt
素材アクリル樹脂
UVカット※カット率99.8%
保護フィルムあり
製造中国
特徴&評価
  • UVカット率約99.8%
  • インナースリーブを付けた状態でぴったり
  • 保護フィルム付きだから初期キズがない
  • 透明度の高いアクリル製
  • トレカの角にダメージが入らない形状
  • 公式スリーブやキャラスリが入らない

ALLONE マグネットカードローダーは、UVカット率が約99.8%のマグネットローダーです。紫外線をしっかりと阻止することでカードの色あせを防ぎ、キレイな状態で長期間保管できます。

開封時は、表面と裏面に保護フィルムが貼ってあるので、初期キズの心配がないのがGOODです。

保護フィルム付き|ALLONE マグネットカードローダー

内寸サイズ・外寸サイズを計測すると、以下の通りでした。

外寸サイズ・内寸サイズ|ALLONE マグネットカードローダー
  • 内寸:64㎜×89㎜
  • 外寸:73㎜×110㎜

スタンダードサイズのカードにインナースリーブ・公式スリーブ・キャラスリを付けた状態で収納できるかを確認してみました。

インナースリーブを入れた画像

インナースリーブを付けて収納|ALLONE マグネットカードローダー
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
ジャスト
公式スリーブ(66×92㎜)を装着×
キャラスリ(67×92㎜)を装着×

上の画像の通り、インナースリーブ(64×89㎜)を付けた状態ならジャストサイズです。一方で、公式スリーブやキャラスリは入りません。

ALLONE マグネットカードローダーの素材はアクリル樹脂です。アクリル樹脂の特徴は、ガラスと同じくらい透明度が高いことです。

アクリル製で透明度が高い|ALLONE マグネットカードローダー

ALLONE マグネットカードローダーの透過率は92%で、イラストをキレイに見せることができるので、コレクション用として部屋に飾りたい方におすすめです。

その他のマグネットローダーも知りたい方は『マグネットローダーのおすすめランキング』の記事もチェックしてみてください。

サイドローダーのおすすめ

サイドローダーのおすすめ

次に、サイドローダーのおすすめを3種類紹介します。

サイドローダーのメリットは、トップローダーよりも挿入口が大きい&押し込む距離が短いので、カードの出し入れがスムーズにできるところです。

④Aclass UVカットサイドローダーレギュラー

Aclass UVカットサイドローダーレギュラー
内寸サイズ68×93㎜
外寸サイズ(実測)71×99㎜
枚数10枚
メーカーAclass
透明度
角の処理
特徴&評価
  • UVカットでカードの劣化を防げる
  • 透明度が高い
  • 角の処理がキレイ
  • 公式スリーブ・キャラスリが入る

サイドローダーで一番のおすすめは、AclassのUVカットサイドローダー レギュラーです。

このサイドローダーの特徴は、80%UVカット素材を採用している点。日光や蛍光灯などによる色褪せや劣化を軽減してくれます。

透明度については、かなりクリアです。

透明度|Aclass UVカットサイドローダーレギュラー

他のサイドローダーと比べると、Answer スライドINカードローダーに次ぐ透明度の高さでした。

角の丸みは、綺麗な弧を描いていて、キレイに裁断されています。

角の状態|Aclass UVカットサイドローダーレギュラー

UVカットサイドローダー レギュラーの内寸サイズ・外寸サイズ(実測)がこちら。

外寸サイズ・内寸サイズ|Aclass UVカットサイドローダーレギュラー
  • 内寸:68㎜×93㎜
  • 外寸:71㎜×99㎜

内寸サイズも実際に測ってみましたが、表記上の数字とぴったり同じの68㎜×93㎜でした。サイズのブレはありません。

スタンダードサイズのカードにインナースリーブ・公式スリーブ・キャラスリを付けた状態で入るのかを確認してみました。

スクロールできます
インナースリーブを入れた状態
インナースリーブを入れた状態|Aclass UVカットサイドローダーレギュラー
キャラスリを入れた状態
キャラスリを入れた状態|Aclass UVカットサイドローダーレギュラー
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
公式スリーブ(66×92㎜)を装着
キャラスリ(67×92㎜)を装着

上の通り、インナースリーブ・公式スリーブ・キャラスリのすべてを収納できました。

UVカットサイドローダー レギュラーの価格は、だいたい660円(10枚入り)です。この価格帯でUVカット素材・透明度が高い・角の処理がキレイなので、カードローダーの中ではイチオシです。迷ったらこれで間違いありません。

⑤ホビーベース NEW TCGローダー

ホビーベース NEW TCGローダー
内寸サイズ69×94㎜
外寸サイズ71.5×99㎜
枚数10枚
メーカーホビーベース
透明度
角の処理
特徴&評価
  • 保護フィルム付きで初期傷がない
  • 公式スリーブ・キャラスリが入る
  • 価格が安い
  • ローダーの紫色が濃い

ホビーベース NEW TCGローダーの特徴は、カードローダーの両面に保護フィルムが貼ってあるところ。

保護フィルムが貼ってある|ホビーベース NEW TCGローダー

保護フィルムが貼ってあることで、袋内でローダー同士がぶつかっても小さな傷がつきません。他のローダーだとたまに初期傷があるので、保護フィルム付きなら安心して購入できます。

角の裁断部分は、先ほど紹介したAclassのカードローダーほどではないもののキレイな方です。

角の状態|ホビーベース NEW TCGローダー

ローダーの色味は、やや紫っぽくなっています。

左側がホビーベース製(右は透明)

色味が紫っぽい|ホビーベース NEW TCGローダー

透明のローダーと比較してみると、カードのイラストが若干暗く見えます。

ただ、下の写真のように単体で見ると気にらないレベルです。

透明度|ホビーベース NEW TCGローダー

ホビーベース NEW TCGローダーの内寸サイズ・外寸サイズがこちら。

内寸サイズ・外寸サイズ|ホビーベース NEW TCGローダー
  • 内寸:69㎜×94㎜
  • 外寸:71.5㎜×99㎜

スタンダードサイズのカードにインナースリーブ・公式スリーブ・キャラスリを付けた状態で入るのかを確認してみました。

スクロールできます
インナースリーブを入れた画像
インナースリーブを付けた状態|ホビーベース NEW TCGローダー
キャラスリを入れた画像
キャラスリを付けた状態|ホビーベース NEW TCGローダー
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
公式スリーブ(66×92㎜)を装着
キャラスリ(67×92㎜)を装着

上の通り、どのスリーブを付けた状態でも入ります。

ホビーベース NEW TCGローダーの価格は400円(10枚)ぐらいなので、カードローダーの中ではコスパが高いです。安く手に入れたいという方におすすめのカードローダーです。

⑥Answer スライドINカードローダー

Answer スライドINカードローダー
内寸サイズ66.5×91㎜
外寸サイズ68.5×95㎜
枚数10枚
メーカーアンサー株式会社
透明度
角の処理
特徴&評価
  • 枠部分が色付き
  • クリアブラックとクリアブルーの2色がある
  • 透明度の高さはトップクラス
  • 角の処理がキレイ
  • 公式スリーブ・キャラスリが入らない

Answer スライドINカードローダーは、ローダーの枠部分が色付きになっているサイドローダーです。

色の種類は、クリアブラッククリアブルーの2色があります。

クリアブラックとクリアブルー|Answer スライドINカードローダー

外側に色がついていることで、カードを入れた時にイラストが引き締まって見えます。色ごとに使い分ければ、側面の色でカードの種類を把握することもできます。

また、枠部分は他のカードローダーと比べるとかなり細いです。

角の裁断部分は、丸みもあって綺麗な方です。

角の丸み|Answer スライドINカードローダー

透明度については、全カードローダーの中でもトップクラスです。

透明度|Answer スライドINカードローダー

先ほど紹介したAclass UVカットサイドローダー レギュラーも透明度が高いですが、比較するとスライドINカードローダーはさらにクリアに見えます。

Answer スライドINカードローダーの内寸サイズ・外寸サイズがこちら。

外寸サイズ・内寸サイズ|Answer スライドINカードローダー
  • 内寸:66.5㎜×91㎜
  • 外寸:68.5㎜×95㎜

他のカードローダーと比べると、サイズがやや小さめです。

スタンダードサイズのカードにインナースリーブ・公式スリーブ・キャラスリを付けた状態で入るのかを確認してみました。

インナースリーブを付けた状態

インナースリーブを付けた状態|Answer スライドINカードローダー
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
公式スリーブ(66×92㎜)を装着×
キャラスリ(67×92㎜)を装着×

内寸サイズが66.5×91㎜なので、インナースリーブを付けた状態にちょうどいい大きさです。ただ、公式スリーブやキャラスリは入らないので注意しましょう。

Answer スライドINカードローダーの値段は、だいたい770円(10枚入り)です。透明度を優先するなら、このサイドローダーもおすすめです。

その他のサイドローダーも知りたい方は『サイドローダーのおすすめランキング』の記事もチェックしてみてください。

トップローダーのおすすめ

トップローダーのおすすめ

トップローダーのおすすめを2種類紹介します。

トップローダーのメリットは、サイドローダーよりも挿入口が小さいので、ローダー内部にゴミや埃が入りづらいところです。

⑦Aclass UVカットトップローダーレギュラー

Aclass UVカットトップローダーレギュラー
内寸サイズ70㎜×97㎜
外寸サイズ(実測)76㎜×101㎜
枚数10枚
メーカーAclass
透明度
角の処理
特徴&評価
  • UVカットでカードの劣化を防ぐ
  • 透明度が高い
  • 角の処理がキレイ
  • 横入れよりも埃が入りにくい
  • 公式スリーブ・キャラスリが入る

トップローダーで一番のおすすめは、Aclass UVカットトップローダー レギュラーです。

サイドローダー版と同じく、UVカット機能があり、カット率は80%です。日光や蛍光灯などによる色褪せや劣化を軽減してくれます。

トップローダーなので、挿入方向は縦入れタイプです。

縦入れタイプ|Aclass UVカットトップローダーレギュラー

Aclass UVカットトップローダー レギュラーの透明度はかなり高いです。

透明度|Aclass UVカットトップローダーレギュラー

トップローダーの中で比較すると、最もクリアでした。

角の裁断部分は、とても綺麗に処理されています。

角の処理|Aclass UVカットトップローダーレギュラー

四隅とも綺麗な曲線になっているので、見た目が良いです。

Aclass UVカットトップローダー レギュラーの内寸サイズ・外寸サイズ(実測)をまとめました。

外寸サイズ・内寸サイズ|Aclass UVカットトップローダーレギュラー
  • 内寸:70㎜×97㎜
  • 外寸:76㎜×101㎜

スタンダードサイズのカードにインナースリーブ・公式スリーブ・キャラスリを付けた状態で入るのかを確認してみました。

スクロールできます
インナースリーブを入れた画像
インナースリーブを付けたポケカを入れた画像|Aclass UVカットトップローダーレギュラー
キャラスリを入れた画像
キャラスリを入れた画像|Aclass UVカットトップローダーレギュラー
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
公式スリーブ(66×92㎜)を装着
キャラスリ(67×92㎜)を装着

内寸サイズがかなり大きい方なので、公式スリーブやキャラスリでも余裕で入ります。

Aclass UVカットトップローダー レギュラーの価格は、だいたい660円(10枚入り)です。この価格帯で透明度が高い・角の処理がキレイ・UVカット付きなので、トップローダーの中ではイチオシです。そもそもUVカット付きのトップローダーは少ないので、迷ったらこれを選びましょう。

⑧ウルトラプロ トップローダープレミアム

ウルトラプロ トップローダー プレミアム
内寸サイズ(実測)70㎜×98㎜
外寸サイズ(実測)77㎜×101㎜
枚数25枚
メーカーウルトラプロ
透明度
角の処理
特徴&評価
  • 1枚あたりの価格がとても安い
  • 横入れよりも埃が入りにくい
  • 公式スリーブ・キャラスリが入る
  • 透明度が低め
  • 中でカードが動きやすい
  • 角や枠部分の品質が良くない

ウルトラプロ トップローダープレミアムは、様々なTCGサプライを販売しているウルトラプロの製品です。

このトップローダーは、品質がイマイチですが、1枚あたりの価格が安いです。

入り数は25枚も入っています。

25枚入り|ウルトラプロ トップローダー プレミアム

これだけ入って、価格は700円前後です(Amazonではもっと安い時もあります)。1枚あたりだと28円くらいなので、カードローダーの中では圧倒的に安いです。

ウルトラプロ トップローダープレミアムの透明度は、他のカードローダーと比べるとやや低めです。

透明度|ウルトラプロ トップローダー プレミアム

また、細かい部分ですが、ローダーの角の状態を見るとやや雑な裁断になっていました。

ローダーの色は、青みが強いです。

左側がウルプロ製(右は透明)

青みが強い|ウルトラプロ トップローダー プレミアム

ウルトラプロ トップローダープレミアムの内寸サイズ・外寸サイズが書かれていないので、実際に測ってみました。

内寸サイズ・外寸サイズ|ウルトラプロ トップローダー プレミアム
  • 内寸:70㎜×98㎜
  • 外寸:77㎜×101㎜

上の通り、カードローダーの中ではかなり大きい部類です。

スタンダードサイズのカードにインナースリーブ・公式スリーブ・キャラスリを付けた状態で入るのかを確認した結果がこちら。

スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
公式スリーブ(66×92㎜)を装着
キャラスリ(67×92㎜)を装着

内寸サイズが大きいので、キャラスリでも問題なく入ります。

正直、品質は微妙に感じましたが、ウルトラプロ トップローダープレミアムの良さは1枚あたりの価格の安さです。

「安さ優先」「スリーブのように気軽にたくさん使いたい」「発送用のカード保護に使いたい」といった方におすすめです。

その他のトップローダーも知りたい方は『トップローダーのおすすめランキング』の記事もチェックしてみてください。

フルプロテクトスリーブのおすすめ

フルプロテクトスリーブ

最後に、フルプロテクトスリーブを紹介します。

⑨TCGフルプロテクトスリーブ

河島製作所 TCG フルプロテクトスリーブ
メーカー河島製作所
内寸サイズ66×92㎜
外寸サイズ71×96㎜
入り数3枚
素材ポリカーボネート
UVカット※85%カット
製造日本
特徴&評価
  • 厚みが薄いから収納スペースを取らない
  • 透明度が高い
  • 埃やゴミの侵入を防げる
  • UVブロック率85%
  • 公式スリーブにジャストサイズ
  • 重厚感や高級感はない

TCGフルプロテクトスリーブを使ったことがない方に分かりやすく伝えるとすると、マグネットローダーからマグネットを取って、厚みを薄くしたカードケースです。

入り数は、3枚入りです。

3枚入り|フルプロテクトスリーブ

1枚のフルプロテクトスリーブは、カバートレーで構成されています。

カバーとトレー|フルプロテクトスリーブ

カードを収納する時は、トレー側にカードをのせます。

カバーを上から被せて、側面のかみ合わせがはまってカチッと音が鳴ったら収納完了です。

カバーを被せる|フルプロテクトスリーブ

TCGフルプロテクトスリーブ レギュラーサイズの外寸サイズと内寸サイズがこちら。

フルプロテクトスリーブのサイズ
  • 内寸:66㎜×92㎜
  • 外寸:71㎜×96㎜

スタンダードサイズのカードにインナースリーブ・公式スリーブ・キャラスリを付けた状態でも入るかを確認しました。

スクロールできます
インナースリーブを入れた状態
インナースリーブを収納|フルプロテクトスリーブ
公式スリーブを入れた状態
ポケカ公式スリーブを収納|フルプロテクトスリーブ
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
公式スリーブ(66×92㎜)を装着
ジャスト
キャラスリ(67×92㎜)を装着×

上の画像の通り、インナースリーブだと横2㎜・縦3㎜の隙間がありますが、気になるほどではありません。ポケカ公式スリーブだと全く隙間のないジャストサイズです。ただ、キャラスリ(67×92㎜)だとギリギリ入りません。

フルプロテクトスリーブの良い点は、マグネットローダーよりも収納スペースを取らないことです。

フルプロテクトスリーブの厚みは3㎜で、一般的なマグネットローダーの厚みはだいたい7~10㎜ぐらいです。

実際に、フルプロテクトスリーブとマグネットローダーを6枚ずつ重ねて厚みを比較してみました。

フルプロテクトスリーブとマグネットローダーの厚みを比較

上の通り、フルプロテクトスリーブの厚みはマグネットローダーの半分以下です。収納ケースに保管する場合でも、フルプロテクトスリーブの方が圧倒的に多く収納できます。

一方で、マグネットローダーの方が分厚くて重厚感あるので、見栄えという点ではどうしてもマグネットローダーよりも劣ります。部屋に飾る用としてなら、マグネットローダーを選びましょう。

ただ、TCGフルプロテクトスリーブは1枚当たりの価格がマグネットローダーよりも安いので、「マグネットローダーが欲しいけどちょっと高いな…」という方におすすめです。

もっと詳しく知りたい方はこちら

最後に:飾りたい場合はカードスタンドを使おう

以上が、カードローダーのおすすめの徹底紹介でした。

お気に入りのカードを飾りたい場合は、カードローダーなどが立てられるカードスタンドを使いましょう。

カードスタンド

カードスタンド

マグネットローダーを立てる

お気に入りのトレカをカードスタンドで飾る

上のような感じで、カードローダーをスタンドに立てれば、お気に入りのトレカを部屋に飾れます。

カードスタンドに興味がある方は『マグホが飾れる!トレカスタンドのおすすめランキング』の記事をご覧ください。

関連記事

4日間限定の特別セール開催中!

\ 最大8%ポイントアップ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次