ワンピースカードにおすすめのカードローダー4種類

ワンピースカードにおすすめのカードローダー4種類
  • URLをコピーしました!

4日間限定の特別セール開催中!

\ 最大8%ポイントアップ /

ワンピースカードゲームをしっかりと保護したい!という方に向けて、ワンピースカードにおすすめのカードローダー4種類を徹底紹介します。

カードローダーの種類によって、保護力や見栄えの良さ、1枚あたりの価格などが異なるので、記事の内容を参考にしてあなたに合うタイプのカードローダーを選んでみてください。

目次

カードローダーの種類

ワンピースカードゲームにおすすめのカードローダーを紹介する前に、カードローダーの種類について解説します。

カードローダーは、以下の4種類に分けられます。

カードローダー4種類
  • マグネットローダー:トレイとカバーを磁石で留めるタイプ。
  • サイドローダー:カードを横から入れるタイプ
  • トップローダー:カードを上部から入れるタイプ
  • フルプロテクトスリーブ:トレイとカバーを側面の凹凸を合わせて留めるタイプ。(河島製作所の商標)

ワンピースのカードをガッチリ保護したい方には、マグネットローダーがおすすめです。保護力や見栄えの良さ、カードの入れやすさなど性能面が優れています。ワンピカードを見栄えよくを飾りたい方にも向いています。ただ、1枚あたりの価格は高めです。

マグネットローダーのような性能でもう少し安く手に入れたい方は、フルプロテクトスリーブを選びましょう。マグネットは付いていませんが、カードをカバーとトレイで挟み込むタイプです。

なるべくコストを抑えたい方は、サイドローダートップローダーがおすすめです。1枚あたりだいたい30~70円なので、マグネットローダーやフルプロテクトスリーブよりも安く手に入ります。

ワンピースにおすすめのカードローダー

ワンピースカードを入れたカードローダー

ここからは、ワンピースカードゲームに合うカードローダー4種類のおすすめを紹介します。

①マグネットローダー

アルティメットガードマグネットローダー35pt
商品名アルティメットガード マグネットローダー 35pt
メーカーUltimate Guard
内寸サイズ64㎜×89㎜
外寸サイズ73㎜×110㎜
PT35pt
素材プラスチック
UVカット
保護フィルムなし
製造中国
特徴&評価
  • インナースリーブを付けた状態でぴったり
  • 磁力がとても強い
  • 価格が安め
  • トレカの角にダメージが入らない形状
  • UVカットでトレカの劣化を防ぐ
  • ワンピース公式スリーブが入らない

アルティメットガード マグネットローダー 35ptは、アメリカの有名なトレカサプライメーカー“Ultimate Guard社”の製品です。

外寸サイズと内寸サイズがこちら。

アルティメットガード マグネットローダー 35ptのサイズ
  • 内寸:64㎜×89㎜
  • 外寸:73㎜×110㎜

ワンピースカードにインナースリーブ・ONE PIECEオフィシャルカードスリーブを付けた状態で収納できるかを確認してみました。

インナースリーブを付けた画像

ワンピースカードゲームを入れたマグネットローダー
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
ジャスト
公式スリーブ(67×92㎜)を装着×

上の画像の通り、インナースリーブ(64×89㎜)を付けた状態なら縦横に隙間のないジャストサイズです。

ただ、ONE PIECEオフィシャルカードスリーブはスリーブサイズが大きくて収納できませんでした。

ケース内の角の形状は、四隅にくぼみがあって、カードの角がローダー内の角に当たらないようになっています。

角の形状|アルティメットガードマグネットローダー35pt

また、ケースにはカードを紫外線から保護するUVプロテクションが施されているので、ワンピースカードの日焼け対策もバッチリです。

まとめると、アルティメットガード マグネットローダーは、ワンピースカードを守るために必要な機能が十分に備わっているマグネットローダーです。インナースリーブを付けた状態なら超ぴったりなので見た目がとても良いです。価格も1枚あたり350円弱で売られていることが多いので、コスパも良い商品です。

インナースリーブを装着した状態で保管する方には、アルティメットガードマグネットローダーがイチオシです。

1個・3個・10個セットなどがあります

Ultimate Guard(アルティメットガード)

ワンピース公式スリーブが入るものなど、他のマグネットローダーも知りたい方は『マグネットローダーのおすすめランキング』の記事もチェックしてみてください。

②フルプロテクトスリーブ

河島製作所 TCG フルプロテクトスリーブ
商品名TCGフルプロテクトスリーブ
メーカー河島製作所
内寸サイズ66×92㎜
外寸サイズ71×96㎜
入り数3枚
素材ポリカーボネート
UVカット※85%カット
製造日本
特徴&評価
  • 厚みが薄いから収納スペースを取らない
  • 透明度が高い
  • 埃やゴミの侵入を防げる
  • UVブロック率85%
  • 重厚感や高級感はない
  • ワンピース公式スリーブが入らない

TCGフルプロテクトスリーブを使ったことがない方に分かりやすく伝えるとすると、マグネットローダーからマグネットを取って、厚みを薄くしたカードローダーです。

入り数は、3枚入りです。

3枚入り|フルプロテクトスリーブ

1枚のフルプロテクトスリーブは、カバートレーで構成されています。

カバーとトレー|フルプロテクトスリーブ

カードを収納する時は、トレー側にカードをのせます。

カバーを上から被せて、側面のかみ合わせがはまってカチッと音が鳴ったら収納完了です。

カバーを被せる|フルプロテクトスリーブ

TCGフルプロテクトスリーブ レギュラーサイズの外寸サイズと内寸サイズがこちら。

フルプロテクトスリーブのサイズ
  • 内寸:66㎜×92㎜
  • 外寸:71㎜×96㎜

ワンピースカードにインナースリーブ・ONE PIECEオフィシャルカードスリーブを付けた状態でも入るかを確認しました。

インナースリーブを付けた画像

ワンピースカードゲームを入れたフルプロテクトスリーブ
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
公式スリーブ(67×92㎜)を装着×

上の画像の通り、インナースリーブだと横2㎜・縦3㎜の隙間がありますが、気になるほどではありません。一方で、ワンピース公式スリーブはギリギリ入りませんでした。

フルプロテクトスリーブの良い点は、マグネットローダーよりも収納スペースを取らないことです。

フルプロテクトスリーブの厚みは3㎜で、一般的なマグネットローダーの厚みはだいたい7~10㎜ぐらいです。

実際に、フルプロテクトスリーブとマグネットローダーを6枚ずつ重ねて厚みを比較してみました。

フルプロテクトスリーブとマグネットローダーの厚みを比較

上の通り、フルプロテクトスリーブの厚みはマグネットローダーの半分以下です。収納ケースに保管する場合でも、フルプロテクトスリーブの方が圧倒的に多く収納できます。

一方で、マグネットローダーの方が分厚くて重厚感あるので、見栄えという点ではどうしてもマグネットローダーよりも劣ります。ワンピースカードを部屋に飾るなら、マグネットローダーを選びましょう。

ただ、TCGフルプロテクトスリーブは1枚当たりの価格がマグネットローダーよりも安いので、「マグネットローダーが欲しいけどちょっと高いな…」という方におすすめです。

もっと詳しく知りたい方はこちら

③サイドローダー

Aclass UVカットサイドローダーレギュラー
商品名UVカットサイドローダー レギュラー
メーカーAclass
内寸サイズ68×93㎜
外寸サイズ(実測)71×99㎜
枚数10枚
透明度
角の処理
特徴&評価
  • UVカットでカードの劣化を防げる
  • 透明度が高い
  • 角の処理がキレイ
  • ワンピース公式スリーブが入る

サイドローダーのイチオシは、AclassのUVカットサイドローダー レギュラーです。

挿入方向は横入れタイプです。

横入れタイプ|Aclass UVカットサイドローダー レギュラー

このサイドローダーの特徴は、80%UVカット素材を採用しているところ。日光や蛍光灯などによる色褪せや劣化を軽減してくれます。

角の丸みは、美しい弧を描いていて、キレイに裁断されています。

角の状態|Aclass UVカットサイドローダーレギュラー

UVカットサイドローダー レギュラーの内寸サイズ・外寸サイズ(実測)がこちら。

外寸サイズ・内寸サイズ|Aclass UVカットサイドローダーレギュラー
  • 内寸:68㎜×93㎜
  • 外寸:71㎜×99㎜

内寸サイズも実際に測ってみましたが、表記上の数字とぴったり同じの68㎜×93㎜でした。サイズのブレはありません。

ワンピースカードにインナースリーブとONE PIECEオフィシャルカードスリーブを付けた状態で入るのかを確認してみました。

スクロールできます
インナースリーブを入れた状態
インナースリーブを入れたワンピースカード|サイドローダー
公式スリーブを入れた状態
ワンピース公式スリーブを入れた画像|サイドローダー
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
公式スリーブ(67×92㎜)を装着

上の通り、インナースリーブでもワンピース公式スリーブでも収納可能でした。

UVカットサイドローダー レギュラーの価格は、だいたい660円(10枚入り)です。この価格帯でUVカット素材・透明度が高い・角の処理がキレイなので、ワンピース用のサイドローダーで迷ったらこれで間違いありません。

その他のサイドローダーも知りたい方は『サイドローダーのおすすめランキング』の記事もチェックしてみてください。

④トップローダー

Aclass UVカットトップローダーレギュラー
内寸サイズ70㎜×97㎜
外寸サイズ(実測)76㎜×101㎜
枚数10枚
メーカーAclass
透明度
角の処理
特徴&評価
  • UVカットでカードの劣化を防ぐ
  • 透明度が高い
  • 角の処理がキレイ
  • 横入れよりも埃が入りにくい
  • ワンピース公式スリーブが入る

トップローダーで一番のおすすめは、Aclass UVカットトップローダー レギュラーです。

サイドローダー版と同じく、UVカット機能があり、カット率は80%です。日光や蛍光灯などによる色褪せや劣化を軽減してくれます。

トップローダーなので、挿入方向は縦入れタイプです。

縦入れタイプ|Aclass UVカットトップローダー レギュラー

角の裁断部分は、とても綺麗に処理されています。

角の処理|Aclass UVカットトップローダーレギュラー

四隅とも綺麗な曲線になっているので、見た目が良いです。

Aclass UVカットトップローダー レギュラーの内寸サイズ・外寸サイズ(実測)をまとめました。

外寸サイズ・内寸サイズ|Aclass UVカットトップローダーレギュラー
  • 内寸:70㎜×97㎜
  • 外寸:76㎜×101㎜

ワンピースカードにインナースリーブ・ONE PIECEオフィシャルカードスリーブを付けた状態で入るのかを確認してみました。

スクロールできます
インナースリーブを入れた画像
インナースリーブを入れたワンピースカード|トップローダー
公式スリーブを入れた画像
ONE PIECEオフィシャルカードスリーブを入れた画像|トップローダー
スタンダードサイズの収納可否
インナースリーブ(64×89㎜)を装着
公式スリーブ(67×92㎜)を装着

内寸サイズがかなり大きい方なので、ワンピース公式スリーブでも余裕で入ります。

Aclass UVカットトップローダー レギュラーの価格は、だいたい660円(10枚入り)です。この価格帯で透明度が高い・角の処理がキレイ・UVカット付きなので、トップローダーの中ではイチオシです。そもそもUVカット付きのトップローダーは少ないので、トップローダーで迷ったらこれでOKです。

その他のトップローダーも知りたい方は『トップローダーのおすすめランキング』の記事もチェックしてみてください。

最後に:ワンピカードを飾るならスタンドを使おう

以上が、ワンピースカードゲームにおすすめのカードローダー紹介でした。

ワンピースカードを飾りたい場合は、カードローダーなどが立てられるカードスタンドを使いましょう。

カードスタンド

カードスタンド

マグネットローダーを立てる

ワンピースカードゲームを飾った画像

上のような感じで、カードローダーをスタンドに立てれば、お気に入りのワンピカードを部屋に飾れます。

カードスタンドに興味がある方は『マグホが飾れる!トレカスタンドのおすすめランキング』の記事をご覧ください。

関連記事

4日間限定の特別セール開催中!

\ 最大8%ポイントアップ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次