MENU

【徹底レビュー】やのまん コレクションカードバインダー9ポケット

【徹底レビュー】やのまん コレクションカードバインダー9ポケット
  • URLをコピーしました!

この記事では、やのまん コレクションカードバインダー9ポケットを徹底レビューします。

このバインダーの特徴は「シートを追加できるリング式」「フラップ付きシート」「価格の安さ」です。

良いところだけでなく、微妙に感じた点も正直に書いているので、購入するか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

やのまん(Yanoman)
¥927 (2022/06/22 17:10時点 | Amazon調べ)
やのまん(Yanoman)
¥294 (2022/06/22 22:31時点 | Amazon調べ)
目次

やのまん コレクションカードバインダー9ポケットの基本情報

まずは、やのまんコレクションカードバインダー9ポケットの基本情報をまとめました。

閉じた状態

やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

開いた状態

開いた状態|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット
商品名やのまん コレクションカードバインダー9ポケット
バインダータイプシート追加式
シート入り数9ポケット×6枚
両面収納 or 片面収納片面収納
外寸サイズ※実寸310㎜×256㎜
ポケット内寸※実寸67㎜×95㎜
材質紙製
リング4個(プラスチック製)
カードの入れ方縦入れ
カラーバリエーション1色

やのまんカードバインダーのサイズ

やのまんコレクションカードバインダー9ポケットの実寸サイズは、縦310㎜×横256㎜です。

ファイルサイズ|やのまんコレクションカードバインダー

やのまんカードバインダーの背幅を測ると38㎜でした。

厚み|やのまんコレクションカードバインダー

この大きさなら、一般的なリュック・鞄に入れて持ち運べます。

リュックに入る|やのまんコレクションカードバインダー

やのまんカードバインダーの材質

やのまんコレクションカードバインダー9ポケットの表紙は紙製です。

ザラザラした紙製|やのまんコレクションカードバインダー

同じ紙製のカードバインダーでもツルツルなものもありますが、やのまんコレクションカードバインダーの手触りはザラザラしていて上質な感じがします。ただ、合皮製のバインダーと比べると強度は低めです。

また、表紙には英語で「TRADING CARD SUPPLY SERIES COLLECTION CARD BINDER NINE POCKETS」と銀文字で書いてあります。

やのまんカードバインダーのリング

やのまんコレクションカードバインダーはシートをプラスチック製リング4個で留めます。

プラスチック製リング|やのまんコレクションカードバインダー

以前は金属製でしたが、現在はプラスチック製に切り替わっています。プラスチック製だと強度が低く感じますし、安っぽく見えるので、個人的には金属製の方が好きです。

リングを開ける時は、指2本で2個のリングをつまむようにして内側に押すことで開けられます。

リングの開け方|やのまんコレクションカードバインダー

2個のリングを2回押さなければならないのが若干面倒です。

やのまん(Yanoman)
¥927 (2022/06/22 17:10時点 | Amazon調べ)

やのまんカードバインダーのシート

やのまんコレクションカードバインダーには、やのまん 9ポケットカードシートが6枚付いています。

カードが落ちないフラップ付きシート

やのまん9ポケットカードシートの魅力は、ポケットの口部分をカバーするフラップが付いていること。

フラップ付きシート|コレクションカードバインダー

フタの役割をする「フラップ」があるので、ファイルを逆さにしても絶対にカードが落ちませんし、上から埃やゴミが侵入しづらいです。

フラップ付きだと取り出すときが少し手間ですが、カードの状態をキレイに保ちたい方にはおすすめのシートです。

シートを追加したい場合は、別売りの『やのまん9ポケットカードシート(8枚入り)』を購入しましょう。僕は他のファイルにも使っています。

やのまん(Yanoman)
¥294 (2022/06/22 22:31時点 | Amazon調べ)

ポケット配列は3列×3行

やのまん9ポケットカードシートのポケット配列は、3列×3行です。

ポケット配列|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

また、カードを入れる方向は縦方向で、片側からのみ入れられる片面収納です。

ポケットサイズ

やのまん9ポケットカードシートのポケットサイズを測ると縦95㎜×横67㎜でした。

ポケットサイズ|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

レギュラーサイズ(多重スリーブ)を入れる

レギュラーサイズ(88×63㎜)のカードをスリーブ無し・1重スリーブ・2重スリーブ・3重スリーブ状態で収納できるかを検証してみます。

以下のTCGは全てレギュラーサイズ(スタンダードサイズ)です。

MTG / デュエルマスターズ / ポケモンカードゲーム / Reバース for you / デジモンカードゲーム / Shadowverse EVOLVE / ヴァイスシュヴァルツ / WIXOSS など。

今回はレギュラーサイズ(88×63㎜)のポケモンカードゲームを使って、スリーブ有り無しでの収納感をチェックしてみます。

スリーブ無し(88×63㎜)

レギュラーカードを入れた写真|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

1重スリーブ(89×64㎜)

レギュラーカード(1重スリーブ)を入れた写真|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

2重スリーブ(91×66㎜)

レギュラーカード(2重スリーブ)を入れた写真|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

3重スリーブ(93×68.5㎜)

レギュラーカード(3重スリーブ)を入れた写真|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

レギュラーサイズの場合は、スリーブ無し・1重スリーブ状態なら余裕で入ります。

2重スリーブ(91×66㎜)になると、かなりキツいですが、ギリギリ入るサイズ感です。

一方で、3重スリーブ(93×68.5㎜)だと入りませんでした。

レギュラーサイズの多重スリーブ構成については『ポケカにおすすめの2重・3重スリーブ構成』で詳しく解説しています。レギュラーサイズのスリーブで迷っている方は参考にしてみてください。

スモールサイズ(多重スリーブ)を入れる

次に、スモールサイズ(86×59㎜)のカードをスリーブ無し・1重スリーブ・2重スリーブ・3重スリーブ状態で収納してみます。

以下のTCGは全てスモールサイズ(ミニサイズ)です。

遊戯王OCG / 遊戯王ラッシュデュエル / バトルスピリッツ / ヴァンガード など。

今回はスモールサイズ(86×59㎜)の遊戯王を使って、スリーブ有り無しでの収納感をチェックしてみます。

スリーブ無し(86×59㎜)

スモールサイズカードを入れた写真|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

1重スリーブ(87×60㎜)

スモールサイズカード(1重スリーブ)を入れた写真|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

2重スリーブ(89×62㎜)

スモールサイズカード(2重スリーブ)を入れた写真|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

3重スリーブ(91.5×65㎜)

スモールサイズカード(3重スリーブ)を入れた写真|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

スモールサイズの場合は、3重スリーブ(91.5×65㎜)でも入りました。

逆に「スリーブ無しだと隙間がありすぎて心配…」という方もいるかもしれませんが、フラップ付きなのでカードがポロポロ落ちるといったことはありません。

ちなみに、スモールサイズの多重スリーブ構成については『遊戯王におすすめの2重・3重スリーブ構成』で詳しく解説しています。スモールサイズのスリーブで迷っている方は参考にしてみてください。

やのまんカードバインダーの評価

最後に、やのまんコレクションカードバインダー9ポケットの「メリット・デメリット」や「他社製品との比較」をまとめました。

メリット・デメリット

やのまんコレクションカードバインダー9ポケットを実際に使って感じたメリット&デメリットがこちら。

良い点微妙な点
カードが落ちないフラップ付き
ポケット内にゴミが入りづらい
シートが追加できる
価格が安い
取り出すときにフラップが邪魔
シートがリングに引っかかってめくりづらい
リングがプラスチック製で安っぽく見える
片面収納
紙製
レギュラーサイズだと3重スリーブが入らないことがある

良い点は、やはりフラップ付きのカードシートです。フラップなしのシートだと反対向きにしたときにカードがバラバラ落ちることがありますが、このフラップ付きシートならカードが落ちないので安心です。フラップがあることで、ポケット内部に埃やゴミが入りづらいのも良いところ。

ただ、フラップ付きはデメリットもあって、カードを取り出すときにフラップを持ち上げてから取り出さないといけないので、これが少し面倒です。

また、リング式のカードファイル全般に言えることですが、複数枚のシートをめくろうとすると、シートがリングの隙間に引っかかってめくりにくいです。

シートがリングの隙間にひっかかる|リング式のカードバインダー

どのリング式バインダーを使っても、同じようにシートがひっかかるので、最近はリング式バインダーをあまり使わなくなりました…。

シートを追加していけるのはとても魅力的ですが、使い勝手が悪く感じるので、個人的にはリングのないシート固定式の方が好みです。

やのまん(Yanoman)
¥927 (2022/06/22 17:10時点 | Amazon調べ)

他社製の9ポケットバインダーと比較

次に、他社製の9ポケットカードバインダーと比較してみました。

9ポケットカードバインダーと比較

写真の左側から順に下記のファイルです。

4つのカードバインダーの特徴と個人的評価を一覧表にしてまとめました。表の「保護能力・落ちにくさ・シートの強度・持ち運びやすさ・デザイン」は、実際に使ってみて感じた個人的な評価です。

スクロールできます
やのまんエポックアルティメット
ガード
ウルトラプロ
画像やのまんコレクションカードバインダー9ポケットエポック9ポケットカードバインダーアルティメットガード 9ポケットバインダーウルトラプロ 9ポケットバインダー
シートタイプシート追加シート追加シート固定シート固定
収納タイプ片面収納片面収納両面収納両面収納
収納枚数360枚360枚
開閉部分ジッパー式ゴムバンド式
ポケットの向き縦入れ縦入れ横入れ横入れ
ポケットサイズ67×95㎜68×94㎜70×97㎜70×96㎜
カラー1色1色6色12色
保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン

個人的なおすすめは、シート固定式のアルティメットガード製かウルトラプロ製です。

アルティメットガード9ポケットバインダー(両面18ポケット)ジッパー式でカードを完璧に保護できるのが魅力です。

ウルトラプロ9ポケットEclipseプロバインダー(両面18ポケット)ゴムバンド付きでカードを落ちにくいようになっているのが良いところです。また、どちらも両面収納&大容量タイプ(360枚収納)というのもGOODです。

エポックトレーディングカードバインダーは今回紹介したファイルと同じリング式ですが、シートが最大70枚もとじれる大容量タイプです。9ポケット×70枚で630枚も入ります。1冊で大量のカードを収納したい方におすすめです。

最後に:安さが魅力のシート追加式ファイル

以上が、やのまんコレクションカードバインダー9ポケットの徹底レビューでした。

やのまんのカードバインダーは、価格の安さが魅力のカードファイルです。フラップ付きシート入りというのが一番の特徴で、カードが落ちる心配がないのが良いところ。

とはいえ先ほども書いたように、リング式はリングの隙間にシートが引っかかるのがかなりストレスです…。個人的には、シート固定式の9ポケットファイルの方が断然おすすめです。

他の9ポケットバインダーもレビューしているので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

やのまん(Yanoman)
¥927 (2022/06/22 17:10時点 | Amazon調べ)
やのまん(Yanoman)
¥294 (2022/06/22 22:31時点 | Amazon調べ)

9ポケットバインダーの関連記事

▽UltimateGuard 9ポケットバインダー(両面18ポケット)

▽ウルトラプロ 9ポケットバインダー(両面18ポケット)

▽エポック 9ポケットトレーディングカードバインダー

▽アクラス 9ポケットカードアルバム

4ポケットバインダーの関連記事

▽ウルトラプロ4ポケットバインダー(両面8ポケット)

▽UltimateGuard 4ポケットバインダー(両面8ポケット)

トレカ買取サービスのおすすめ!

トレカ買取サービスランキング

カードを売ってお金に変えたい方は、トレカ買取サービスを利用するのがおすすめです。

僕はこれまで様々なトレカ買取サービスを利用した経験から『トレカ買取サービスのおすすめランキング』を作りました。買取サービスにはそれぞれ「発送が楽」「買取金額が高め」「査定が早い」などの特徴があるので、買取サービスを使ったことがない方はぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる