MENU

トレカファイル・バインダーのおすすめランキング15選(4・9・12ポケット)

トレカファイル・バインダーのおすすめランキング15選
  • URLをコピーしました!

トレーディングカード用ファイルはどれも似たように見えて実は色んなタイプがあって、「シート固定式 or リングタイプ」「両面収納 or 片面収納」「縦入れ or 横入れ」「ジッパー付き or ゴムバンド付き」など様々な違いがあります。

そのため、ファイル選びをしていてもどれを選んでいいのかわからなくなる方が多いと思います。

そこで、今回は、僕がこれまで使い込んできたファイルの中から、トレカバインダーのおすすめランキング15選(9ポケット・12ポケット・4ポケット)を徹底紹介します。

今回紹介する15種類のカードバインダーは全て実際に自分で使ったことがあるものなので、できる限りフラットな目線で比較してランキング順位を付けました。また、各ファイルは「保護能力・落ちにくさ・シート強度・持ち運びやすさ・デザイン」などの項目を5段階評価しているので参考にしてみてください。

さっそくおすすめランキングをチェックしたいという方は、下記のページ内リンクから飛んでください。

▽9ポケットファイルのおすすめ紹介

▽4ポケットファイルのおすすめ紹介

目次

カードファイル選びで絶対に確認すべきポイント4つ

トレカファイルを購入する前に確認するべきポイント

まずは、トレカファイル選びで絶対に確認すべきポイント4つを紹介します。

どうでもよさそうなポイントでも後から知って後悔することがあるので、購入前には必ずチェックしてください。

①ポケット内寸

トレカファイル

基本的にトレカバインダーは遊戯王などのミニサイズやポケカなどのレギュラーサイズが入る大きさになっていますが、ポケットサイズによってはスリーブを付けた状態で入るもの・入らないものがあります。

僕は、デッキから抜いたり、すぐに入れたりするカードはスリーブを付けた状態でファイルに入れるので、大きめのポケットサイズ(70×97㎜)を選ぶようしています。

キャラスリ・無地スリーブ・オーバースリーブなどを付けた状態で収納することがある方は、ポケット内寸を必ずチェックしましょう。

公式情報では内寸サイズが載っていないことが多いので、今回紹介するファイルは全て僕が実際に測ったポケットサイズを載せています。

②シート固定 or リングタイプ

トレカファイルは大きく分けると「シートが固定されたタイプ」「後からシートが追加できるリングタイプ」の2種類があります。違いはリングの有り無しです。

シート固定式・リング式|トレカバインダー

リングタイプは自分が必要な分だけシートを追加できるのがメリットですが、一方で、リングの隙間にシートが引っかかってめくりづらいというデメリットがあります。

僕の経験上では、安価なファイルやプラスチック製のものはリングのかみ合わせがあまいことが多かったです。そのため、僕はスムーズにめくれるシート固定式をメインに使っています。

リングタイプを選ぶ場合は、リングのかみ合わせがしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

③両面収納 or 片面収納

カードバインダーのシートには、両面収納タイプ片面収納タイプがあります。

両面タイプは表面と裏面にポケットがあるので、9ポケットタイプなら1シートに18枚収納できます。

両面にポケットがある|アルティメットガード9ポケットバインダー

両面タイプなら収納量が片面の倍になるので、当然ですが両面収納タイプの方がおすすめです。ただ、ファイルの値段は片面収納タイプの方が安いです。

ちなみに、片面収納シートにカードを複数枚入れるのはおすすめしません。理由は、カード同士に傷がつく原因になったり、ポケットが広がって緩くなる可能性があるからです。

④縦入れ or 横入れ

カードを入れる方向は「縦入れタイプ」と「横入れタイプ」があります。以前は縦入れタイプばかりでしたが、最近では横入れタイプも増えてきています。

横入れタイプのメリットは、ポケットの口が大きいのでカードの出し入れがスムーズにできるところ。

また、スリーブを付けた状態なら、ポケットの口から埃やゴミが入ってきたとしてもスリーブの側面でガードできるので、埃やゴミがカードに接触しにくいのも良いところ。(縦入れタイプの場合、スリーブの口とポケットの口の方向が一致するとスリーブ内にゴミや埃が入りやすい)

※赤線がポケット、青線がスリーブ

横入れタイプと縦入れタイプの違い|カードバインダー

そのため、カードの抜き差しのしやすさ・スリーブ内へのごみの入りづらさの点で、個人的には横入れタイプがおすすめです。

【スタンダード】9ポケットカードバインダーのおすすめ

まずは、9ポケットカードバインダーのおすすめランキングを紹介します。

最もスタンダードな大きさで、持ち運び用にも自宅保管用にもなるので、ポケット数で迷ったらまずは9ポケットを選ぶのがおすすめです。

紹介しているファイルは全て詳細なレビュー記事も書いているので、気になるファイルがありましたらレビューもチェックしてみてください。

12ポケット・4ポケットのおすすめをチェックしたい方は下記のリンクから記事後半に飛べます。

>>12ポケットファイルのおすすめ
>>4ポケットファイルのおすすめ

1位:Ultimate Guard 9ポケットバインダー

アルティメットガード9ポケットバインダー(Ultimate Guard QuadRow 18-pocket ZipFolio XenoSkin)

開いた状態

開いた状態|Ultimate Guard 9ポケットバインダー

バインダー情報

タイプシート固定式
サイズ※実寸縦353×横258×厚み40㎜
最大収納枚数360枚
両面収納 or 片面収納両面収納
(片面9枚・両面18枚)
ポケット内寸※実寸97㎜×70㎜
カードの挿入方向横入れ
素材XenoSkin素材
カラー6色
その他ジッパー式

個人的評価

保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン
メリットデメリット
360枚収納できる
ジッパー式だからカードが落ちない
傷に強い頑丈な素材
両面収納できる
凹凸加工でカードが滑り落ちにくい
横入れだから、カードを入れやすい&スリーブの口からゴミが入りづらい
オーバースリーブでも収納可
9ポケットタイプにしては大きい
価格が高め

9ポケットバインダーで一番のおすすめは、様々な高品質トレカサプライを販売しているアルティメットガード社の9ポケットバインダーです。

アルティメットガード9ポケットバインダーは、カードファイルとしては珍しいジッパー式になっています。

ジッパー式|Ultimate Guard9ポケットバインダー

ジッパー式の良い点は、ファイル内へのゴミやほこりの侵入を防げるポケットから飛び出したカードの落下防止になるところ。ジッパーのないオープンなカードファイルと比べると安心感が段違いです!

表紙の素材は、アルティメットガード社独自のXenoSkin素材。触った印象は「硬い合皮調」といった感じで、傷に強くてとても頑丈です。

XENOSKIN素材|Ultimate Guard9ポケットバインダー

シートは、表面・裏面の両面にポケットがついた両面収納タイプで、全20ページに360枚入ります。9ポケットバインダーのシート固定式では最高レベルの収納量です。

そして、カードの挿入方向は横入れタイプ

横入れタイプ|Ultimate Guard 9ポケットバインダー

先ほど解説した通り、横入れタイプは、カードの出し入れがスムーズスリーブ装着時に埃やゴミがカードに触れにくいのがメリット。

また、その他にもポケットサイズが大きめでオーバースリーブを付けた状態でも入る点や、シートに凹凸加工があってカードが滑り落ちにくい点もGOODです。

デメリットとしては、他の9ポケットバインダーと比べて大きめなこと。とはいえ、標準的なリュックに入るので個人的には全く問題ありませんし、ジッパー式の安心感と引き換えだと思うと大したことではありません。

まとめると、アルティメットガード9ポケットバインダートレカファイルに求める要素が全て詰まったような最高峰の9ポケットバインダーです。今使っているファイルに不満がある方や高品質なトレカバインダーを探している方はぜひ一度使ってみてください!

>>Ultimate Guard 9ポケットバインダーのレビュー

アルティメットガードの9ポケットタイプは通販サイトによっては「18ポケットバインダー」と表記されていることがあります。

「ちょっと価格が高い」「もう少し安く手に入れたい」という方は、アルティメットガード製に似ている『PAKESIスターカードカードファイル9ポケット』を手に入れるのもアリです。Amazonの売れ筋カードファイルで、ジッパー式・両面収納・横入れタイプ・360枚収納などアルティメットガードとほぼ同じ機能を備えています。

2位:UltraPro 9ポケットEclipseバインダー

ウルトラプロ 9ポケットイクリプスプロバインダー(Ultra Pro 9-Pocket Eclipse PRO-Binder)

開いた状態

開けた状態|ウルトラプロ 9ポケットイクリプスプロバインダー

バインダー情報

タイプシート固定式
サイズ※実寸縦306×横245×厚み26㎜
最大収納枚数360枚
両面収納 or 片面収納両面収納
(片面9枚・両面18枚)
ポケット内寸※実寸96㎜×70㎜
カードの挿入方向横入れ
素材非PVC(ACID FREE)
カラー12色
その他ゴムバンド式

個人的評価

保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン
メリットデメリット
360枚収納できる
ゴムバンド付きでファイルが開かない
両面収納できる
凹凸加工でカードが滑り落ちにくい
横入れだから、カードを入れやすい&スリーブの口からゴミが入りづらい
3重スリーブも収納可能
※特になし

ウルトラプロ9ポケットEclipseプロバインダーも、先ほど紹介したアルティメットガード製バインダーと同じく、360枚収納・両面収納・横入れタイプ・カードが滑り落ちにくい凹凸加工などの充実した機能を備えた高品質カードファイルです。

360枚収納・両面収納・横入れタイプ|ウルトラプロ 9ポケットEclipseプロバインダー

アルティメットガードとの大きな違いは、ファイルが勝手に開いてしまうのを防ぐゴムバンド付きになっているところ。

ゴムバンド付き|ウルトラプロ 9ポケットイクリプスプロバインダー

ゴムバンドが付いていることで、持ち運び時にリュックやカバンの中でぶわーっと開いてしまうことがありませんし、棚に保管する時も収まりが良いです。また、ゴムバンドで押さえられることで、カードが落ちづらくなるのも安心できるポイントです。

ジッパー式のアルティメットガードバインダーと比べるとカード保護能力では劣るものの、アルティメットガードよりもコンパクトで価格が安いのが魅力です。正直デメリットらしいデメリットもないので、「アルティメットガードバインダーが欲しいけどちょっと高い…」「お手頃価格の高品質なカードファイルが欲しい」という方にはウルトラプロ9ポケットEclipseプロバインダーがおすすめです!

>>9ポケットEclipseバインダーのレビューを見る

3位:UltraPro コレクターズアルバム 3リング

ウルトラプロ 3リングコレクターズアルバム

開いた状態

開いた状態|ウルトラプロ コレクターズアルバム 3リング

バインダー情報

タイプシート追加式
サイズ※実寸縦292×横308×厚み76㎜
リングD型3リング(金属製)
最大収納シート数シート75枚
(最大で675枚収納)
素材
カラー2色
付属シートなし

個人的評価

保護能力
めくりやすさ
(リングのひっかかりにくさ)
持ち運びやすさ
デザイン
メリットデメリット
シートが75枚も綴じれるリングタイプ
ビニール素材で水や傷に強い
頑丈な金属製リング
リングの隙間にシートがひっかかりにくい
背幅があるから自立する
持ち運びに不向き
付属シートなし

シートを追加できるリングタイプなら、圧倒的な収納量を誇るウルトラプロ コレクターズアルバム3リングがイチ押しです!

特徴は、なんといっても大きな3個の金属製リングです。リングが超ビッグサイズなので、75枚ものシートを綴じることができます。

75枚のシートが綴じれる|UltraPro コレクターズアルバム 3リング

最大収納枚数はダントツに多い675枚で、先ほど紹介したアルティメットガードやウルトラプロの約2倍です!

ただ、僕が収納量以上に気に入っているポイントは、シートのめくりやすさです。

ウルトラプロコレクターズアルバムはリングの接合部分に隙間がなくガッチリくっついているので、シートが引っかからずにスムーズにめくれます!

シートがリングに引っかかりづらい|ウルトラプロ コレクターズアルバム 3リング

他社製だとリングの隙間にシートが引っかかるのがストレスだったので、初めてこのトレカファイルを使ったときはあまりのめくりやすさに感動したのを覚えています。

一方で、微妙な点としては、あまりに大きすぎるので持ち運びできないこと。背幅が約7.5㎝ほどあるので、一般的なリュックやカバンに入れて持ち運ぶのは不可能です。

とはいえ、自宅保管用として使うのであれば、ウルトラプロ コレクターズアルバム3リング僕がこれまで使ったリング式バインダーの中では容量も品質も一番です!正直、リング式バインダーならこれ1択といってもいいほど気に入っています。(シートが付属していないので、購入する場合はシートも必要です)

>>コレクターズアルバム3リングのレビューを見る

\おすすめの9ポケットシート/

4位:アクラス 9ポケットカードアルバム

アクラス 9ポケットカードアルバム

開いた状態

開いた状態|アクラス 9ポケットカードアルバム

バインダー情報

タイプシート固定式
サイズ※実寸縦297×横225×厚み22㎜
最大収納枚数90枚
両面収納 or 片面収納片面収納(9枚)
ポケット内寸※実寸92㎜×67㎜
カードの挿入方向縦入れ
素材
カラーブラックのみ

個人的評価

保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン
良い点微妙な点
持ち運びやすい
価格が安い
シートの強度が高め
片面収納
収納量が少なめ
ポケットサイズが小さめで、2重スリーブが入らないことがある

アクラス9ポケットカードアルバムは、安くて入手しやすいスタンダードなカードファイルです。Amazonなどの通販サイトで1,000円以下で購入できます。

収納枚数は全部で90枚と少なめですが、その分厚みが薄い(実寸22㎜)ので、持ち運びには便利です。

厚みが薄い|アクラス9ポケットカードアルバム

また、価格の割にはシートに硬さがあって、強度が高いのもGOODです。

一方で、デメリットはポケットサイズがやや小さめなこと。無地スリーブ(91×66㎜)だとキツすぎて、キャラスリ(92×67㎜)だと入りませんでした…。

\スリーブの大きさによっては入らない/

2重スリーブのレギュラーサイズカードを入れる|アクラス 9ポケットカードアルバム

ポケカ・デュエマ・MTGなどにスリーブを付けた状態で収納することがある方は注意してください。遊戯王などのミニサイズは3重スリーブでもギリギリ入りました。

アクラス9ポケットカードアルバムは、アルティメットガードやウルトラプロなどの高品質トレカバインダーと比べるとどうしても見劣りしてしまいますが、このバインダーの良いところは安さと薄さです。「とにかく安さ優先」「薄い9ポケットタイプが良い」という方にはおすすめのカードファイルです。

>>アクラス 9ポケットカードアルバムのレビューを見る

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで探す

5位:エポックトレーディングカードバインダー

エポック トレーディングカードバインダー9ポケット

開いた状態

開いた状態|エポック トレーディングカードバインダー9ポケット

バインダー情報

タイプシート追加式
サイズ※実寸縦310×横271×厚み60㎜
リングD型4リング(金属製)
最大収納シート数シート70枚(カード630枚収納)
素材紙製
カラー1色
付属シート9ポケットシート×12枚付き

個人的評価

保護能力
めくりやすさ
(リングのひっかかりにくさ)
持ち運びやすさ
デザイン
良い点微妙な点
シートを70枚綴じれるリングタイプ
頑丈な金属製リン
価格が安い
付属シートだとカードが落ちやすい
シートがリングに引っかかってめくりづらい
見た目がダサい
持ち運びには不向き
紙製で傷つきやすい

エポック トレーディングカードバインダーはシートが追加できるリングタイプです。

特徴は見た目の通り収納量で、シートが最大で70枚綴じれる大容量タイプ(収納枚数630枚)です。

シートを70枚綴じれる|エポック トレーディングカードバインダー9ポケット

大容量タイプにしては価格が安めで、付属シートが12枚ついているのが良いところです。

微妙な点は、付属シートだとカードが落ちやすいこと。ファイルを逆さまにするとカードがポロポロと落ちることがあります…。そのため、シートを追加する時は、カードの飛び出しを防ぐフラップ付きの『やのまん9ポケットカードシート』がおすすめです。

また、複数枚のシートをめくろうとすると、シートがリングの隙間に引っかかってめくりにくいです。

シートがリングの隙間に引っかかってめくりにくい|エポック トレーディングカードバインダー

リングの噛み合わせが少しあまいのかもしれません…。

大容量タイプのリング式バインダーなら先ほど紹介した『ウルトラプロ コレクターズアルバム3リング』の方が表紙の質感や使い勝手が良いです。

ただ、価格はエポック トレーディングカードバインダーの方が安いので、僕はレアリティの低いカードを大量保管するためのファイルとして使っています。表紙のデザインがダサかったり、素材が紙製で安っぽいのが微妙でしたが、レア度の低いカード用にして外に持っていかないと考えるとそこまで気にならなくなりました。

>>エポックトレーディングカードバインダーのレビュー

6位:UltraPro 9ポケットポートフォリオ

ウルトラプロ 9ポケットコレクターズポートフォリオ ネイビー

開いた状態

開いた状態|ウルトラプロ 9ポケットコレクターズポートフォリオ

バインダー情報

タイプシート固定式
サイズ※実寸縦296×横230×厚み12㎜
最大収納枚数90枚
両面収納 or 片面収納片面収納(9枚)
ポケット内寸※実寸93㎜×68㎜
カードの挿入方向縦入れ
素材
カラー2色(ブラック・ネイビー)

個人的評価

保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン
良い点微妙な点
厚みが薄いので持ち運びやすい
価格が安い
片面収納
収納量が少なめ
見た目がダサい
シートが薄めで柔らかい
レギュラーサイズの3重スリーブだと入らないことがある

ウルトラプロ 9ポケットポートフォリオの良い点は、持ち運びやすいところ。実際に厚みを測ったら12㎜で、9ポケットタイプの中で圧倒的に薄いです。

厚み|ウルトラプロ 9ポケットコレクターズポートフォリオ

他のファイルよりも嵩張らないので、リュックやカバンに入れて持ち運びやすいです。

一方で残念に感じたのは、シートの厚みがやや薄いところ。他のトレカファイルのシートと比べると、シートの触り心地が柔らかくてペラペラです。ファイルの厚みを薄くするためなのかもしれませんが、カードを保護するためのシートとしては少し不安です…。

また、個人的にはデザインがダサいのも微妙でした…。表紙にでかでかと「COLLECTORS ALBUM」と書いてあって、文字の主張が強すぎる気がします。

薄いタイプのトレカバインダーなら、『アクラス 9ポケットカードアルバム』をおすすめします。

>>ウルトラプロ9ポケットポートフォリオのレビュー

7位:やのまん コレクションカードバインダー9ポケット

やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

開いた状態

開いた状態|やのまんコレクションカードバインダー9ポケット

バインダー情報

タイプシート追加式
サイズ縦31×横256×厚み38㎜
リングD型4リング
(プラスチック製)
最大収納シート数
素材紙製
カラー1色
付属シート9ポケットシート×6枚

個人的評価

保護能力
めくりやすさ
(リングのひっかかりにくさ)
持ち運びやすさ
デザイン
良い点微妙な点
カードが落ちないフラップ付き
ポケット内にゴミが入りづらい
価格が安い
取り出すときにフラップが邪魔
シートがリングに引っかかってめくりづらい
リングがプラスチック製で安っぽく見える
紙製で水や傷に弱い

やのまんコレクションカードバインダー9ポケットは、スタンダードなサイズのリング式バインダーです。

付属シートにはフタの役割をする「フラップ」があるので、ファイルを逆さにしても絶対にカードが落ちませんし、上から埃やゴミが侵入しづらいのが良いところ。

フラップ付きシート|コレクションカードバインダー

逆に取り出すときが少し手間ですが、カードの状態をキレイに保ちたい方にはおすすめのシートです。

微妙なのは、リング部分がプラスチック製になっている点。

プラスチック製リング|やのまんコレクションカードバインダー

プラスチックだと強度が低く感じますし、安っぽく見えるので、個人的には金属製の方が好みです。

また、複数枚のシートをめくろうとすると、シートがリングの隙間に引っかかってめくりにくいのもストレスです…。

>>やのまんコレクションカードバインダーのレビュー

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで探す

【大容量】12ポケットトレカバインダーのおすすめ

次に、たくさんのカードを収納できる12ポケットトレカバインダーのおすすめランキングを紹介します。

4ポケット・9ポケットのおすすめをチェックしたい方は下記のページ内リンクから飛べます。

>>4ポケットファイルのおすすめ
>>9ポケットファイルのおすすめ

1位:Ultimate Guard 12ポケットバインダー

アルティメットガード12ポケットバインダー(UltimateGuard QuadRow 24-pocket ZipFolio XenoSkin)

開いた状態

開いた状態|アルティメットガード12ポケットバインダー

バインダー情報

タイプシート固定式
サイズ※実寸縦351×横330×厚み38㎜
最大収納枚数480枚
両面収納 or 片面収納両面収納
(片面12枚・両面24枚)
ポケット内寸※実寸97㎜×70㎜
カードの挿入方向横入れ
素材XenoSkin素材
カラー6色
その他ジッパー式

個人的評価

保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン
メリットデメリット
480枚収納できる
見開きで24枚並ぶのでカードが見やすい
ジッパー式だからカードが落ちない
傷に強い頑丈な素材
両面収納できる
凹凸加工でカードが滑り落ちにくい
横入れだから、カードを入れやすい&スリーブの口からゴミが入りづらい
オーバースリーブでも収納可
大きいから持ち運びに不向き
棚収納時に手前に飛び出す
価格が高め

9ポケットバインダーの1位で紹介したアルティメットガードバインダーの12ポケットタイプです。

480枚入る大容量タイプ・傷に強いXenoSkin素材・ジッパー式でカードが落ちる心配なし・カードの出し入れがしやすい横入れタイプなど、TCGプレイヤーが使いやすいように徹底的に考えられたカードファイルです。

特に12ポケットタイプは見開きで24枚ものカードが並ぶのが良いところ。24枚のトレカが整然と並んだ圧巻の光景は9ポケットタイプにはない良さです。

Ultimate Guard QuadRow 24-pocket ZipFolio XenoSkin

デメリットは、12ポケットファイルすべてに共通することですがサイズが大きいことです。棚に入れた時に他のカードファイルよりも手前に飛び出します。9ポケットファイルと並べると奥行が合わずにガタガタして不格好に見えるので、僕は棚の端に置いてできるだけ目立たないようにしています。

サイズが大きい点を除けば、アルティメットガード12ポケットバインダーは9ポケットタイプと比べてカードの見やすさ&探しやすさが一段上なので、コレクション用ファイルとしておすすめです!

>>Ultimate Guard 12ポケットバインダーのレビュー

アルティメットガードの12ポケットタイプは通販サイトによっては「24ポケットバインダー」と表記されていることもあります。

2位:Pakesi スターカードカードファイル 12ポケット

Pakesi スターカードカードファイル 12ポケット

開いた状態

開いた状態|Pakesi スターカードカードファイル 12ポケット

バインダー情報

タイプシート固定式
サイズ※実寸縦354㎜×横338㎜×厚み40㎜
最大収納枚数480枚
両面収納 or 片面収納両面収納
(片面12枚・両面24枚)
ポケット内寸※実寸97㎜×70㎜
カードの挿入方向横入れ
素材PU素材(合成皮革)
カラー5色
その他ジッパー式

個人的評価

保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン
メリットデメリット
アルティメットガードと似た仕様で、価格が安い大きいから持ち運びに不向き
棚収納時に手前に飛び出す
価格が高め

Pakesi スターカードカードファイル 12ポケットは、先ほど紹介したアルティメットガードバインダーと仕様がほぼ同じトレカファイルです。

アルティメットガード12ポケットバインダーとPakesi12ポケットカードファイルを並べた写真がこちら。

アルティメットガードとPakesiの12ポケットバインダー

見た目だけでなく、ジッパー式・ポケットサイズ・横入れタイプ・収納枚数などあらゆる点がほぼ同じなので、おそらくアルティメットガードを強く意識して作っているのだと思います。

唯一分かりやすい違いは、表紙の加工です。

加工の違い|アルティメットガードとPakesiのカードファイル

アルティメットガードは四角が並んだような加工で、Pakesiは上下に線が走っているような加工です。比較すると、アルティメットガードの方がザラザラ感が強くて、滑りにくい感じがします。

正直なところ、購入前はアルティメットガードに似せた劣化品かと怪しんでいましたが、実際に使ってみるとアルティメットガードと同じくらい高品質なバインダーでした。

個人的にはアルティメットガード製品を気にいって愛用していますが、海外メーカーなので入手しづらかったり、他と比べて価格が高かったりすることがあるので、12ポケットバインダーを少しでも安く手に入れたいという方には、Pakesi スターカードカードファイル 12ポケットもアリです。

>>Pakesi スターカードファイル12ポケットのレビュー

【コンパクト】4ポケットトレカファイルのおすすめ

ここからは、コンパクトで持ち運びしやすい4ポケットトレカファイルのおすすめランキングを紹介します。

ただ、4ポケットタイプは、9ポケットファイルのサイズ違いが多くて内容が重複するので、詳細な説明は割愛します。

4ポケットファイルの詳細を知りたい方は『4ポケットバインダーのおすすめランキング』の記事で詳しく解説しているので、こちらの記事をチェックしてみてください。

1位:Ultimate Guard 4ポケットバインダー

アルティメットガード4ポケットバインダー(Ultimate Guard QuadRow 8-pocket ZipFolio XenoSkin)

開いた状態

開いた状態|アルティメットガード4ポケットバインダー(Ultimate Guard QuadRow 8-pocket ZipFolio XenoSkin)

バインダー情報

タイプシート固定式
サイズ※実寸縦247×横188×43㎜
最大収納枚数160枚
両面収納 or 片面収納両面収納
(片面4枚・両面8枚)
ポケット内寸※実寸97㎜×70㎜
カードの挿入方向横入れ
素材XenoSkin素材
カラー6色
その他ジッパー式

個人的評価

保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン
メリットデメリット
160枚収納できる
ジッパー式だからカードが落ちない
傷に強い頑丈な素材
両面収納できる
凹凸加工でカードが滑り落ちにくい
横入れだから、カードを入れやすい&スリーブの口からゴミが入りづらい
3重スリーブも収納可能
4ポケットタイプにしては大きめ
価格が高め

>>Ultimate Guard 4ポケットバインダーのレビュー

アルティメットガードの4ポケットタイプは通販サイトによっては「8ポケットバインダー」と表記されていることもあります。

2位:UltraPro 4ポケットEclipseバインダー

ウルトラプロ 4ポケットイクリプスプロバインダー(Ultra Pro 4-Pocket Eclipse PRO-Binder)

開いた状態

開けた状態|ウルトラプロ 4ポケットイクリプスプロバインダー

バインダー情報

タイプシート固定式
サイズ※実寸縦209×横176×厚み27㎜
最大収納枚数160枚
両面収納 or 片面収納両面収納
(片面4枚・両面8枚)
ポケット内寸※実寸96㎜×70㎜
カードの挿入方向横入れ
素材非PVC(ACID FREE)
カラー12色
その他ゴムバンド式

個人的評価

保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン
メリットデメリット
160枚収納できる
ゴムバンド付きでファイルが開かない
両面収納できる
凹凸加工でカードが滑り落ちにくい
横入れだから、カードを入れやすい&スリーブの口からゴミが入りづらい
3重スリーブも収納可能
※特になし

>>ウルトラプロ4ポケットバインダーのレビュー

3位:Aclass 4ポケットカードアルバム

アクラス 4ポケットカードアルバム

開いた状態

開いた状態|アクラス 4ポケットカードアルバム

バインダー情報

タイプシート固定式
サイズ※実寸縦205×横164×厚み22㎜
最大収納枚数56枚
両面収納 or 片面収納片面収納(4枚)
ポケット内寸※実寸92㎜×67㎜
カードの挿入方向縦入れ
素材
カラーブラックのみ

個人的評価

保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン
良い点微妙な点
価格が安い
シートの強度が高め
片面収納
収納量が少なめ
中央付近のポケットが入れづらい
ポケットサイズが小さめで、2重スリーブが入らないことがある
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで探す

4位:エポックトレーディングカードバインダー4ポケット

エポック トレーディングカードバインダー 4ポケット

開いた状態

開いた状態|エポック トレーディングカードバインダー 4ポケット

バインダー情報

タイプシート追加式
サイズ※実寸縦224×横185×厚み36㎜
リングD型2リング(金属製)
最大収納シート数シート30枚
(最大で120枚収納)
素材紙製
カラー1色
付属シート4ポケットシート×12枚付き

個人的評価

保護能力
めくりやすさ
(リングのひっかかりにくさ)
持ち運びやすさ
デザイン
良い点微妙な点
シートを30枚綴じれるリングタイプ
頑丈な金属製リン
価格が安い
付属シートだとカードが落ちやすい
シートがリングに引っかかってめくりづらい
見た目がダサい
紙製なので、傷つきやすい

5位:UltraPro 4ポケットポートフォリオ

ウルトラプロ 4ポケットポートフォリオ

開いた状態

開いた状態|ウルトラプロ 4ポケットポートフォリオ

バインダー情報

タイプシート固定式
サイズ※実寸縦203×横165×厚み19㎜
最大収納枚数40枚
両面収納 or 片面収納片面収納(4枚)
ポケット内寸※実寸93㎜×68㎜
カードの挿入方向縦入れ
素材
カラー2色(ブラック・ネイビー)

個人的評価

保護能力
カードの落ちにくさ
シートの強度
持ち運びやすさ
デザイン
良い点微妙な点
厚みが薄いので持ち運びやすい
価格が安い
片面収納
収納量が少なめ
見た目がダサい
シートが薄めで柔らかい
レギュラーサイズだと3重スリーブが入らないことがある

6位:やのまん コレクションカードバインダー4ポケット

やのまん コレクションカードバインダー4ポケット

開いた状態

開いた状態|やのまん コレクションカードバインダー4ポケット

バインダー情報

タイプシート追加式
サイズ※実寸縦224×横192×厚み34㎜
リングD型2リング
(プラスチック製)
最大収納シート数
素材紙製
カラー3色
付属シート4ポケットシート×3枚

個人的評価

保護能力
めくりやすさ
(リングのひっかかりにくさ)
持ち運びやすさ
デザイン
良い点微妙な点
カードが落ちないフラップ付きシート
ポケット内にゴミが入りづらい
価格が安い
取り出すときにフラップが邪魔
シートがリングに引っかかってめくりづらい
リングがプラスチック製で安っぽく見える
紙製で水や傷に弱い

最後に:ファイル収納でカードを綺麗な状態で保管しよう

以上が、トレーディングカードファイルのおすすめランキング15選でした。

ファイルに収納することで、カードを傷・汚れ・湿気などから守れるので、大事なトレカは必ずファイルで保管するようにしましょう。

最後に、今回紹介した中で「ガッチリ保護できる高品質」「収納量が多い」「価格が安い」の3つの視点でのおすすめファイルをまとめました。

カードをガッチリ保護できる高品質ファイル

画像商品名
アルティメットガード 9ポケットバインダーアルティメットガード9ポケットバインダー
ウルトラプロ 9ポケットバインダーウルトラプロ9ポケットEclipseプロバインダー

収納枚数が多い

画像商品名
アルティメットガード12ポケットバインダーアルティメットガード12ポケットバインダー(480枚)
Pakesi スターカードカードファイル12ポケットPakesi スターカードカードファイル 12ポケット(480枚)
ウルトラプロ コレクターズアルバム3リングウルトラプロ コレクターズアルバム3リング(最大675枚)
エポック9ポケットカードバインダーエポック トレーディングカードバインダー(最大630枚)

価格が安い

画像商品名
アクラス9ポケットカードアルバムアクラス9ポケットカードアルバム
やのまんコレクションカードバインダー9ポケットやのまんコレクションカードバインダー9ポケット

これまで様々なトレカファイルを使ってきましたが、最高峰はアルティメットガードバインダーシリーズです。

価格は高めですが、強度の高い表紙素材・カードが落ちないジッパー式・両面収納・横入れタイプなどの充実した機能が揃った、非の打ち所がない完璧なトレカファイルです。カード保護の面で安心感が全然違うので、まだ使ったことがない方はぜひ一度使ってみてください。

今回の記事がトレカ用ファイルで悩んでいる方の参考になれば嬉しいです!

\高品質な9ポケット/

\高品質な12ポケット/

\高品質な4ポケット/

\アルティメットガードに匹敵する品質/

\大容量のリングタイプ/

\価格が安い/

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで探す

カードファイルの関連記事

▽9ポケットバインダーのおすすめ紹介

▽4ポケットバインダーのおすすめ紹介

▽アルティメットガード9ポケットバインダー

▽ウルトラプロ9ポケットEclipseプロバインダー

▽ウルトラプロコレクターズアルバム3リング

▽アクラス 9ポケットカードアルバム

トレカ買取サービスのおすすめ!

トレカ買取サービスランキング

カードを売ってお金に変えたい方は、トレカ買取サービスを利用するのがおすすめです。

僕はこれまで様々なトレカ買取サービスを利用した経験から『トレカ買取サービスのおすすめランキング』を作りました。買取サービスにはそれぞれ「発送が楽」「買取金額が高め」「査定が早い」などの特徴があるので、買取サービスを使ったことがない方はぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次