MENU

『デュエマにおすすめのスリーブ10選』2重・3重構成も徹底解説

『デュエマ』におすすめのスリーブ構成3パターンを徹底解説
  • URLをコピーしました!

デュエマに合うスリーブはたくさんありますが、種類によって透明度・触り心地・シャッフル感・裂けづらさなどが全然違います。

よく調べずに適当に買ってしまうと「スリーブがくっついてシャッフルしづらい」「サイズは合っているけど、質感が好みじゃない」といったことになりかねません…。

僕も昔はスリーブを何度も買い直していましたが、最近ではスリーブのレビュー記事を書いてたくさん比較検証してきたので、各スリーブの良し悪しがハッキリと分かってきました。

そこで、今回は『デュエルマスターズにおすすめの2重スリーブ・3重スリーブ構成』を徹底解説します。

記事中では「①インナースリーブ」「②キャラスリ&無地スリ」「③オーバースリーブ」に分けて、全部で10種類のスリーブの特徴を紹介して、最後におすすめの組み合わせをまとめています。

今すぐおすすめのスリーブ構成を知りたいという方は、目次から記事後半の【まとめ】に飛んでください。

目次

デュエルマスターズの『カードサイズ』

デュエルマスターズのカードサイズは「横63mm×縦88mm」という大きさです。

カードサイズ|デュエルマスターズ(デュエマ)

このカードサイズは一般的に「スタンダードサイズ」「レギュラーサイズ」などと呼びます。

デュエマは何重スリーブが多い?

デュエマは何重スリーブが多い?

デュエルマスターズでスリーブを付けている人は、「何重スリーブ」にしている人が多いのでしょうか。

参考になるアンケートがありました↓

上のアンケートでは、「2重スリーブ派」「3重スリーブ派」が同じくらい多いという結果です。

個人的な印象ですが、ポケカと比べると、デュエマは3重スリーブ派の割合が多いと思います。というのは、ポケカはデッキ枚数が60枚なので、3重スリーブにするとデッキの厚みがめちゃくちゃ分厚くなってシャッフルしづらくなるからです。一方で、デュエマはデッキ枚数が40枚なので、3重スリーブにしてもポケカのようにデッキが分厚くならないので、3重スリーブにする人の割合が多いのだと思います。

僕が考える2重・3重スリーブのそれぞれのメリットは、以下の通りです。

  • 2重は、シャッフルしやすい・メンテナンスが楽
  • 3重は、カードを完璧に保護できる

どちらにするかは好みや手の大きさにもよるので、自分に合う方を選択しましょう。

ちなみに、他のTCGでは「公式大会で使えるのは2重スリーブまで」と決まっていることもありますが、デュエマは「2重スリーブまで」という公式ルールもないので、3重スリーブにしてもOKです

デュエマの『2重・3重スリーブ構成』

今回紹介するデュエルマスターズに使うスリーブの大きさは、以下の3タイプです。※分かりやすいように「小・中・大」と表記しています。

レギュラーサイズに合うスリーブの大きさ3種類
  • 【小】インナースリーブ(64×89㎜)
  • 【中】キャラスリ・無地スリ(66×91㎜等)
  • 【大】オーバースリーブ(68×93㎜)

そして、この3つのスリーブを使った『デュエマの二重・三重スリーブ構成』が以下の3パターンです。

2重スリーブ・3重スリーブの構成3パターン
  • ①二重スリーブ:インナー+無地スリ
  • ②二重スリーブ:キャラスリ+オーバー
  • ③三重スリーブ:インナー+キャラスリ+オーバー

無地スリーブ派なら①、キャラスリ派なら②か③です。

ただ、②の「キャラスリ+オーバー」の場合、キャラスリの中でポケカが動いてダメージが入る可能性があるので、気になる方はインナースリーブを付けた三重スリーブ構成にすると安心です。

2重スリーブ構成で「インナー+キャラスリ」の構成はおすすめしません。というのは、キャラスリを外側にしてキズが付いたり裂けてしまった場合、買い替えようと思っても販売終了していて手に入らないことがあるからです。そのため、キャラスリの上には必ずオーバースリーブを付けて保護するようにしましょう。

【小】デュエマに合う『インナースリーブ』

インナースリーブを紹介

まずは、デュエルマスターズのカードサイズに合う『インナースリーブ』から紹介します。

インナースリーブとは、多重スリーブ時に最も内側になるスリーブのことです。

①カードバリア100 パーフェクトサイズ

カードバリアー100 パーフェクトサイズ
スリーブサイズ64mm×89mm
スリーブの枚数100枚入り
メーカーKMC

デュエマに合うインナースリーブといえば『カードバリア100 パーフェクトサイズ』が定番です。

このスリーブにデュエマを入れた写真がこちら↓

デュエマを収納|カードバリア100 パーフェクトサイズスリーブ

写真の通り、デュエマにぴったりのジャストサイズです!

以前の記事で『インナースリーブ7種類を徹底比較』した時は、カードバリア100 パーフェクトサイズの透明度が一番高かったです。また、スリーブの大きさのブレ(個体差)がほとんどないのも良いところです。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで探す

②カドまるスリーブ 横入れタイプ

カドまるスリーブ 横入れタイプ
スリーブサイズ64mm×89mm
スリーブの枚数100枚入り
メーカーR LINE

先ほどのカードバリアー100 パーフェクトサイズも良いですが、デュエマのインナースリーブなら『カドまるスリーブ 横入れタイプ』がイチオシです!

名前の通り、角が丸い&カードを横から入れるのが特徴のインナースリーブです。

デュエマのカードを横から入れる|カドまるスリーブ

カドまるスリーブ 横入れタイプのメリットは、多重スリーブ時に起こりがちな3つの問題(カードのズレ・空気が溜まる・角が折れる)が絶対に起こらない点です。

特に、スリーブに穴が3か所あることから空気抜きのしやすさは随一です!昔は先ほど紹介した『カードバリアー100パーフェクトサイズ』を使っていましたが、もう縦入れタイプには戻れなくなりました。笑

実際に、デュエマを『カドまるスリーブ横入れタイプ』に入れた写真がこちら。

デュエマのカードを入れる|カドまるスリーブ 横入れタイプ

上の写真の通り、デュエマの角の丸みにジャストフィットします!

今はカドまるスリーブ 横入れタイプが一番のおすすめなので、デュエマのインナーで迷っている方はぜひ試してみてください!

【中】デュエマに合う『キャラスリ・無地スリ』

キャラクタースリーブ・無地スリーブを紹介

次に、デュエルマスターズのカードサイズに合う『キャラスリ・無地スリ』を紹介します。

キャラスリとは、スリーブの裏面にアニメやゲームなどのイラストが描かれたスリーブのことです。
無地スリとは、絵柄が入っていない無地のスリーブのことで、カラーバリエーションが豊富です。

③デュエマ公式スリーブ・キャラスリ

デュエマ公式スリーブ・キャラスリ
スリーブサイズ67×92mm
スリーブの枚数
メーカー
加工

デュエマ公式のスタンダードカードスリーブのサイズは「67×92㎜」で、一般的なキャラスリのサイズも「67×92㎜」です。どちらもインナーを付けたデュエマカードをジャストサイズで収納できます。

実際に、デュエマ(インナースリーブ装着済み)にキャラスリを重ねた写真がこちら↓

インナー+キャラスリ

デュエマ|キャラクタースリーブ

上の画像の通り、インナースリーブを装着したデュエマのカードにぴったりです!

スリーブ選びで一番個性が出るところなので、自分の好きなスリーブを選びましょう。

以前に販売されていたデュエマ公式のカードプロテクトの大きさは「66×92㎜」で、現在の公式スタンダードカードスリーブとは横幅が1㎜違います。ただ、今回紹介するスリーブ構成に影響はないので、デュエマ公式カードプロテクトでもOKです。

④KATANAスリーブ

KATANAスリーブ
スリーブサイズ66mm×91mm
スリーブの枚数100枚入り
メーカーUltimate Guard
カラー10色
加工裏面:エンボス加工

無地スリーブで一番のおすすめは、Ultimate Guard社の『KATANAスリーブ』です。

スリーブの裏面はエンボス加工(凹凸)になっているので、スリーブ同士がくっつかず、シャッフルしやすいです。特に横入れシャッフル時は引っかかることなく、ぬる~っと滑らかに入り込んでいくので気持ちいいです!

エンボス加工|KATANAスリーブ

他のスリーブのエンボス感と比べると、凹凸が粗めで手触りがザラザラです。定番のハイパーマットスリーブにとても近い感触なので、普段ハイパーマットを使っている方なら全く違和感がないと思います。

また、 スリーブの裏面はイラストが全く透けませんし、サイドの接着は超強力で力一杯引っ張ってもなかなか裂けないのもGOODです。

実際にKATANAスリーブにデュエマ(インナー装着済み)を入れた写真がこちら。

インナー+KATANA

デュエマ|アルティメットガード KATANAスリーブ

唯一のネックは値段の高さですが、2重スリーブ時の外側としてなら、3重スリーブ時の「キャラスリ+オーバー」の値段よりも全然安いですし、一般的な無地スリーブよりも耐久度が高いので長く使い続けられます。

デュエマで「インナー+無地スリ」の2重構成にするなら、最高峰のスリーブだと思います!

⑤イクリプススリーブ プロマット

ウルトラプロ イクリプススリーブ
スリーブサイズ66mm×91mm
スリーブの枚数100枚入り
メーカーUltra Pro
カラー12色
加工表面:マット加工、裏面:エンボス加工

イクリプススリーブ プロマットは裏面の「エンボス加工」に加えて、表面が「マット仕様」になっています。マットの良い点はさらさらした手触り・皮脂汚れが付きにくい・光が反射しづらいなど。

マット仕様|ウルトラプロ イクリプススリーブ

特に表面の質感はついつい触りたくなるようなサラサラ感で、シャッフルが滑らかにできるのも魅力です。また、光の反射が抑えられているので、リモート対戦でもカードが見えやすいというメリットがあります。

さらに、独特なのが、黒の層を加えた多層フィルムになっているので、カードの裏面が透けるのを完全に防いでくれます。実際に黄色などの明るいカラーを光にかざしても全く透けませんでした。これなら、自分の好きなカラーを安心して選べます。

実際にイクリプススリーブにデュエマ(インナー装着済み)を入れた写真がこちら。

インナー+イクリプス

デュエマ|ウルトラプロ イクリプススリーブ

イクリプススリーブ プロマットは先ほど紹介したKATANAスリーブと甲乙つけがたいくらいの高品質ですが、マットタイプは白っぽく曇るので、ここで好みが分かれると思います。僕は、Foil(キラキラ)をキレイに見せたいのでKATANAスリーブ派です。

ただ、「さらさらした手触りが好き」「マット加工の落ち着いた色合いが好き」「リモートプレイがしたい」という方にはおすすめのスリーブです!

⑥ハイパーマットスリーブ

スリーブサイズ66mm×91mm
スリーブの枚数80枚入り
メーカーKMC
カラー7色
加工裏面:エンボス加工

デュエマなどのTCGで最も使用率の高い無地スリーブと言えば『ハイパーマットスリーブ』でしょう。裏面は、他の無地スリーブ同様、エンボス加工されています。

このハイパーマットスリーブの良い点はコスパの良さです。最近店頭で見た時は550円でしたが、通販サイトでは400円以下で販売されていることもあります。

ただ、微妙な点を挙げると、側面の裂けやすさ横入れシャッフルのしにくさです。特に側面は軽い力でサクッと裂けてしまうので、人によっては頻繁に取り換えることになることも…。

実際に、ハイパーマットスリーブにデュエマのカード(インナー装着済み)を入れた写真がこちら↓

インナー+ハイパーマット

デュエマ|KMCハイパーマットスリーブ

写真の通り、インナーを付けたデュエマがぴったり収まります。

昔は安さと入手のしやすさでよく使っていましたが、KATANAスリーブやイクリプススリーブを使うようになってからはハイパーマットに戻れなくなりました。

とはいえ、標準的な品質の無地スリーブが安く手に入るので、コスパの良さは間違いありません。「デュエマ用の無地スリーブを安く手に入れたい」という方にはおすすめです。

【大】デュエマに合う『オーバースリーブ』

オーバースリーブを紹介

最後に、デュエルマスターズのカードサイズに合う『オーバースリーブ』を紹介します。

オーバースリーブとは、大事なキャラスリを傷や汚れから保護するためのスリーブです。

⑦スリーブプロテクターM エンボス&クリア

ブロッコリー スリーブプロテクターM エンボス&マット
スリーブサイズ68.5mm×93mm
スリーブの枚数80枚入り
メーカーブロッコリー
加工裏面:エンボス加工

デュエマにおすすめのオーバースリーブは『ブロッコリー スリーブプロテクターM エンボス&クリア』です。

このスリーブの特徴は「表がクリア面・裏がエンボス面」になっているのが特徴。エンボス感はKATANAやハイパーマットのような粗い感じで、スリーブ同士が全然くっつきません。横入れシャッフル時はひっかかりが少なくて、スリーブとスリーブの間にスッと自然に入り込む感じでとても快適です。

また、エンボス面は凹凸があることで濁って見えがちですが、このスリーブは他と比べると透明度が高いので、キャラスリの絵柄も割とクリアに見えます。

他社のエンボス&クリアタイプと比較したのがこちら↓

エンボス&クリアスリーブの比較

上の通り、左側のブロッコリーの方がイラストがハッキリ見えます。

実際に、ブロッコリー スリーブプロテクターM エンボス&クリアにデュエマ(インナー+キャラスリ装着済み)を入れた写真がこちら↓

インナー+キャラスリ+エンボス&クリア

デュエマ|スリーブプロテクターM エンボス&クリア

これまでデュエマに色んなオーバースリーブを使いましたが、スリーブプロテクターM エンボス&クリアは、シャッフルがスムーズ・透明度が高い・側面が裂けづらい・デッキ崩れしにくいと総合的にクオリティーが高く、目立った短所もないおすすめのオーバースリーブです。迷ったらとりあえずこのスリーブを選べばOKです!

⑧ スリーブプロテクターM マット&クリア

ブロッコリー スリーブプロテクターM マット&マット
スリーブサイズ68.5mm×93mm
スリーブの枚数80枚入り
メーカーブロッコリー
加工裏面:マット加工

ブロッコリー スリーブプロテクターM マット&クリア』もデュエマに合うオーバースリーブで、「表がクリア面・裏がマット面」になっています。

マットスリーブ特有のさらさらした手触りが本当に気持ちいいです。また、指紋が付きにくく、手汗でスリーブ同士がくっつかないので、手汗が多い方ならマットタイプの方がシャッフルしやすいです。

実際に、このスリーブにデュエマ(インナー+キャラスリ装着済み)を入れた写真がこちら↓

インナー+キャラスリ+マット&クリア

デュエマ|スリーブプロテクターM マット&クリア

マット&クリアのしっとりした質感が好きなので、一時期「マット&クリア」か「エンボス&クリア」で迷いましたが、マット&クリアは側面がやや裂けやすい・裏面が白く曇るので、今は「エンボス&クリア」をよく使っています。

ただ、白っぽくなることについては「落ち着いた色合いになって高級感がある」と捉える人もいるので、ここは好みの分かれる部分です。サラサラの手触りが好きな方・手汗が多い方・マットの見た目に高級感を感じる方は『スリーブプロテクターM マット&クリア』が合うと思います。

⑨ザラスリL

ザラスリL
スリーブサイズ69mm×93.5mm
スリーブの枚数100枚入り
メーカードラゴンスター
加工裏面:エンボスマット加工

ザラスリLはトレカ専門店のドラゴンスターが販売しているスリーブで、裏面がエンボスマット(凹凸のあるつや消し加工)になっているのが特徴。凹凸がかなり控えめな印象ですが、シャッフルはスムーズにできます。

ザラスリLの良いところは「コスパの良さ」「硬さ」。100枚入ってだいたい700円前後で売っているので、先ほど紹介したブロッコリーのスリーブよりも1枚あたりの単価が安いです。また、ザラスリLはブロッコリーのスリーブよりも硬い(厚みがある)ので折れに強いです。

実際に、ザラスリLにデュエマ(インナー+キャラスリ装着済み)を入れた写真がこちら。

インナー+キャラスリ+ザラスリ

遊戯王OCG|ザラスリMプラス

ザラスリLの微妙な点は、デッキが分厚くなる・側面がわりと裂けやすい・裏面が白く濁るところ。また、新品を付けた直後はよく滑ってデッキ崩れしやすい印象です。

昔はコスパの良さでよく使っていましたが、ブロッコリーのエンボス&クリアを使うようになってからはあまり使っていません。ただ、決して悪いスリーブではないので「少しでも安く抑えたい」という方にはおすすめです。

ドラゴンスター
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで探す

⑩カードプロテクター オーバーガードZ

ヤノマン カードプロテクター オーバーガードZ
スリーブサイズ68mm×93mm
スリーブの枚数50枚入り
メーカーヤノマン
加工

デュエマをガッチリ保護したいという方は、めちゃくちゃ硬いことで有名な『スリーブプロテクター オーバーガードZ』がおすすめです。

「この硬さじゃなきゃ安心できない」というファンも多く、硬さのレベルが段違いです!慣れないうちは、あまりの硬さに指を痛めてしまうこともあるほどです。(本当です)

実際に、『カードプロテクター オーバーガードZ』にデュエマ(インナー+キャラスリ装着済み)を入れた写真がこちら↓

インナー+キャラスリ+オーバーガードZ

デュエマ|カードプロテクター オーバーガードZ

デュエマをスリーブプロテクター オーバーガードZに入れた時は他のスリーブでは味わえない安心感があります。スリーブ強度を最優先に考えている方におすすめです。

【まとめ】デュエマの2重・3重スリーブ構成

最後に、デュエルマスターズにおすすめの『2重・3重スリーブ構成』をまとめます。

あくまで僕が今気に入っている組み合わせなので、ここまで紹介したスリーブの中で自分が気になるスリーブがあればぜひそちらを使ってみてください。

①2重スリーブ(インナー+無地スリ)

まずは、「インナースリーブ」と「無地スリーブ」を組み合わせた2重スリーブ構成のおすすめを紹介します。デュエマ公式スリーブやキャラスリを使わない場合はこの構成になります。

2重スリーブのおすすめ構成(インナー+無地スリ)
一重目
カドまるスリーブ インナー 横入れタイプ
カドまるスリーブ インナー 横入れタイプ(64×89㎜)
二重目
アルティメットガード KATANAスリーブ
KATANAスリーブ スタンダードサイズ(66×91㎜)

デュエマにこの2つのスリーブを装着した写真がこちら↓

カドまる横入れ+KATANAスリーブ|デュエマの2重スリーブ

1重目には、空気抜きしやすくて、2重スリーブ装着時に角が折れる心配もない『カドまるスリーブ インナー 横入れタイプ』がおすすめです。

2重目には、透けにくさ・裂けにくさ・シャッフル時の滑らかさで圧倒的高品質な『KATANAスリーブ スタンダードサイズ』がおすすめです。カラーバリエーションが10色あるので、好きな色を探してみてください。僕はブルーを良く使っています!

②2重スリーブ(キャラスリ+オーバー)

次は、「キャラスリ」を「オーバースリーブ」で保護する場合の2重スリーブ構成です。

キャラスリ+オーバースリーブ|デュエマの2重スリーブ構成
一重目
デュエマ公式スリーブ
デュエマ公式スリーブや一般的なキャラスリ(66×92㎜・67×92㎜)
二重目
スリーブプロテクター M エンボス&クリア
スリーブプロテクター M エンボス&クリア(68.5×93㎜)

デュエルマスターズのカードに、上の2つのスリーブを付けた写真がこちら↓

キャラスリ+スリーブプロテクターM エンボス&クリア|デュエマの2重スリーブ

これまで様々なオーバースリーブを使いましたが、最終的には、キャラスリの絵柄をクリアに見せつつ、エンボス加工でシャッフルしやすい『ブロッコリー スリーブプロテクターM エンボス&クリア』に落ち着きました。

デュエマ公式スリーブを使っている方におすすめのスリーブ構成です!

③3重スリーブ(インナー+キャラスリ+オーバー)

最後に、「インナー+キャラスリ+オーバー」を組み合わせた3重スリーブのおすすめ構成を紹介します。

デュエマの3重スリーブ構成
一重目
カドまるスリーブ インナー 横入れタイプ
カドまるスリーブ インナー 横入れタイプ(64×89㎜)
二重目
デュエマ公式スリーブ
デュエマ公式スリーブや一般的なキャラスリ(66×92㎜・67×92㎜)
三重目
スリーブプロテクター M エンボス&クリア
スリーブプロテクター M エンボス&クリア(68.5×93㎜)

デュエマにこの3つのスリーブを付けた写真がこちら↓

カドまる横入れ+キャラスリ+スリーブプロテクター エンボス&クリア|デュエマの3重スリーブ

この3重スリーブ構成は、先ほど紹介した『②2重スリーブ構成(キャラスリ+オーバー)』に、空気抜きしやすく角折れの心配がない『カドまるスリーブ 横入れタイプ』を加えた形です。

アウターは先ほどと同じ『スリーブプロテクターM エンボス&クリア』にすることで、キャラスリのイラストをクリアに見せつつ、シャッフルしやすいのが良いところ。

デュエルマスターズを3重スリーブで完璧に保護したい方におすすめです!

最後に:デュエマをスリーブでしっかり保護しよう!

以上が、デュエルマスターズのカードサイズにおすすめの2重・3重スリーブ構成でした。

2重スリーブか3重スリーブで迷う方は、「シャッフルのしやすさを優先するなら2重スリーブ」、「カードの保護を優先するなら3重スリーブ」という感じで選ぶのが良いと思います。

また、気になるスリーブがあれば詳細なレビュー記事もご覧ください。この記事がデュエルマスターズのスリーブで迷っている方の参考になれば嬉しいです!

関連記事

オーバースリーブ

無地スリーブ

インナースリーブ

こちらもおすすめ!

デッキケースのおすすめ紹介

デッキケースは「持ち運び・カード保護・デッキ管理」の面で優れているので、TCGプレイヤーなら1個は持っておきたい必須アイテムです。僕のおすすめのデッキケースは『デュエマにおすすめのデッキケースを徹底紹介』でまとめているので、ぜひチェックしてみてください!

こちらもおすすめ!

カードファイルのおすすめ紹介

カードファイルはカード管理・自宅保管・持ち運びに便利です。おすすめのカードファイルは『デュエマにおすすめのカードファイルを徹底紹介で詳しく解説しています。

トレカ買取サービスのおすすめ!

トレカ買取サービスランキング

カードを売ってお金に変えたい方は、トレカ買取サービスを利用するのがおすすめです。

僕はこれまで様々なトレカ買取サービスを利用した経験から『トレカ買取サービスのおすすめランキング』を作りました。買取サービスにはそれぞれ「発送が楽」「買取金額が高め」「査定が早い」などの特徴があるので、買取サービスを使ったことがない方はぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次