【レビュー】『KATANAスリーブ』の特徴&性能を徹底紹介

【レビュー】『KATANAスリーブ』の特徴&性能を徹底紹介

今回は、高級スリーブで有名な『アルティメットガード社のKATANAスリーブ』の特徴・性能を徹底紹介します。

KATANAスリーブは「シャッフルしやすい・裂けない・透けない」というのが強みで、僕が一番気に入っているおすすめのスリーブです。価格は高めですが、その値段に見合う高品質スリーブなので、まだ使っていない方はぜひ一度使ってみてください。

スポンサーリンク

KATANAスリーブの『基本情報・評価』

アルティメットガードKATANAスリーブ

▼ 基本情報 ▼
メーカーUltimate Guard
スリーブ名KATANAスリーブ スタンダードサイズ
サイズ66㎜×91㎜
枚数100枚入り
カラー10色
▼ 個人的評価 ▼
透明度5.0
硬さ4.0
透けにくさ5.0
滑りにくさ2.0
裂けにくさ5.0
横入れシャッフル5.0

KATANAスリーブは『日本製』

KATANAスリーブのメーカーはドイツのUltimate Guard社ですが、KATANAスリーブは日本製です。

パッケージの側面にも「Made in Japan」と書かれています。

Made in Japan|KATANAスリーブ

ちなみに、アルティメットガード社の他のスリーブを確認すると中国産だったので、KATANAスリーブは特別に日本で作られています。アルティメットガード社の公式ページによると、KATANAスリーブは「日本の伝統的な職人技を尊重し、精密に作られたスリーブ」とのこと。

また、他の高級スリーブのウルトラプロイクリプススリーブドラゴンシールドスリーブの生産国は下の通りでした。

スリーブ名生産国
UltraProイクリプススリーブアメリカ
ドラゴンシールドスリーブデンマーク

KATANAスリーブの『特徴・性能』

次に、アルティメットガード KATANAスリーブの特徴・性能をまとめました。

①サイズのブレ(実測)

KATANAスリーブのサイズ表記は「66㎜×91㎜」ですが、スリーブには多少のブレがあるものです。

実際に定規を使って、手元にある50枚入りのスリーブ6袋から1枚ずつ測ってみました。

無作為に選んだ6枚のカードサイズがこちら。

  • 66.0㎜×91㎜ …2枚
  • 66.5㎜×91㎜ …2枚
  • 67.0㎜×91㎜ …2枚

KATANAスリーブは縦方向はどれもぴったり91㎜ですが、横方向が66㎜~67㎜の間でブレがありました。大きい方にブレる分にはインナーが入れづらくならないので、個人的には許容範囲です。(前回紹介したウルトラプロイクリプススリーブのレビューでは横幅65.5㎜だったので、インナースリーブが若干入れづらかったです)

サイズ感の参考になるように、KATANAスリーブ(実寸66×91㎜)にカードを入れた写真がこちら。

▼インナースリーブなし

サイズ感(インナースリーブなし)|KATANAスリーブ

▼インナースリーブあり

サイズ感(インナースリーブあり)|KATANAスリーブ

ポケカ・MTG・デュエマなどにぴったりの大きさです。

②カードの裏面が全く透けない

白・黄色・オレンジ・水色などの明るい色の無地スリーブは、カード裏面のイラストが透けやすいですが、KATANAスリーブは全く透けません!

同系色のUltraProのプロマットデッキプロテクタースリーブ(イエロー)と透け具合を比べたのがこちら。

透け具合の比較|KATANAスリーブ

右側のウルトラプロのスリーブはポケモンカード裏面のイラストがうっすらと透けています。

一方で、KATANAスリーブは全然透けません。カードの色を拾って色がくすむこともないので、安心して好きな色を選べます!

③透明度が高い

KATANAスリーブの表面は、表面がマット加工されていないのでクリアです。

ハイパーマットスリーブと比べると、同程度の透明度の高さでした。

透明度|KATANAスリーブ

④エンボス加工は粗め

KATANAスリーブは裏面がエンボス加工(凹凸)されています。

他のエンボス加工されたスリーブと比べると、凹凸の感じが粗めで、手触りはザラザラです。

エンボス加工|KATANAスリーブ

定番のハイパーマットスリーブにとても近い感触なので、普段ハイパーマットスリーブを使っている方なら全く違和感がないと思います。

⑤横入れシャッフルのしやすさ

最後は、横入れシャッフル(ファローシャッフル)のしやすさです。

横入れシャッフル|KATANAスリーブ

横入れシャッフルのしやすさは最上級レベルです。

KATANAスリーブの印象としては、ぬる~っと滑らかに入り込んでいく感じです。引っかかりは全くありません。無地スリーブの中では、ウルトラプロのイクリプススリーブと並んで2強だと思います。

ただ、これシャッフルの感覚は好みの部分なので、実際に使って試してみることをおすすめします。

関連UltraProイクリプススリーブのレビュー

【レビュー】『ウルトラプロ イクリプススリーブ』の性能を徹底紹介
...

⑥裂けにくさ

スリーブはサイドから裂けてしまうこともあるので、実際にサイドを引っ張って裂け具合をチェックしました。

KATANAスリーブのサイドを力一杯引っ張ってみましたが、下の写真のように伸びるだけで全く裂けませんでした。

裂けにくい|KATANAスリーブ

5枚試しましたが、全て裂けませんでした。僕が使ってきたスリーブの中では、裂けにくさはダントツでNo.1だと思います!

KATANAスリーブの『カラーバリエーション』

Ultimate Guard社のKATANAスリーブのカラーバリエーションは全部で10種類あります。

KATANAスリーブのカラーバリエーション

ブルー / ターコイズ / イエロー / オレンジ / レッド / パープル / グリーン / ブラック / ホワイト / 透明 / 

この記事にも載せている通り、僕が良く使っているのは『イエロー』と『ブルー』です。ブラックも持っていますが、ハイパーマット(ブラック)と混ざるとパッと見で分からなくなるのであまり使っていません。

▼ブルー

▼イエロー

【最後に】お気に入りNo.1の無地スリーブ

Ultimate Guard社のKATANAスリーブ

以上が、アルティメットガード社のKATANAスリーブの徹底レビューでした。

色々なスリーブを使ってみた結果、個人的には無地スリーブなら『KATANAスリーブ』と『ウルトラプロのイクリプススリーブ』の2つがおすすめです。どちらも甲乙つけがたいくらいの高品質ですが、個人的にはイラストを綺麗に見せたいので、透明度の高いKATANAスリーブをメインデッキに付けています。

これまで定番のハイパーマットスリーブを使っている方が躊躇するのは値段だと思います。僕も最初はそうでした…価格差にびっくりしますよね…。ただ、ハイパーマットよりも耐久度は上で長持ちするので、まずはメインデッキだけKATANAスリーブに変えてみるのをおすすめします。自分が組み上げた自信のあるデッキを高品質スリーブに入れるだけで特別感がでてテンションが上がります!

まだKATANAスリーブを使ったことがない方はぜひ一度試してみてください。

▼ブルー

▼イエロー

▼ターコイズ

AmazonでKATANAスリーブをチェック

楽天でKATANAスリーブをチェック

関連記事

▼インナースリーブの徹底比較

『インナースリーブ』のおすすめ7種類を徹底比較(ポケカ・デュエマサイズ用)
...

▼UltraPro イクリプススリーブのレビュー

【レビュー】『ウルトラプロ イクリプススリーブ』の性能を徹底紹介
...
スリーブ評価
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ボドスリ