【デッキケース紹介】『Cicognaトレカデッキケース』のレビュー

【デッキケース紹介】『Cicognaトレカデッキケース』のレビューデッキケース

この記事では、Cicogna(チコーニャ)のトレカデッキケースをレビューしています。

また、僕が特に気に入っているデッキケースについては『TCGプレイヤーにおすすめのデッキケースランキング』で紹介しているので、こちらもチェックして頂けたら嬉しいです!

Cicognaトレカデッキケース タイプA

Cicognaトレカデッキケース タイプB

関連デッキケースのおすすめランキング

【必須級】『トレカ用デッキケース』のおすすめランキング3選
...
スポンサーリンク

Cicognaトレカデッキケースの『商品情報』

Cicogna トレカデッキケース タイプB|トレカケース

まずは、『Cicogna(チコーニャ)トレカデッキケース』の基本情報についてまとめました。

デッキケースはサイズによって「タイプA・タイプB」がありますが、下記の情報は僕が持っている「タイプB」の情報です。

サイズ(外寸)80×82×103㎜
サイズ(内寸)70×68×95㎜
重量102g
素材PUレザー、ナイロン
マグネット数2個
サイズ2サイズ
カラー11色
メーカー・ブランドCicogna

Cicognaトレカデッキケースの『外観・素材』

Cicognaトレカデッキケースの表面は「PUレザー素材」です。

PUレザー|Cicogna(チコーニャ)トレカデッキケース

PUとは「ポリウレタン」のことです。PUレザーは「フェイクレザー」とも呼ばれることがあり、合皮の中でも通気性に優れています。

蓋を開けた状態がこちら。

|蓋を開けた写真|Cicogna トレカデッキケース タイプB

 

デッキケースの内側はさらさらとした手触りの「ナイロン素材」になっています。

ナイロン素材|Cicogna(チコーニャ)トレカデッキケース

 

蓋部分は中にマグネットが2個入っています。

マグネット2個|Cicogna(チコーニャ)トレカデッキケース

蓋を閉じるとピタッとくっ付いて、デッキケースを落としても蓋が空くなんてことはありません。

Cicogna トレカデッキケースの『サイズ・収納枚数』

次は、Cicognaトレカデッキケースのサイズと収納枚数についてです。(先ほどの基本情報と微妙にサイズが違いますが、こちらでは実際に測った数字をのせています。)

デッキケースのサイズ

Cicognaトレカデッキケース(タイプB)の大きさを測ると、「80×81×103㎜」でした。

デッキケースのサイズ|Cicognaトレカデッキケース

 

ポケットの口部分の大きさを測ると「67×73mm」でした。

ポケットの口部分のサイズ|Cicogna(チコーニャ)トレカデッキケース

このポケットの大きさなら、遊戯王などミニサイズの3重スリーブ(64×91㎜)からポケカ・デュエマなどの3重スリーブ(68×93㎜)でも収納できます。

デッキケースの収納枚数

Cicogna トレカデッキケースタイプBにカードを入れて、収納枚数を調べた結果がこちらです。(カードやスリーブの厚みで変わってくるので、あくまで参考程度にしてください)

▼収納枚数(実際に入れて計測)

カードのみ186枚
一重スリーブ121枚
二重スリーブ93枚
三重スリーブ71枚

ちなみに、少し小さめの「タイプA」の収納枚数は、上記の約85%くらいの収納枚数になります。(奥行きがタイプBの約85%のため)

Cicogna トレカデッキケースの『種類』

Cicognaトレカデッキケースは、サイズと色のバリエーションが豊富です。

サイズは「タイプA」と「タイプB」の2種類

Cicognaトレカデッキケースには「タイプA」「タイプB」の2サイズがあります。

公式情報のサイズ差は以下の通り。

画像タイプ内寸サイズ
タイプA70×58×95mm
タイプB70×68×95mm

上の表の通り、タイプAとタイプBでは奥行きのサイズが10㎜違うだけです。

カラーバリエーション

色の種類については「タイプAが8色」「タイプBが11色」あります。

タイプAオレンジ・カーキ・ターコイズ・ディープグリーン・ネイビー・パープル・ピンク・ブラック
タイプBイエロー・ホワイト・レッド・オレンジ・カーキ・ターコイズ・ディープグリーン・ネイビー・パープル・ピンク・ブラック

これだけカラーバリエーションが豊富なので、落ち着いた色合いから明るい色合いまで好きなカラーを選ぶことができます。

Cicogna トレカデッキケースの『レビュー』

Cicogna(チコーニャ)トレカデッキケース

Cicogna トレカデッキケースは、コンパクトなサイズ感で、見た目も良い感じの合皮製デッキケースです。

ただ、類似のデッキケース『アルティメットガード製サイドワインダー』と比較すると、ケースの角部分の作りなどがやや粗く、精巧さではアルティメットガード製の方が上です。

Cicognaトレカデッキケースとアルティメットガードの比較

また、アルティメットガードサイドワインダーは「マグネット4個で強力にくっつく」「両側面からつまんでデッキを取り出せる」といった点も優秀です。僕は「作りが丁寧・カードが取り出しやすい・マグネットが多い」など優れている部分が多いので、アルティメットガードサイドワインダーの方が好きです。

では、Cicogna トレカデッキケースのメリットはというと、アルティメットガードよりも価格が安いことです。また、ロゴや文字が入っていないので、見た目がとてもシンプルです。そのため、「少しでも価格が安いほうが良い」「ロゴがないのが好み」という方には良いと思います。

Cicognaトレカデッキケース タイプA

Cicognaトレカデッキケース タイプB

サイドワインダー80+

関連サイドワインダー80+の使用レビュー

【デッキケース紹介】『アルティメットガードサイドワインダー』を徹底レビュー
...

『デッキケース』のおすすめランキング

また、僕が特に気に入っているデッキケースについては『TCGプレイヤーにおすすめのデッキケースランキング』で紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

関連記事

【デッキケース紹介】『アルティメットガードサイドワインダー』を徹底レビュー
...
【デッキケース紹介】『アクラス(Aclass)合皮製スリムカードケース』のレビュー
...
【デッキケース紹介】『アクラス フォールディングデッキケース』をレビュー
...
【カードケース紹介】『RLSOCO トレーディングカード収納ケース』のレビュー
...
【大容量タイプ】『トレカキャリングケース』をレビュー
...
【ハーフサイズ】『トレカキャリングケース ライト』のレビュー
...