【必須級】『トレカ用デッキケース』のおすすめランキング3選

【必須級】『トレカ用デッキケース』のおすすめランキング3選デッキケース

今回は、僕がこれまで使ってきたデッキケースの中でおすすめのデッキケースを徹底解説します。

デッキケースの選び方から各デッキケースのメリット・収納枚数(一重・二重・三重スリーブ時)まで詳しくまとめているので、購入を検討している方の参考になると思います。

「どのトレーディングカードケースを選べばいいのか分からない」という方はぜひ最後までチェックして頂けると嬉しいです!

関連カードファイルのおすすめを徹底解説

【ファイル紹介】『トレカ向けカードバインダー』のおすすめ3選
...

 

スポンサーリンク

デッキケースとは

デッキケース

デッキケースとは、トレーディングカードゲームなどのデッキを収納するための入れ物のことです。

トレカをデッキケースに収納することで、下記のようなメリットがあります。

  • 持ち運びに便利
  • カードやスリーブを保護する
  • デッキの管理がしやすい

「持ち運び・カード保護・デッキ管理」の面で優れているので、TCGプレイヤーなら必ず1個以上は持っておきたい必須級アイテムです。

デッキケースの『選び方』

デッキケースは大きさ・素材・作りなどが様々なので、しっかりと自分の目的に合ったケースを選ぶようにしましょう。

まずは、デッキケースを選ぶ時の3つのポイントを紹介します。

①収納枚数で選ぶ

デッキケースでまず注目するべきポイントは「収納枚数」です。

トレカケースのサイズによって、持ち運べる量は「デッキ1個分」のものもあれば「デッキ4個分」のものもあります。

デッキ1個分・デッキ4個分|トレカケース

「持ち運びやすさを優先するのか」「たくさん収納できることを優先するのか」で選ぶデッキケースは全く変わります。まずは自分がどのようにデッキケースを使いたいかを考えて、適切なサイズを選びましょう。

どうしても迷ってしまう方には、持ち運びが楽なコンパクトサイズ(1デッキ分)をおすすめします。デッキケースは「持ち運ぶための箱」でもあるので、リュックやカバンにサッと入れられるコンパクト感が一番です。

僕は基本「コンパクトサイズのデッキケース1個」にしていて、もう少し持ち運びたい時は「カードファイル」や「別のデッキケース1個」も一緒に持って行きます。大きなデッキケースのみだといつでも大きいものを持って行かなければならないので大変です…。コンパクトな方が小回りが利くので、まずはデッキ1個分のコンパクトサイズを手に入れることをおすすめします。

スリーブを付けている方は「一重・二重・三重スリーブの状態で何枚収納できるか」に注意しましょう。例えば、100枚収納と書かれていても、三重スリーブの状態ではその半分しか入らないかもしれません。購入してから「思ったよりも入らない…」とならないためにも、あらかじめしっかりとチェックしておきましょう。
ちなみに、今回紹介するトレカケースは、全て僕が「一重・二重・三重スリーブ状態で何枚入るのか」を試してその枚数を記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

②素材で選ぶ

デッキケースの素材は主に「紙製・プラスチック製・合皮(革製)」の3種類があります。

各素材のメリット・デメリットをまとめたので、それぞれの違いを把握したうえでどれにするか検討してみてください。

「紙製」のデッキケース

紙製のトレカケースと言えば、ストレイジボックスが有名です。

紙製のデッキケース

紙製なので「安い」というのが一番のメリットです。大容量タイプが多いので、大量のトレーディングカードを収納するのに向いています。

一方、デメリットは「劣化しやすい・水に弱い」という点。特に持ち運ぶとなると、リュックやカバンの中で動いて、角の部分からダメージを受けやすいです。僕は何度かスーツケースに入れて持ち運んだことがありますが、気づかぬうちにかなりダメージを受けていました…。

劣化しやすい|紙製のデッキケース

ただ、先ほども書いたように安価なので、「劣化したら買い替えればいい」と割り切って使うのがおすすめです。(僕は、家にある大量のトレカを保管する収納箱として使っています。)

「プラスチック製」のデッキケース

プラスチック製も、安価で人気のデッキケースです。

プラスチック製デッキケース

紙製よりも耐久性があって、水にも強いのが特徴です。

デメリットを挙げると「内側が硬い」「安っぽく見える」こと。

前者(内側が硬い)については、何度も持ち運んでいるうちにスリーブの角にダメージが入ることがあります。そのため、プラスチック製を使うなら、強度のあるハードタイプにするのがおすすめです。

僕は「サブデッキの保管用」として使うことが多いです。クリアタイプなら先頭のカードを見てデッキ内容を把握できるので便利です。

「合皮製(革製)」のデッキケース

3つの目の素材は「革系」のデッキケースです。本革は高価なので、見た目が革のように見える合皮(合成皮革)を使っているものが多いです。(フェイクレザー・レザー調などとも言います)

合皮製のデッキケースの一番の特徴は、見た目がオシャレで高級感があるところです。

合皮製デッキケース

手触りが心地よくグリップ感も良いので、手から滑り落ちることも滅多にありません。

また、内側に柔らかい素材を使っているものがあり、持ち運び時にスリーブの角を痛めないよう配慮されているものが多いです。

内側が柔らかい素材になっている|デッキケース

紙製やプラスチック製と比較すると値段が高めですが、見た目のカッコよさ・手触り・頑丈さなどトータルでは他の素材よりも優れています。

僕はメインの持ち運び用には必ず合皮製のデッキケースを使っています。

③小物入れの有無

また、デッキケースには、カード以外にもダイスなどのサプライを入れる小物トレイが付いているものもあります。

サプライを入れる小物トレイ付き|デッキケース

上の写真はポケカのダメカンを入れた写真です。

TCGに使うサプライもまとめて収納したい方は、小物入れのあるタイプを選びましょう。

デッキケースのおすすめランキング3選

では、ここからはTCGプレイヤーにおすすめしたい『トレーディングカード用デッキケースのおすすめ3選』を紹介します。

1位:アルティメットガードサイドワインダー80+

アルティメットガードサイドワインダー80+|トレーディングカードケース

サイズ(外寸)H78×W104×D80㎜
サイズ(内寸)H59×W95×D69㎜
重量124g
素材XenoSkin、マイクロファイバー
マグネット数4個
サイズ2サイズ(80+・100+)
カラー8色
メーカー・ブランドUltimate Guard

一押しのデッキケースは『アルティメットガードサイドワインダー80+』です。

外側は非常に硬い素材(XenoSkin)で出来ていて、初めて手に取った時の感想は「硬い!」でした。

また、フタ部分はマグネット4個付きになっているので、どれだけ動こうが落とそうがフタが開いてカードが飛び散るなんて心配もありません。見た目以上に頑丈なデッキケースです!

内側はマイクロファイバー素材になっているので、すべすべした滑らかな感触です。

内側はマイクロファイバー素材|アルティメットガードサイドワインダー80+

柔らかいので、中でカードが激しく動いてもスリーブの角が折れることもありません。

そして、このデッキケースの一番のお気に入りポイントは、デッキがスムーズに取り出せるところです。下の写真のように、なんと蓋をガバッと底面にまで広げられます!

蓋が底面にまで広げられる|アルティメットガードサイドワインダー80+

そして、両側面が「凹」の形になっているので、デッキの両側面に指をかけて引き出せます。

デッキが取り出しやすい|アルティメットガードサイドワインダー80+

他のデッキケースの場合、カードがパンパンに入っていると、一方に指が入らずに引き抜きづらいこともありますが、このトレカケースならスッと取り出せます。

アルティメットガードサイドワインダー80+の収納枚数は以下の通りです。(カードやスリーブの厚みで変わってくるので、あくまで参考程度にしてください)

▼収納枚数(実際に入れて計測)

カードのみ159枚
一重スリーブ103枚
二重スリーブ80枚
三重スリーブ65枚

上の通り、スリーブを付けた状態でだいたいデッキ1個分が入る大きさです。手のひらにのるスマートサイズなので、小さめのカバンでも持ち運びやすいところがGOODです。

個人的には、「丈夫さ・取り出しやすさ・持ち運びやすさ・見た目」のどれをとっても一級品で、これまで自分が使った中では一番優秀なデッキケースです。僕の周りでも最近『アルティメットガードサイドワインダー80+』を使っている人が増えています。価格はやや高めですが、それに見合った出来の良いおすすめのデッキケースです!

もっと詳しく知りたいという方は、『アルティメットガードサイドワインダーの魅力5つを徹底レビュー』をチェックしてみてください。

サイドワインダー80+

サイドワインダー100+(少し大きいタイプ)

関連サイドワインダー80+のレビュー

【デッキケース紹介】『アルティメットガードサイドワインダー』を徹底レビュー
...

2位:アクラス 合皮製スリムカードケース

アクラス 合皮製スリムカードケース

サイズ(外寸)W164×D50×H108㎜
サイズ(内寸)W74×2×D37.5×H100㎜
重量184g
素材合皮
マグネット数1個
サイズ1種類
カラーブラックのみ
メーカー・ブランドアクラス

アクラス合皮製スリムカードケースの良いところは、厚さ約5㎝という薄さです!

薄い|アクラス 合皮製スリムカードケース

厚みが薄いので、ビジネスバッグやショルダーバッグにも難なく入れられます!

ビジネスバッグに入れやすい|アクラス 合皮製スリムカードケース

 

中身は、2つのポケットが並列しているタイプです。

2つのポケットが並列しているタイプ|アクラス 合皮製スリムカードケース

 

アクラス合皮製スリムカードケースの収納枚数は以下の通りです。(2つのポケットに入るトータルの枚数です)

▼収納枚数(実際に入れて計測)

カードのみ212枚
一重スリーブ148枚
二重スリーブ114枚
三重スリーブ84枚

カラーはブラック一択で、デザインも渋めなので、子供はあまり喜ばないデザインだと思います。

ただ、携帯性が圧倒的に優れているので、ビジネスバッグや小さいカバンに入れて持ち運ぶ方にはおすすめのデッキケースです。

合皮製スリムカードケース

関連アクラススリムカードケースのレビュー

【デッキケース紹介】『アクラス(Aclass)合皮製スリムカードケース』のレビュー
...

3位:Cicogna トレカデッキケース タイプB

Cicogna トレカデッキケース タイプA|トレカケース

サイズ(外寸)80×82×103㎜
サイズ(内寸)70×68×95㎜
重量102g
素材PUレザー、ナイロン
マグネット数2個
サイズ2サイズ
カラー11色
メーカー・ブランドCicogna

Cicogna トレカデッキケースは、アルティメットガードに似た作りのデッキケースです。僕が持っているのはサイズが大きい方の「タイプB」です。

ただ、フタ部分は一般的なタイプです。

|蓋を開けた写真|Cicogna トレカデッキケース タイプA

アルティメットガードと比較すると、ケースの角部分の作りなどがやや粗く、精巧さではアルティメットガードの方が上です。

メリットは、アルティメットガードよりも価格が安いこと。また、ロゴが入っていないので、「ロゴなしのシンプルな見た目が良い」という方は検討してみてもいいと思います。

Cicogna トレカデッキケース タイプBの収納枚数は以下の通りです。(カードやスリーブの厚みで変わってくるので、あくまで参考程度にしてください)

▼収納枚数(実際に入れて計測)

カードのみ186枚
一重スリーブ121枚
二重スリーブ93枚
三重スリーブ71枚

どちらかというとアルティメットガードの方が「作りが丁寧・カードが取り出しやすい・マグネットが多い」ので、個人的にはアルティメットガードの方をおすすめします。

ただ、Cicogna トレカデッキケースも悪いというわけではないので、「少しでも価格が安いほうが良い」「ロゴがないのが好み」という方はチェックしてみてください。

Cicogna トレカデッキケース

関連Cicognaトレカデッキケースのレビュー

【デッキケース紹介】『Cicognaトレカデッキケース』のレビュー
...

【まとめ】おすすめのデッキケース一覧表

今回紹介した『トレーディングカード用デッキケースのおすすめ3選』を一覧表にしてまとめました。

ランキング画像トレカケース名
1位アルティメットガードサイドワインダー80+
2位アクラス 合皮製スリムカードケース
3位Cicogna トレカデッキケース

【最後に】購入前には必ずトレカケースのサイズをチェックしよう!

TCG用デッキケース

以上が、『トレーディングカード用デッキケースのおすすめ3選』の徹底紹介でした。

最後に、購入前には「自分のスリーブサイズがそのデッキケースに収まるか」を必ずチェックすることをおすすめします。

というのは、以前に「トレーディングカード用のデッキケースなら当然2重スリーブくらいは入るだろう」と思って購入したら、スリーブを付けた状態ではフタが閉まらない…という悲しい出来事がありました。(仕方がないので、そのトレカケースはコモンカードをスリーブなしで収納する保管箱にしています)

こうなってしまったら後の祭りなので、特にスリーブを付ける方は購入前にデッキケースの内寸をしっかりと確認しておきましょう。

また、デッキケースの他にも、カードファイルを持っておくとカードの整理やデッキ以外の持ち運びができるのでおすすめです。別記事の『トレーディングカードにおすすめのファイル』で保管用・持ち運び用・兼用などができるカードファイルを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

サイドワインダー80+

合皮製スリムカードケース

Cicogna トレカデッキケース

【関連】『キャリングケース』のおすすめ

キャリングケースのおすすめ

カードをたくさん持ち運びたいという方には『キャリングケース』がおすすめです。詳しくは『TCG向けキャリングケースのおすすめ』で紹介しているのでぜひこちらもチェックしてみてください。

【TCG専用】キャリングケースのおすすめ6選(ポケカ・遊戯王など)
...

【関連】『ストレイジボックス』のおすすめ

トレーディングカード用ストレージボックス

大量のカードを保管するためのストレージボックスなら『ストレージボックスのおすすめを徹底紹介』にまとめています。

【TCG向け】『カードストレージボックス』のおすすめ9選
...

【関連】『カードファイル』のおすすめ

カードファイルのおすすめ

また、カード管理・自宅保管・持ち運びには『カードファイル』があると便利です。詳しくは『TCGにおすすめのカードファイルを徹底解説』にまとめているのでぜひこちらもご覧ください。

【ファイル紹介】『トレカ向けカードバインダー』のおすすめ3選
...

その他の関連記事

【デッキケース紹介】『アルティメットガードサイドワインダー』を徹底レビュー
...
【デッキケース紹介】『アクラス(Aclass)合皮製スリムカードケース』のレビュー
...
【デッキケース紹介】『Cicognaトレカデッキケース』のレビュー
...