【デッキケース紹介】『アクラス フォールディングデッキケース』をレビュー

【デッキケース紹介】『アクラス フォールディングデッキケース』をレビューデッキケース

この記事では、アクラス(Aclass)のフォールディングデッキケースをレビューしています。

フォールディングデッキケース

僕が特に気に入っているデッキケースについては『TCGプレイヤーにおすすめのデッキケースランキング』で紹介しているので、こちらもチェックして頂けたら嬉しいです。
スポンサーリンク

アクラス フォールディングデッキケースの『基本情報』

まずは、アクラス フォールディングデッキケースの商品情報・サイズ・重量などをまとめました。

商品情報

サイズ(公式情報) 縦72×横115×奥行105mm
素材PUレザー(外側)
ファインクロス素材(内側)
マグネット数2個
カラー4色
メーカー・ブランドAclass

デッキケースのサイズ(外寸・内寸)

アクラス フォールディングデッキケースのサイズ(外寸・内寸)を実際に測ってみました。(基本情報に記載した公式情報とは多少異なります)

外寸サイズを測ると「117×105×72㎜」でした。

外寸サイズ|アクラス フォールディングデッキケース

 

内寸のサイズを測ると「104×110mm」でした。

内寸サイズ|アクラス フォールディングデッキケース

このポケットの大きさなら、遊戯王・ヴァンガードなどのミニサイズの三重スリーブ(68×93㎜)や、ポケカ・デュエマ・MTGなどのレギュラーサイズの三重スリーブ(64.5×91.5㎜)でも余裕で入ります。

デッキケースの重量

アクラス フォールディングデッキケースの重量は「93g」でした。

同系統のデッキケースの中では、かなり軽い部類です。

フタ部分

フタ部分はマグネット式になっていて、フタの内部にマグネットが2個入っています。

マグネット式|アクラス フォールディングデッキケース

アクラス フォールディングデッキケースの『組み立て』

アクラス フォールディングデッキケースは組み立て式になっていて、最初は下の写真のように折り畳んだ状態でパッケージされています。

組み立て式|アクラス フォールディングデッキケース

 

組み立てる前の展開した状態がこちら。

展開した状態|アクラス フォールディングデッキケース

 

デッキケースの両側面にボタンが6個ずつ付いているので、このボタンをカチッとはめて組み立てていきます。

ボタンをはめて組み立てる|Aclass フォールディングデッキケース

ボタンで固定する|アクラス フォールディングデッキケース

 

完成したのがこちら。

組み立て完成|Aclass フォールディングデッキケース

黒と青のツートーンカラーがクールでカッコいいです。シンプルなデザインにボタンがアクセントになっているのもお洒落です!

蓋を閉じた状態がこちら。

蓋を閉じた状態|Aclass フォールディングデッキケース

蓋を閉じた状態だと、見た目がブラック一色になってシックな見た目になるのもGOODです!

アクラス フォールディングデッキケースの『素材』

組み立て式というとストレイジボックスのような紙製をイメージしがちですが、アクラス フォールディングデッキケースの外側は、高級感のある「PUレザー素材」になっています。

PUレザー素材|Aclass フォールディングデッキケース

PUレザーは「フェイクレザー」とも呼ばれ、合皮製の中でも通気性に優れています。

内側は手触りの良い「ファインクロス素材」になっています。

ファインクロス素材|アクラス フォールディングデッキケース

さらっとした触り心地で、光沢感があります。

アクラス フォールディングデッキケースの『収納枚数』

アクラス フォールディングデッキケースにカードを入れて、収納枚数を調べました。(カードやスリーブの厚みで変わってくるので、あくまで参考程度にしてください)

まず、カードのみの状態では「339枚」のカードが入りました。

カードのみで339枚収納|アクラス フォールディングデッキケース

 

一重スリーブ(ハード)では「200枚」入りました。

一重スリーブで200枚収納|アクラス フォールディングデッキケース

 

 

二重スリーブ(ソフト+ハード)では「149枚」入りました。

二重スリーブで149枚収納|アクラス フォールディングデッキケース

 

三重スリーブ(ソフト+ハード+ハード)では「111枚」入りました。

三重スリーブで111枚収納|アクラス フォールディングデッキケース

以上の結果を、表にまとめました。

▼ 収納枚数まとめ ▼

スリーブの状態収納枚数
カードのみ339枚
1重スリーブ200枚
2重スリーブ149枚
3重スリーブ111枚

アクラス フォールディングデッキケースは生地の厚みが薄いこともあって、このサイズ帯のデッキケースにしては収納枚数がかなり多いです。例えば、遊戯王カードなら、三重スリーブの状態で「メインデッキ40~60枚・エクストラデッキ15枚・サイドデッキ15枚」が余裕で入ります。

公式情報の「3重スリーブなら約120枚収納可能」とは若干異なりますが、カードやスリーブの厚みでも変わってくるので、あくまで参考値として考えてください。

アクラス フォールディングデッキケースの『種類』

アクラス フォールディングデッキケースには、カラーバリエーションが4種類あります。

▼ カラー4種類 ▼

画像カラー
ブルー
レッド
グリーン
グレー

アクラス フォールディングデッキケースの『比較』

その他のデッキケースを並べて、サイズ感や見た目が比較できるようにしました。気になるデッキケースがありましたら、各デッキケースのレビュー記事をチェックしてみてください。

写真の③が『アクラス フォールディングデッキケース』です。

画像商品名(レビュー記事)
①アルティメットガード フリップトレイデッキケース 100+
アルティメットガード サイドワインダー 80+
③アクラス ホールディングデッキケース
アクラス 合皮製スリムカードケース
Cicogna トレカデッキケース タイプB

※リンクから各デッキケースのレビュー記事に飛べます。

アクラス フォールディングデッキケースの『レビュー』

良いところ・微妙なところ

まずアクラス フォールディングデッキケースのお気に入りポイントは、見た目のカッコよさです。外側ブラック・内側ブルーという配色がオシャレで、洗練された見た目が気に入っています。

また、フェイクレザーを使ったデッキケースはたくさんありますが、生地が薄いタイプは珍しいです。この薄さもあってデッキケースがスマートに見えるのだと思います。

さらに、生地が薄いことで、見た目以上に収納枚数が多いのもこのデッキケースの魅力です。三重スリーブで100枚以上入れられるのにはびっくりしました。

一方で、微妙な点を挙げるとすると、他のデッキケースに比べて蓋が開きやすいことです。これはデッキケースの生地の薄さに合わせて、磁石の厚みが薄くなっているためだと思います。何度かテーブルから落としてみたら、当たり所が悪いとフタがあいてしまいました。ただ、リュックやカバンの中で動いて蓋があくといったことはありません。テーブルから落下させないようにだけ注意していれば問題ないと思います。

強い力が加わっても開かないデッキケースが良いという方は、磁石が4個付いている『アルティメットガード サイドワインダー』がおすすめです。

まとめ

アクラス フォールディングデッキケースの個人的な印象をまとめました。

  • 配色やスリムな形状がカッコいい
  • サイズの割に収納枚数が多い
  • フタ部分があきやすい

以上が、アクラス フォールディングデッキケースのレビュー紹介でした。

大人な雰囲気のオシャレ感ではダントツなので、特に見た目が良いデッキケースを探している方にはおすすめのデッキケースです。

フォールディングデッキケース ブルー

フォールディングデッキケース レッド

フォールディングデッキケース グリーン

『デッキケース』のおすすめランキング

また、僕が特に気に入っているデッキケースについては『TCGプレイヤーにおすすめのデッキケースランキング』で紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

【必須級】『トレカ用デッキケース』のおすすめランキング3選
...

関連記事

【デッキケース紹介】『アルティメットガードサイドワインダー』を徹底レビュー
...
【デッキケース紹介】『アクラス(Aclass)合皮製スリムカードケース』のレビュー
...
【デッキケース紹介】『Cicognaトレカデッキケース』のレビュー
...
【カードケース紹介】『RLSOCO トレーディングカード収納ケース』のレビュー
...
【デッキケース紹介】『アクラス カードケースWシリーズ』をレビュー
...
【大容量タイプ】『トレカキャリングケース』をレビュー
...