【レビュー】Ultimate Guard フリップトレイデッキケースを徹底紹介

【レビュー】アルティメットガード フリップトレイデッキケースを徹底紹介

この記事では、アルティメットガード(Ultimate Guard) フリップトレイデッキケース 100+をレビューしています。

フリップトレイデッキケースは、カード収納だけでなく、ダイス収納トレイが付いているのが特徴です。

※よりコンパクトなデッキケースの『アルティメットガード サイドワインダーのレビュー』も書いているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Ultimate Guard フリップトレイデッキケースの『基本情報』

まずは、アルティメットガード フリップトレイデッキケース 100+の基本情報をまとめました。(サイズ・重量は自分で計測した値です)

Ultimate Guard フリップトレイデッキケース 100+

外寸サイズ(実測)幅88㎜×高さ143㎜×奥行91㎜
内寸サイズ(実測)上段:幅67×高さ29×奥行69㎜
下段:幅67×高さ68×奥行69㎜
収納可能サイズ(実測)91㎜×64.5㎜
重量(実測)266g
素材(外側)XenoSkin
(内側)マイクロファイバー
フタ部分マグネット4個
サイズ2サイズ(80+・100+)
カラー8色
メーカー・ブランドUltimate Guard

Ultimate Guard フリップトレイデッキケースの『仕様』

2つの収納トレイ

アルティメットガード フリップトレイデッキケースの特徴は、上下に2つのトレイが付いていることです。

上の段が「ダイス収納トレイ」、下の段が「カード収納トレイ」になっています。

収納トレイが2つある|Ultimate Guard フリップトレイデッキケース 100+

ダイス収納トレイには、下の写真のようにたくさんのダイスや小物を入れることができます。

ダイスを収納|アルティメットガード フリップトレイデッキケース

ポケカのダメカンを収納|アルティメットガード フリップトレイデッキケース

MTGで使うダイスやポケカで使うダメカンなどを収納できるのでとても便利です!

デッキケースを取り出せばスムーズにゲームが始められますし、ダイスなどの小物を家に忘れてしまうこともなくなります。

フタの開閉部分

フタの開閉部分はマグネット式になっていて、フタの内部にマグネットが4個入っています。

マグネット式|アルティメットガード フリップトレイデッキケース

かなり強力にくっ付くので、カバンの中で激しく動いたり、テーブルから落としたりしても開くことはありません。

素材

外側の素材は「XENOスキン」というアルティメットガード独自の素材です。

触った感じでは「すごく硬い合皮」のような印象。しっかりとした硬さがあって、触っただけで頑丈なデッキケースというのが分かります。

XENOSKIN素材|アルティメットガード フリップトレイデッキケース

手触りはザラザラとして、手から滑り落ちないようなグリップ感がGOODです。

内側は「マイクロファイバー素材」になっています。

すべすべとした触り心地が気持ちいいです。

Ultimate Guard フリップトレイデッキケースの『サイズ・重量』

アルティメットガード フリップトレイデッキケース 100+のサイズ(外寸・内寸)を実際に測ってみました。(基本情報に記載した公式情報とは多少異なります)

デッキケースの外寸サイズ

フリップトレイデッキケース100+の外寸サイズを測ると「幅88㎜×奥行91㎜×高さ143㎜」でした。

外寸サイズ|Ultimate Guard フリップトレイデッキケース

僕が気に入っている同社のもうひとつのデッキケースのアルティメットガードサイドワインダー80+と比べると、1.5倍くらい大きいです。

サイドワインダーと比較|Ultimate Guard フリップトレイデッキケース

デッキケースの内寸サイズ

ダイス収納トレイの内寸サイズを測ると「幅67㎜×高さ29㎜×奥行69㎜」でした。

ダイス収納トレイの内寸サイズ|Ultimate Guard フリップトレイデッキケース

 

カード収納トレイの内寸サイズを測ると「幅67㎜×高さ68㎜×奥行69㎜」でした。

カード収納トレイの内寸サイズ|Ultimate Guard フリップトレイデッキケース

 

本体の内寸は以下の通りでした。

デッキケースの重量

アルティメットガード フリップトレイデッキケースの重量は「266g」でした。

重量|Ultimate Guard フリップトレイデッキケース

Ultimate Guard フリップトレイデッキケースの『収納サイズ・収納枚数』

アルティメットガード フリップトレイデッキケース 100+の収納可能サイズと収納枚数についてまとめました。

収納可能サイズ

僕が調べた限り、デッキをスムーズに出し入れできるスリーブサイズのMAXは「64.5㎜×91㎜」でした。

実際に、遊戯王などのスモールサイズカードを3重スリーブ(64.5㎜×91㎜)にして収納したのがこちら。

64.5㎜×91㎜のカードを収納|Ultimate Guard フリップトレイデッキケース

上の通り、ちょうどぴったりの大きさです。ちなみに、高さが92㎜のスリーブになると、頭部分が引っかかってしまうのでNGです。

また、カードを横向きに入れていけば「66㎜×91㎜」サイズまでなら収納可能になります。

ポケカ・MTGなどのスタンダードサイズを2重スリーブ状態(66㎜×91㎜)で収納したのがこちら。

上の通り、カード収納の向きを変えれば、幅66㎜のスリーブでも入ります。

ただし、ポケカ・MTGなどのスタンダードカードサイズを3重スリーブ状態で収納するのは厳しいので注意しましょう。スタンダードサイズカードを3重スリーブで収納したい場合は『アルティメットガードサイドワインダー』がおすすめです。

【レビュー】Ultimate Guard サイドワインダーを徹底紹介
...

収納枚数

Ultimate Guard フリップトレイデッキケース100+にカードを入れて、収納枚数を調べました。(カードやスリーブの厚みで変わってくるので、あくまで参考程度にしてください)

まず、カードのみの状態では「212枚」のカードが入りました。

カードの収納枚数|Ultimate Guard フリップトレイデッキケース100+

 

一重スリーブ(ハード)では「124枚」入りました。

一重スリーブ状態の収納枚数|Ultimate Guard フリップトレイデッキケース100+

 

 

二重スリーブ(ソフト+ハード)では「94枚」入りました。

二重スリーブ状態の収納枚数|Ultimate Guard フリップトレイデッキケース100+

 

三重スリーブ(ソフト+ハード+ハード)では「70枚」入りました。

以上の結果を、表にまとめました。

▼ 収納枚数まとめ ▼

スリーブの状態収納枚数
カードのみ212枚
1重スリーブ124枚
2重スリーブ94枚
3重スリーブ70枚

上の通り、2重スリーブで100枚弱、3重スリーブで約70枚を収納できます。

Ultimate Guard フリップトレイデッキケースの『種類』

アルティメットガード フリップトレイデッキケースのサイズには「80+」「100+」「160+」「200+」の4種類があります。数字の大きさは、2重スリーブ状態での収納可能枚数の目安を表しています。

「160+」と「200+」はカード収納トレイが2つ付いたツインタイプになっています。(ダイストレイを合わせるとトレイは3個)

Ultimate Guard ツインフリップトレイデッキケース

カード収納部分が2つあると、2つのデッキを分けて入れたり、デッキ構築用の予備カードを分けて入れるといった使い方ができるので便利です。

▼4サイズまとめ

画像サイズ名収納トレイ数
フリップトレイデッキケース 80+2個
フリップトレイデッキケース 100+2個
ツインフリップトレイデッキケース 160+3個
ツインフリップトレイデッキケース 200+3個

その他のデッキケースとの『比較』

その他のデッキケースを並べて、サイズ感や見た目が比較できるようにしました。気になるデッキケースがありましたら、各デッキケースのレビュー記事をチェックしてみてください。

写真の①が『Ultimate Guard フリップトレイデッキケース100+』です。

画像商品名(レビュー記事)
①アルティメットガード フリップトレイデッキケース 100+
アルティメットガード サイドワインダー 80+
アクラス ホールディングデッキケース
アクラス 合皮製スリムカードケース
Cicogna トレカデッキケース タイプB

※リンクから各デッキケースのレビュー記事に飛べます。

最後に:ダイスや小物を一緒に持ち運べるデッキケース

アルティメットガード社のデッキケースはどれも頑丈で高品質なので、デッキケースで迷っている方ならまずアルティメットガード社を選んでおけば間違いありません。個人的には一番信頼しているデッキケースです。

今回紹介したフリップトレイデッキケースの特徴は、ダイス収納トレイが付いていることです。デッキを持ち運ぶ時にこれ1つカバンに入れるだけなので、とても便利です。

一方で、デメリットを挙げるとすると、スタンダードサイズの3重スリーブが入らないという点。これについては、TCGのカードサイズや自分のスリーブ状況によって変わってくるので、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

ポケカ・MTG・デュエマなどのスタンダードサイズカードで3重スリーブにしている方には、アルティメットガード サイドワインダーがおすすめです。詳しくは、アルティメットガードサイドワインダーのレビュー記事で紹介しています。

以上が、Ultimate Guard フリップトレイデッキケースの徹底紹介でした。

ダイスや小物を1つのケースに入れておけば、デッキケースを取り出してすぐにゲームの準備ができますし、家に忘れてくるといったこともなくなります。ダイス等をまとめて持ち運びたいという方にはおすすめのデッキケースです。

《関連》デッキケースのおすすめランキング

また、僕が特に気に入っているデッキケースについては『TCGプレイヤーにおすすめのデッキケースランキング』で紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

【おすすめ】『トレカ用デッキケース』のお気に入りランキング6選
...

《関連》デッキケースレビュー

▼アルティメットガードサイドワインダー

【レビュー】Ultimate Guard サイドワインダーを徹底紹介
...

▼Cicogna トレカデッキケース

【レビュー】『Cicognaトレカデッキケース』を徹底紹介
...

▼アクラス フォールディングデッキケース

【レビュー】アクラス フォールディングデッキケースを徹底紹介
...

▼アクラス 合皮製スリムカードケース

【レビュー】アクラス(Aclass)合皮製スリムカードケースを徹底紹介
...

▼RLSOCO トレーディングカード収納ケース

【レビュー】『RLSOCO トレーディングカード収納ケース』を徹底紹介
...

《関連》トレカ買取サービスのおすすめランキング

トレカ買取サービスランキング

使っていないカードを売りたい方、押入れの大量のカードを処分したいという方は、トレカ買取サービスを利用するのがおすすめです。カードを梱包して発送するだけで簡単にカードを売ることができます。

僕はこれまで何十回とカードを買取に出して各サービスのレビュー記事を書いてきたので、その経験を活かして『トレカ買取サービスのおすすめランキング』を作りました!買取サービスにはそれぞれ「発送が楽」「買取金額が高め」「査定が早い」などの特徴があるので、買取サービスを使ったことがない方はぜひ参考にしてみてください。

『トレカ買取サービスのおすすめランキング5選』実際に全て利用して徹底検証!
これまで様々なカード買取サービスのレビュー記事を書いてきたので、各サービスのメリット・デメリットがハッキリと分かってきました。買取サービスを何度も使う中で、自分の中でおすすめできるサービスが固まってきたので、今回は、本当におすすめしたいトレ