【評価】KINGスリーブの良い点・微妙な点を徹底レビュー

KINGスリーブの良い点・微妙な点を徹底レビュー
  • URLをコピーしました!

当サイトには広告が含まれています

春のビッグセール!

\ 最大10%ポイントアップ /

この記事では、TOYGERのKINGスリーブを徹底紹介します。

キングスリーブを使った感想だけでなく、他の無地スリーブと比較して「透明度・硬さ・裂けにくさ・接着部分の処理・シャッフル感・デッキの崩れにくさ」を評価しているので、参考にしてみてください。

また、サイズ感が分かりやすいように、「スタンダードサイズのカードを入れた写真」「インナースリーブを入れた写真」を載せています。

不良品が多かった初期のKINGスリーブではなく、品質改善後のKINGスリーブで検証しています。

スタンダードサイズ用

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場で探す

ミニサイズ(スモールサイズ)用

その他の無地スリーブも知りたい方は『無地スリーブのおすすめランキング』をチェックしてみてください。

目次

KINGスリーブの情報・評価

TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ
発売元TOYGER
サイズ66×91㎜
枚数80枚入り(予備として+4枚)
加工表面:クリア
裏面:エンボス加工
カラーバリエーション9色(ミニサイズは5色)
製造不明

無地スリーブとしての評価

透明度 5.0
硬さ 4.0
裂けにくさ 3.0
接着部分の処理 2.5
シャッフル感 4.0
デッキの崩れにくさ 2.0
メリット&デメリット
  • 丸い粒状の凹凸感
  • 横入れシャッフル時に抵抗感が少ない
  • 両面カラー加工で全く透けない
  • 透明度が高い
  • 側面がやや裂けやすい
  • デッキ崩れしやすい
  • 接着部分の処理がやや粗い

KINGスリーブの特徴

まずは、KING(キング)スリーブの特徴から紹介します。

KINGスリーブ スタンダードサイズの大きさは66×91㎜です。

スリーブサイズ|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

KINGスリーブのミニサイズは62×89㎜です。

実際に、KINGスリーブ スタンダードサイズに63×88㎜(ポケカ)を入れた画像がこちら。

ポケカを入れた画像|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

また、インナースリーブ(64×89㎜)を付けた状態でも入ります。

インナースリーブを付けたポケカを入れた画像|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

表裏の仕様は、表面がクリア面裏面がエンボス加工になっています。

裏面がエンボス加工|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

エンボス加工が施された裏面は細かな凹凸があることで、スリーブ同士がくっつきにくく、シャッフルしやすくなっています

また、内側の色がブラックになっていることで、カードが引き立って見えるのもGOODです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場で探す

KINGスリーブの性能

KINGスリーブの性能について、他の無地スリーブと比較しながら紹介します。

検証した項目は、以下の8点です。

  1. 透明度
  2. 硬さ
  3. 裂けにくさ
  4. 透けにくさ
  5. 凹凸感
  6. シャッフルのしやすさ
  7. デッキの崩れにくさ
  8. 接着面の処理

①透明度

キングスリーブにポケカを入れて、透明度をチェックしてみました。

透明度|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

写真からクリアなことは分かりますが、これではほかのスリーブと比べて透明度が高いのか分かりません。

そこで、KINGスリーブの透明度を比較するために、以下のように検証しました。

まずは、様々な無地スリーブのクリア面を四角に切り取ります。(1種類につき3枚)

無地スリーブのクリア面を四角に切り取る

切り取ったスリーブを3枚重ねて、カードの上に置きます。(1枚よりも3枚の方が差がハッキリわかるため)

無地スリーブを3枚重ねて、カードの上に置く

切り取ったスリーブをそれぞれ3枚ずつカードを上に置き、イラストの鮮明さを比較しました。

無地スリーブの透明度を比較

写真では分かりづらいですが、KINGスリーブは下段の右から2番目です。

比較した結果、KINGスリーブの透明度の高さはトップクラスでした。

他社製では、透明度の高い『ウルトラプロ イクリプススリーブ プログロス』や『ドラゴンシールドスリーブ』と同等のクリアさで、KATANAスリーブやハイパーマットスリーブよりも透明度が高いです。

②硬さ

片方の手で2種類のスリーブをつまむようにして持ち、もう片方の手で膨らんだ部分をトントンと叩くことで、スリーブの硬さを比較しました。(2種類のスリーブの形を同じにするのが大事)

スリーブの硬さを比較

KINGスリーブの硬さはまずまず硬い方で、KATANAスリーブ・ハイパーマットスリーブ・ドラゴンシールドスリーブと同程度でした。

③側面の裂けにくさ

無地スリーブの側面を引っ張って、裂けにくさをチェックしました。

側面の裂けにくさを検証|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

側面の裂けにくさは個体差もあるので、無地スリーブを無作為に3枚ずつ取り出して、1枚につき両側面を引っ張って、1種類につき6回検証しています。

検証後の無地スリーブの残骸がこちら。

無地スリーブの裂けにくさを比較

KINGスリーブの側面を6回引っ張った結果がこちら。

  • 強い力でも全く裂けなかった…0回
  • 強い力でなんとか裂けた…2回
  • 中程度の力で裂けた…3回
  • 軽い力で裂けた…1回

裂けにくさに個体差はあるものの、無地スリーブの中ではやや裂けやすい印象です。

定番の無地スリーブを裂けにくい順に並べると、以下のようになります。

KATANA>ウルプロ イクリプス>ウルプロ プログロス>KINGスリーブ>ハイパーマット>ドラゴンシールド

④透けにくさ

KINGスリーブ両面カラー加工になっていて、スリーブの内側がブラックに塗装されています。

これにより、明るい色のスリーブでもカード裏面の絵柄が全く透けません。

透けやすいスリーブとの比較

裏面が透けにくい|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

透けやすいスリーブの方はポケカの裏側の文字やイラストがうっすらと透けて見えますが、KINGスリーブはカードの絵柄が全然見えません。

透けてしまうと、カードの色味を拾って全体的に暗くなって見えることがありますが、KINGスリーブなら背面の発色がとても綺麗です。

⑤凹凸感

キングスリーブのエンボス加工は、凹凸の形状がハッキリとした丸い粒状になっているのが特徴的です。

ハイパーマットKATANAスリーブなどの無地スリーブと比べると、下の写真右側のハイパーマットが「不規則な模様状」で、左側のKINGスリーブは「均一なつぶつぶ」です。

凹凸感|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

触った感じは、凹凸がハッキリしている分、KINGスリーブの方がザラザラを感じやすいです。

⑥シャッフルのしやすさ

横入れシャッフル(ファローシャッフル)については、スリーブの滑りが良いので自然に入り込んでいきます。

横入れシャッフル|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

KATANAスリーブやウルトラプロ イクリプススリーブよりも抵抗感なくスッと落ちていくので、最後に押し込む力もほとんど必要ありません。

シャッフル感が一番近いのは、アクラスのザラザラマットスリーブProです。(抵抗感のなさは、ザラザラマットPro>KING)

このシャッフル感は、エンボス加工が均一な粒状になっていることで、スリーブ同士の接地面積が少ない(=摩擦が少ない)ため、滑りやすくなっているのだと思います。

ただ、シャッフルで唯一気になったのは、最初にスリーブの束を挿しこむ時にスリーブの側面同士がぶつかりやすいこと。KATANAスリーブイクリプススリーブはスリーブの束をあてがうとスッと間に入っていきますが、キングスリーブはぶつかって止まることが多かったです。

この対策として、シャッフル前にスリーブの束に隙間ができるように持つと、だいぶマシになります。

⑦デッキの崩れにくさ

板の上に様々な無地スリーブを30枚ずつ重ねて置き、板を軽く揺らして、デッキの崩れにくさを比較してみました。

デッキの崩れにくさの検証

10種類の無地スリーブと比較して何度も試してみましたが、KINGスリーブ圧倒的に滑りやすかったです。(10種類の中で1番滑りやすい)

デッキの滑りやすさの検証|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

この理由は、シャッフル感の部分で解説した通り、粒状のエンボス加工によりスリーブ同士の摩擦が少ないために滑りやすいのだと思います。

滑りやすいスリーブはシャッフルがスムーズですが、一方でデッキ崩れしやすいといったデメリットにもなります。

⑧接着部分(裁断部分)の処理

KINGスリーブ底面の接着部分を見ると、熱をかけて接着した時の溶け跡が若干見えます。ただ、指で撫でるとケバケバした感じはありません。

裁断部分|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

一方で、KINGスリーブを束にして底面を確認すると、ブラック面とカラー面が綺麗に分かれていないように見えます。

接着部分の処理|TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズ

KINGスリーブと同じく、スリーブ内側をブラックで塗っている『ウルトラプロのイクリプススリーブ プロマット』で確認すると、ブラック面とカラー面がキレイに分かれています。

KINGスリーブのカラーバーリエーション

TOYGER KINGスリーブ スタンダードサイズのカラーバリエーションは、以下の9種類です。

KINGスリーブのカラーバリエーション

【スタンダードサイズの色】
グリーン / グレー / パープル / レッド / ピンク / ライトブルー / ブラック / イエロー / ホワイト

また、KINGスリーブ ミニサイズ(遊戯王サイズ)のカラーバリエーションは、以下の5色です。

【ミニサイズの色】
ピンク / ライトブルー / ブラック / イエロー / ホワイト

この中でどの色が人気かというと、Amazonのトレーディングカード用スリーブの売れ筋ランキングでは、1番の売れ筋が「イエロー」でした。

スタンダードサイズ用

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場で探す

ミニサイズ(スモールサイズ)用

【まとめ】KINGスリーブを使った感想

TOYGER KINGスリーブ

KINGスリーブの一番の特徴は、スリーブ裏面の均一な粒状のエンボス加工です。

凹凸が細かいことで滑りが良くなっているので、横入れシャッフルが抵抗感なくスッと入り込んでいきます。この抵抗感のなさは、アクラス ザラザラマットスリーブProに次ぐスムーズさです。

スリーブの側面同士がぶつかりやすいという部分はネックですが、これはスリーブの束の持ち方を少し工夫すればだいぶマシになります。

また、透明度は無地スリーブの中ではトップクラスで、ウルトラプロ イクリプススリーブ プログロスドラゴンシールドスリーブと同等のクリアさです。

一方で、スリーブ同士が滑りやすいので、デッキ崩れしやすいのがデメリットです。普段から「デッキが崩れるのがストレス…」という方は注意してください。

裂けにくさの検証では、KATANAスリーブ・ハイパーマットスリーブ・イクリプススリーブよりも裂けやすいという結果でした。また、細かいところですが、スリーブ底面の接着部分(裁断部分)の色のバラつきも若干気になりました。

まとめると、KINGスリーブを比較検証した結果としては、KATANAスリーブの安価バージョンという印象です。KATANAスリーブと比べると、裂けやすい・接着部分の処理が粗い・デッキ崩れしやすいですが、だいたい1,000円くらいで販売されているので、KATANAスリーブよりも安く手に入るのが良いところです。

「KATANAスリーブが欲しいけど、ちょっと高い…」という方は一度KINGスリーブを試してみてください。

また、この他の無地スリーブについても知りたい方は、別記事の『無地スリーブのおすすめランキング』もぜひチェックしてみてください。

スタンダードサイズ用

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場で探す

ミニサイズ(スモールサイズ)用

▼無地スリーブのおすすめランキング

【一覧表】他の無地スリーブの評価一覧

無地スリーブ

他の無地スリーブの個人的評価を一覧表にしてまとめました。

この一覧表の詳細は、別記事の『無地スリーブのおすすめランキング』をご覧ください。

スクロールできます

スクロールできます
画像スリーブ名透明度硬さ裂けにくさ接着部分
の処理
シャッフルデッキの
崩れにくさ
KATANAスリーブ【1位】イチオシ
KATANAスリーブ
66×91㎜ / 100枚

4.0

4.0

5.0

5.0

4.5

4.5
UltraPRO エクリプスプログロススリーブ【2位】光沢アップ
イクリプス グロススリーブ
66×91㎜ / 100枚

5.0

3.0

3.5

4.5

4.5

4.5
UltraPRO エクリプスプロマットスリーブ【3位】マット№1
イクリプス マットスリーブ
66×91㎜ / 100枚

2.0

2.5

4.0

4.5

5.0

3.0
ドラゴンシールドスリーブデュアルマット【4位】
ドラゴンシールドスリーブ デュアルマット
66×92㎜ / 100枚

5.0

4.5

2.5

3.0

5.0

3.5
アクラス ザラザラマットスリーブPRO【5位】
ザラザラマットスリーブPro
66×91㎜ / 80枚

1.5

3.5

2.0

2.0

4.5

1.5
画像スリーブ名透明度硬さ裂けにくさ接着部分の処理空気の抜けやすさデッキの
崩れにくさ
KINGスリーブ【6位】
KINGスリーブ
66×91㎜ / 80枚

5.0

4.0

3.0

2.5

4.0

2.0
ドラゴンシールド【7位】
ドラゴンシールドスリーブ マットタイプ
66×92㎜ / 100枚

5.0

4.0

1.0

2.5

4.5

4.0
ハイパーマットプレミアム【8位】
ハイパーマットプレミアム
66×91㎜ / 80枚

1.0

4.0

1.0

3.5

3.5

2.5
ハイパーマットスリーブ ブラック【9位】コスパ最強
ハイパーマットスリーブ
66×91㎜/ 80枚

4.0

4.0

2.0

3.5

3.0

4.5
SUPREME UXスリーブ【10位】
SUPREME UXスリーブ
66×91㎜ / 80枚

4.0

1.5

5.0

5.0

2.5

2.5
画像スリーブ名透明度硬さ裂けにくさ接着部分の処理空気の抜けやすさデッキの
崩れにくさ
ハイパーストロング【11位】
ハイパーストロング
66×91㎜ / 80枚

3.5

5.0

1.5

3.5

1.5

5.0

関連記事

春のビッグセール!

\ 最大10%ポイントアップ /

トレカ買取サービスのおすすめ!

トレカ買取サービスランキング

カードを売ってお金に変えたい方は、トレカ買取サービスを利用するのがおすすめです。

僕はこれまで様々なトレカ買取サービスを利用した経験から『トレカ買取サービスのおすすめランキング』を作りました。買取サービスにはそれぞれ「発送が楽」「買取金額が高め」「査定が早い」などの特徴があるので、買取サービスを使ったことがない方はぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次