【レビュー】『KMCハイパーマットスリーブ』の性能を徹底紹介

【レビュー】『KMCハイパーマットスリーブ』の性能を徹底紹介

定番中の定番スリーブと言えば、ハイパーマットスリーブ。

安価でコスパがいいので、昔も今もハイパーマットを使っているという人は多いと思いますが、意外に他のスリーブと比較した時の長所・短所を把握している人は少ないのではないでしょうか。

ということで、今回は、KMCカードバリアーハイパーマットスリーブの特徴&性能を徹底紹介します。

レギュラーサイズ

ミニサイズ

スポンサーリンク

KMCハイパーマットスリーブの『基本情報・評価』

KMCハイパーマットスリーブ

▼ 基本情報 ▼
メーカーKMC
スリーブ名カードバリアー ハイパーマット
サイズ66㎜×91㎜
枚数80枚入り
カラー7色
▼ 個人的評価 ▼
透明度4.0
硬さ4.0
透けにくさ4.0
滑りにくさ2.0
裂けにくさ2.0
横入れシャッフル3.0

ハイパーマットスリーブの『特徴』

ハイパーマットスリーブは、片面クリア・片面カラーの無地スリーブで、裏面がエンボス加工されているのが特徴です。

エンボス加工とは、スリーブの表面に凹凸を付けることで、スリーブ同士がくっつきづらくなり、「シャッフルがしやすくなる」といったメリットがあります。

スリーブの種類によって凹凸の深さや均一性に違いがありますが、ハイパーマットスリーブは凹凸が粗くてザラザラした手触りです。

凹凸が粗くてザラザラした手触り|ハイパーマットスリーブ

エンボス加工のザラザラとした感触が好きな方はハイパーマットスリーブがぴったりだと思います。

ハイパーマットスリーブの『性能』

それでは、KMCカードバリアーハイパーマットスリーブの性能を紹介していきます。

①サイズのブレ

ハイパーマットスリーブのサイズ表記は「66㎜×91㎜」ですが、スリーブは多少のブレがあるものです。

そこで、実際にハイパーマットスリーブのサイズを測ってみました。手元に40枚入りの袋が6つあるので、そこから1枚ずつ抜き出して6枚計測した結果がこちら。

サイズを計測|ハイパーマットスリーブ

▼別々の袋から6枚計測した結果
66.5㎜~91.0㎜4枚
67.0㎜×91.5㎜2枚

上の通り、ハイパーマットスリーブはサイズ表記から0.5~1.0㎜のブレがありました。

ただ、以前にアップした無地スリーブの比較記事で様々なスリーブのブレを計測しましたが、この範囲なら一般的なレベルです。

『無地スリーブ』の高級タイプ3種類と定番を徹底比較
...

②透明度

ハイパーマットスリーブの透明度については、かなりクリアな方です。

透明度|ハイパーマットスリーブ

ただ、高級無地スリーブの『KATANAスリーブ』や『ドラゴンシールドスリーブ』の方が僅かに透明度が高い印象です。とは言っても、ハイパーマットも十分にクリアなので、気にするレベルではありません。

③透けにくさ

次はスリーブ裏面の透けやすさです。

明るい色の無地スリーブはカード裏面の柄が透けることがあるので、ハイパーマットスリーブで一番透けそうな「ホワイト」にポケモンカードを入れて透け具合をチェックしました。

透け具合をチェック|ハイパーマットスリーブ

写真では全然分かりませんが、実はよ~く見るとうっすらと透けています。ただ、その程度です。ぱっと見で分からないレベルなので、ハイパーマットに関してはそこまで透け感を気にする必要はないと思います。

無地スリーブの透け感が気になる方は、以前に紹介した『アルミインナースリーブ』が透け防止になるのでおすすめです。

関連アルミインナースリーブを徹底紹介

④裂けにくさ

スリーブはサイドから裂けることがあるので、実際に側面を引っ張って裂けやすさを検証しました。

正直なところ、ハイパーマットスリーブはかなり裂けやすいです。

裂けやすい|ハイパーマットスリーブ

写真のように、軽い力でサクッと裂けてしまいます…。

同じように他のスリーブを検証しても『KATANAスリーブ』や『ハイパーマットスリーブ ストロングver』は裂けづらかったです。

関連KATANAスリーブを徹底紹介

⑤滑りやすさ

前回の無地スリーブを徹底比較の記事で、滑りやすさを検証したのでその時の結果だけここにも書いておきます。詳しい内容を知りたい方は比較記事をご覧ください。

▼スリーブの滑りやすさを検証

前回検証した結果では、滑りにくいスリーブは以下の順でした。

ドラゴン > イクリプス > KATANA & ハイパーマット

ハイパーマットスリーブは、比較した中ではかなり滑りやすいです。

ただ、滑りやすさもスリーブの劣化具合や部屋の湿度などにも影響を受けるので、今回の結果はあくまで参考レベルに留めておいてください。

⑥シャッフルのしやすさ

シャッフル|ハイパーマットスリーブ

横入れシャッフル(ファローシャッフル)については、やや引っかかりを感じて少し押し込まなければならない感じがあります。

個人的にシャッフルしやすいと感じるのは『KATANAスリーブ』や『UltraPro イクリプススリーブ』です。

ただ、横入れシャッフルは個人個人のやり方やスリーブの劣化具合によっても変わってくるので、機会があれば実際に自分で触ってみるのが一番です。

ハイパーマットスリーブの『カラーバリエーション』

KMCカードバリアーハイパーマットスリーブのカラーバリエーションは以下の7種類です。

ハイパーマットスリーブのカラーバリエーション

《カラーバリエーション7色》
ブラック / ホワイト / レッド / ブルー / グリーン / パープル / クリアー

KATANAスリーブ10種類、UltraProイクリプススリーブ12種類、ドラゴンシールドスリーブ31種類に比べると、ハイパーマットのカラバリは少ない方です。

色の傾向は全体的に落ち着いた暗めの色が多いです。オレンジ・黄色・水色・黄緑色などの明るい色がないので、明るい系の色が好きな方は他の無地スリーブから選びましょう。

ハイパーマットスリーブの『種類』

ハイパーマットスリーブには、通常タイプの他に『ハイパーストロング』『ハイパーマットプレミアム』があります。

ハイパーストロングとハイパーマットプレミアム

ハイパーストロングは、スリーブの厚みが増したことで、ハイパーマットよりも硬いのが特徴です。また、僕が検証した感じではサイドも裂けにくくなっていました。

ハイパーマットプレミアム、表面も光を反射しないマット加工がされているタイプです。

【最後に】コスパ最強の無地スリーブ

KMCカードバリアーハイパーマットスリーブ

ハイパーマットスリーブの良いところはコスパの良さです。

今回購入したハイパーマットスリーブは店頭で550円でしたが、Amazonなどの通販サイトでは350円くらいで販売されていることもあります。この価格で安定した品質なので、さすがは定番の無地スリーブです。

僕が思うハイパーマットの弱点は、サイドの裂けやすさです。裂けてしまう原因はカードの扱い方やファローシャッフルの力加減などですが、人によっては頻繁にスリーブを取り換えることになります。その結果、思っていたほどコスパが良くない、ということも…。

普段からスリーブが裂けやすいという方や、大会用に裂けにくさを重視する方には、『KATANAスリーブ』、『UitraProイクリプススリーブ』や上位版の『ハイパーストロング』がおすすめです。

また、ハイパーマットの他にも様々なスリーブをレビューしているので、ぜひ自分に合うスリーブを探してみてください。

レギュラーサイズ

ミニサイズ

関連記事

▼無地スリーブを徹底比較

『無地スリーブ』の高級タイプ3種類と定番を徹底比較
...

▼KATANAスリーブのレビュー

【レビュー】『KATANAスリーブ』の特徴&性能を徹底紹介
...

▼UltraProイクリプススリーブのレビュー

【レビュー】『ウルトラプロ イクリプススリーブ』の性能を徹底紹介
...

▼ドラゴンシールドスリーブのレビュー

【レビュー】『ドラゴンシールドスリーブ』の特徴&性能を徹底紹介
...

▼インナースリーブの徹底比較

『インナースリーブ』のおすすめ7種類を徹底比較(ポケカ・デュエマサイズ用)
...
スリーブ評価
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ボドスリ