【ハーフサイズ】『トレカキャリングケース ライト』のレビュー

【ハーフサイズ】『トレカキャリングケース ライト』のレビュー

この記事では、トレカキャリングケースのハーフサイズ『トレカキャリングケース ライト』をレビューしています。

大容量サイズについては『トレカキャリングケースのレビュー』で紹介しているので、そちらをご覧ください。

トレカキャリングケース ライト

トレカキャリングケース

スポンサーリンク

トレカキャリングケースライトの『基本情報』

トレカキャリングケースライト

まずは、トレカキャリングケースライトの基本情報をまとめました。

サイズ(公式情報)縦127×横229×奥行84.5㎜
素材ポリプロピレン
ABS樹脂(仕切り)
蓋部分留め具タイプ
付属スタンド仕切り
カラースモークブラックのみ
サイズ違い2パターン
メーカー・ブランド河島製作所

トレカキャリングケースライトの『大きさ・重量』

河島製作所の『トレカキャリングケースライト』の外寸サイズ・内寸サイズ・重量を実際に測ってみました。

外寸サイズ

トレカキャリングケースライトの外寸サイズを測ったら「226×106×85㎜」でした。

外寸サイズ|トレカキャリングケースライト

内寸サイズ

トレカキャリングケースの内側は「2つの小区画」「1つの大区画」があります。

それぞれの内寸サイズを測ったら、以下の通りでした。

内寸サイズ|トレカキャリングケースライト

区画サイズ
大区画101×130㎜
小区画101×41㎜

仕切りのサイズ

トレカキャリングケースライトに付属しているスタンド仕切りのサイズは、「94×70×34㎜」でした。

スタンド仕切り|トレカキャリングケースライト

重量

トレカキャリングケースの重量は「266g」でした。

重量|トレカキャリングケースライト

トレカキャリングケースライトの『外観』

次は、河島製作所の『トレカキャリングケースライト』の外観についてです。

ケースの材質はプラスチック製で、見た目はブラックの半透明タイプです。

半透明タイプ|トレカキャリングケースライト

完全な透明ではなく、ぼんやりと透けて見えるくらいの透明感になっています。

天面には「留め具×2」「取っ手」が付いています。

天面|トレカキャリングケースライト

トレカキャリングケースライトの『収納サイズ』

トレカキャリングケースライトに収納できるサイズ(カード・ローダー・デッキケース)についてまとめました。

①カード(スリーブなし~3重スリーブ)

遊戯王などのミニサイズカード(86×59㎜)とポケカやデュエマなどのスタンダードサイズカード(88×63㎜)は余裕で入ります。

カードの収納サイズ|トレカキャリングケースライト

 

次に、3重スリーブの状態にして、ミニサイズカード(92×65㎜)とスタンダードサイズカード(95.5×70㎜)を入れてみました。

3重スリーブの収納サイズ|トレカキャリングケースライト

写真の通り、3重スリーブの状態でもしっかり入ります。

キャリングケース底面の縦幅は101㎜なので、100㎜までのカード・スリーブなら収納可能です。

②カードローダー

また、カードローダーも収納できます。

下の写真は「92×63㎜」と「94×66㎜」のカードローダーを入れた画像です。

カードローダーも収納できる|トレカキャリングケースライト

カードローダーでも縦幅100㎜までなら収納可能です。

③デッキケース

さらに、小さめのデッキケースも収納することもできます。

下の写真のトレーディングカードデッキケースのサイズは「縦95㎜×横71㎜×奥行51㎜」です。

 

このデッキケースならトレカキャリングケースの大きい区画に2箱収納できます。

デッキケースを収納|トレカキャリングケースライト

また、縦101㎜のデッキケースを入れようとしたらかなりきつかったです。

そのため、デッキケースを収納する場合も縦100㎜以下のものにしましょう。

トレーディングカードデッキケース2個セット

トレカキャリングケースライトの『収納枚数』

トレカキャリングケースライトの収納枚数(全体・各区画)をまとめました。

①ケース全体の収納枚数

実際にトレカキャリングケースライトにカードを入れて、スリーブなし~3重スリーブまでの収納枚数を調べました。(カードやスリーブの厚みで変わってくるので、あくまで参考程度にしてください)

▼ カードのみの状態 ▼

カードのみの収納枚数|トレカキャリングケースライト

▼ 1重スリーブ(ハード)の状態 ▼

1重スリーブの収納枚数|トレカキャリングケースライト

2重スリーブ(ソフト+ハード)、3重スリーブ(ソフト+ハード+ハード)状態も含めて収納枚数を表にしてまとめました。※スタンド仕切りを大区画に入れた状態で計測

スリーブの状態収納枚数
カードのみ641枚
1重スリーブ381枚
2重スリーブ318枚
3重スリーブ232枚

②大区画・小区画の収納枚数

トレカキャリングケースライトには、1つの大きい区画と2つの小さい区画があります。

大区画・小区画|トレカキャリングケースライト

大区画・小区画に入る収納枚数をまとめたのがこちらです。※スタンド仕切り未使用

スリーブの状態大区画小区画
カードのみ402枚127枚
1重スリーブ237枚75枚
2重スリーブ200枚63枚
3重スリーブ146枚46枚

2重スリーブまでなら小さい区画に60枚デッキを入れることができます。

3重スリーブの場合は40枚デッキなら小さい区画に入れられます。

③仕切りの収納枚数

トレカキャリングケースライトに付属しているスタンド仕切りの収納枚数もまとめました。

スリーブの状態収納枚数
カードのみ107枚
1重スリーブ62枚
2重スリーブ50枚
3重スリーブ37枚

トレカキャリングケースライトの『種類』

トレカキャリングケースライトのサイズ違いとして、大容量タイプの『トレカキャリングケース』もあります。

トレカキャリングケース2種類

トレカキャリングケースは、ライトverの約2倍の収納量です!

詳しくは『トレカキャリングケースのレビュー』でまとめているので、大量のカードを持ち運びたいという方はぜひチェックしてみてください。

トレカキャリングケースライトの『比較』

トレカキャリングケースライトを他のデッキケースなどと一緒に並べて、サイズ感や見た目を比較できるようにしました。

写真の③が『河島製作所 トレカキャリングケースライト』です。

画像商品名(レビュー記事)
アルティメットガードサイドワインダー80+
アクラス フォールディングデッキケース
河島製作所 トレカキャリングケース ライト
RLSOCO トレーディングカード収納ケース

コンパクトサイズのデッキケースと比較すると、ライトverとはいえかなりの収納量というのが分かります。

一方で、コンパクトなデッキケースは小さなカバンに入れて持ち運びやすいのが魅力です。気になるデッキケースがありましたら、各デッキケースのレビュー記事もチェックしてみてください。

トレカキャリングケースライトの『レビュー』

最後は、河島製作所のトレカキャリングケースライトのレビューです。

子どもでも持ち運びやすいサイズ感

河島製作所 トレカキャリングケースライト

トレカキャリングケースライトの良い点は、やっぱり大容量タイプのキャリングケースよりも持ち運びやすいところです。カードをびっしり詰め込んでも重たくありませんし、コンパクトなのでリュックなどに入れて持ち運ぶこともできます。

内部は「大区画+小区画×2+仕切り」という構成なので、3デッキ+αを持ち運びたい方にもぴったりのサイズ感です。(ただし、3重スリーブの60枚デッキ全てを小区画に収納できないので注意)

また、トレカキャリングケースよりも内寸の縦サイズが若干大きくなっているので、トレカキャリングケースに入らなかったサイズのデッキケースが収納できるようになっているのもGOODです。

不満点を挙げるとすると、見た目や質感の安っぽさです。個人的な印象としては「子供向け」のカードケースだと思います。見た目がカッコいいキャリングケースなら『RLSOCO トレーディングカード収納ケース』をチェックしてみてください。

【レビュー】『RLSOCO トレーディングカード収納ケース』を徹底紹介
...

【最後に】持ち運びやすさならライト、容量重視なら大容量サイズ

以上が、トレカキャリングケースライトのレビューでした。

子どもがカードを持ち運ぶためのケースを探している方は、持ち運びやすいサイズの『トレカキャリングケースライト』がおすすめです。TCGのカードでなくても普通に使えます。

一方で、容量を重視したい方は、大容量サイズの『トレカキャリングケース』がおすすめです。

トレカキャリングケース ライト

トレカキャリングケース

関連トレカキャリングケースのレビュー

【大容量タイプ】『トレカキャリングケース』をレビュー
...

『キャリングケース』のおすすめはこちら。

キャリングケースのおすすめ

他のキャリングケースについても知りたい方は『TCG専用キャリングケースのおすすめ』でも紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

【TCG専用】キャリングケースのおすすめ6選(ポケカ・遊戯王など)
...

関連記事

【おすすめ】『トレカ用デッキケース』のお気に入りランキング6選
...
【大容量タイプ】『トレカキャリングケース』をレビュー
...
【レビュー】Ultimate Guard サイドワインダーを徹底紹介
...
【レビュー】アクラス(Aclass)合皮製スリムカードケースを徹底紹介
...
【レビュー】『Cicognaトレカデッキケース』を徹底紹介
...
【レビュー】アクラス フォールディングデッキケースを徹底紹介
...