【カード収納】アンサー ストレイジボックスHG600を徹底紹介

【カード収納】アンサー ストレイジボックスHG600を徹底紹介ストレージボックス

この記事では、アンサー(Answer)のストレイジボックスHG600をレビューしています。

縦長形状でキラキラした高級感のあるストレイジボックスです。

関連ストレージボックスのおすすめ紹介

【TCG向け】『カードストレージボックス』のおすすめ9選
...
スポンサーリンク

アンサー ストレイジボックスHG600の『基本情報』

アンサー ストレイジボックスHG600

まずは、アンサー ストレイジボックスHG600の基本情報をまとめました。

サイズ(公式情報)長さ345×幅105×高さ75㎜
素材段ボール
付属仕切り2枚
カラーブラックのみ
サイズ違い4種類
メーカー・ブランドアンサー

アンサー ストレイジボックスHG600の『大きさ』

アンサーストレイジボックスHG600外寸サイズ・内寸サイズを実際に測ってみました。

外寸サイズ

アンサー(Answer)ストレイジボックスHG600の外寸サイズを測ったら「344×104×78㎜」でした。

外寸サイズ|アンサー ストレイジボックスHG600

内寸サイズ

アンサーのストレイジボックスHG600の内寸サイズを測ったら「325×103×73㎜」でした。

内寸サイズ|アンサー ストレイジボックスHG600

アンサー ストレイジボックスHG600の『外観・付属品』

ストレージボックスというと真っ黒なイメージですが、アンサーのストレイジボックスは表面にキラキラの加工が施されています。

キラキラの加工|アンサー ストレイジボックスHG600

ライトが当たるとキラッと光ります。ちょっと高級なストレージボックスという印象です。

また、仕切り板(紙製)が2枚付いています。

仕切り板2枚|アンサー ストレイジボックスHG600

アンサー ストレイジボックスHG600の『収納サイズ』

アンサー ストレイジボックスHG600の奥行の内寸が103㎜なので、縦の長さが102㎜までのスリーブやカードローダーを収納できます。

スリーブ・カードローダーを収納できる|アンサー ストレイジボックス

上の写真ではミニサイズカードを3重スリーブにしたもの(92×65㎜)スタンダードサイズカードを3重スリーブにしたもの(95.5×70㎜)を入れていますが、まだスペースに余裕があります。TCG用のスリーブであれば、どんなスリーブでも入る大きさです。

以下のTCGなら、余裕で入ります。

ポケカ / 遊戯王 / デュエマ / MTG / バディファイト / バトスピ / ヴァイスシュバルツ / ウィクロス / ゼクス / Reバース / デジモンカードゲーム / ゲートルーラー など。

 

また、ストレイジボックスHG600には、スモールデッキケースが5個入ります。

デッキケースを収納できる|アンサー ストレイジボックスHG600

上のように、ポケモンカードのデッキケース(高さ100㎜×幅73㎜×奥行58㎜)ブシロードのデッキケース(高さ97㎜×幅73㎜×奥行62㎜)のサイズなら収納できます。

アンサー ストレイジボックスHG600の『収納枚数』

実際にアンサー ストレイジボックスHG600にカードを入れて、カードのみ・1重スリーブの収納枚数を調べました。(カードやスリーブの厚みで変わってくるので、あくまで参考程度にしてください)

▼ カードのみの状態 ▼

カードを収納|アンサー ストレイジボックスHG600

▼ 1重スリーブ(ハード)の状態 ▼

1重スリーブの状態で収納|アンサー ストレイジボックスHG600

スリーブの状態収納枚数
カードのみ1005枚
1重スリーブ601枚

上の通り、スリーブなしでは約1000枚、1重スリーブ(ハードタイプ)なら約600枚のカードを収納できました。

アンサー ストレージボックスの『種類』

アンサーのストレイジボックスシリーズは全部で4種類あります。今回紹介しているHG600は2番目に大きいサイズです。

画像ストレイジボックス名
ストレイジボックスHG200
ストレイジボックスHG400
ストレイジボックスHG600
ストレイジボックスHG1600

【最後に】自宅保管向けのストレージボックス

アンサー ストレイジボックスHG600の画像

アンサー ストレイジボックスHG600は、カードのみで1000枚以上、一重スリーブで600枚以上入るので、TCGの弾ごとにコモンカード(ノーマルカード)などを保管しておくのに便利な大きさです。

また、内寸のサイズ的に「3重スリーブ状態のカード・カードローダー・スモールデッキケース」も入るので、収集したカードを保管するのに困ることはないと思います。

僕は、下の写真のように、棚の隙間に積み重ねて保管しています。

縦長タイプは省スペースで保管できるところがGOODです。

この他のストレージボックスなら、正方形型の『やのまんストレイジボックスDX L』もおすすめです。棚の隙間には入りませんが、縦長タイプよりも積み重ねた時に安定感があります。僕は縦長派ですが、正方形型が良いという人もいるので、ここは好みが分かれるところです。

以上が、アンサー ストレイジボックスHG600の紹介でした。大量のカードを保管するのにおすすめのスタンダードなカードボックスです。

【関連】『ストレージボックス』のおすすめ

トレーディングカード用ストレージボックス

おすすめのストレージボックスについては『ストレージボックスのおすすめを徹底紹介』にまとめているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

【TCG向け】『カードストレージボックス』のおすすめ9選
...

【関連】『デッキケース』のおすすめ

デッキケースのおすすめ

TCGプレイヤーにおすすめのデッキケースについては『デッキケースのおすすめランキング』でメリット・デメリット・収納枚数などを紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

【必須級】『トレカ用デッキケース』のおすすめランキング3選
...

その他の関連記事

【ストレイジボックス紹介】やのまん ストレイジボックスDX L
...
【ストレージ紹介】『ポケカロングボックス』のサイズ・収納量・組立て方を解説
...
【大容量タイプ】『トレカキャリングケース』をレビュー
...
【ハーフサイズ】『トレカキャリングケース ライト』のレビュー
...
【カードケース紹介】『RLSOCO トレーディングカード収納ケース』のレビュー
...
【デッキケース紹介】『アルティメットガードサイドワインダー』を徹底レビュー
...
【デッキケース紹介】『Cicognaトレカデッキケース』のレビュー
...
【デッキケース紹介】『アクラス フォールディングデッキケース』をレビュー
...
【TCG専用】キャリングケースのおすすめ6選(ポケカ・遊戯王など)
...
【ファイル紹介】『トレカ向けカードバインダー』のおすすめ3選
...